オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 大顎再チャレンジ

<<   作成日時 : 2012/10/16 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

BE−KUWA45号じっくり見させて貰いました。最近は1人でいくつも外産ギネスを出されている方が目に付きます。いったい何種類、何ライン飼育されているのか?オオクワと比べてハードルは低いかもしれませんが、そのパワーには感服します。

それとは別に今回特に目についたのは、國武氏のパラワンと里氏のマルバネ、ちょっとレベルが違いますね。パラワンは過去のインの失敗を踏まえ、大型ラインを複数持って、アウトで出されたようで、飼育スペースがとられるパラワンでそういうことをやるのは凄いと思います。オオクワでも出来ないことではないんですが、なかなか血を変えつつ8ラインも作るのは出来ることではありません。

里氏に関しては今更私が言うまでもありませんが、今回破格の★6つが2つ(昨年よりちょっと採点が甘くなっている感はありますが)、まあ技術も実績もハンパないですもんね。オオクワしか知らない私でもとんでもない人だと思う、最近はオオクワ以外で真っ先に探して読みます。パラワンが勝ちそうな気がしますが、是非ギネス大賞を獲っていただきたいです。アママルに1票入れます。

凄いと思ったのは高栄養価+自然界ではありえない超低温によるタテヅノの発達、私も同じような狙いで冬15度、前蛹で22度くらいはやりましたが、余り効果がないと最近は冒険をしていませんでした。やるとしたら前蛹で20度以下とかとことんやらないといけないですね。

キノコの問題もあるので前蛹で人工蛹室か?遅すぎてもダメでしょうし、前蛹スイッチの見切りが重要?やっぱり(大顎の短い)川西で試すかな?最近は攻めが足りなかったと自戒、そもそも大歯の出にくい種とオオクワとでは違うかもしれませんが、もう1度初心に返ってやってみるつもりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

今季から前蛹や蛹を確認しましたら低温飼育へ切り替え考えておりました。
『じっくり』『ゆっくり』成虫まで持って行く予定です。
redbear
2012/10/17 07:04
こんにちは
冷虫もってるす〜やんさんならできますね。
20℃以下でも蛹化と羽化しますから低温でゆっくり熟成ですね。
nabe
2012/10/17 09:51
redbearさん こんばんは

私も下げますが、キノコが厄介なので最近は23度ぐらいまでにしていました。一部ですが今シーズンは18度くらいでやってみようかと思っています。

これくらいなら大丈夫だと思っていますが、少々心配です。
す〜やん
2012/10/17 22:24
nabeさん こんばんは

羽化まで時間がかかるし、少しだけですよ。流石に超VIPはやらいないですよ。30gがたくさん出たら、少し良いのもやってはみます。
す〜やん
2012/10/17 22:26
こんばんは
パラワンの☆6にはビックリしました。
来年はオオクワで☆6を誰かが出す事を期待しています。
うちはスペースがありませんので無理ですが、大顎再チャレンジ期待しています。
piro753
2012/10/18 22:34
piro753さん こんにちは

今年の皆様の状況を見ていますと、来年はオオクワギネスありそうですね。オオクワは☆6でしょう。誰が見ても最も難しいですからね。

大顎は少しチャレンジしてみますが、とりあえず冬温度〜前蛹までです。里氏は3年1化、ちょっとそれは出来ませんが、2年1化はいつかやってみたいです。
す〜やん
2012/10/19 12:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
大顎再チャレンジ オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる