オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS バラバラの結果に対する仮説

<<   作成日時 : 2012/12/07 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

前回の内容について補足します。血が濃い組み合わせで結果が出る時もあれば、アウトで結果が出ない時もあれば、アウトで結果が出た後のインやクロスで成功したり、失敗したり、様々なケースがあります。私は好みでアウトをやっていますが、これが正解だとは思っていません。でも、これらバラバラの結果に対してずっと疑問に思って考えた結果、今は次のような仮説を立てています。

仮にオオクワにマイナス面の影響が出る遺伝子が10あったとします(実際にはもっと多いと思っています)。インなどで血が濃くなるとそれがだんだん被りやすくなると言われます。、マイナス遺伝子は一般的には劣勢遺伝子なので、XXの状態だけ悪い形質が出て、XY、YX、YYの状態ではそういう形質が出ないとします。それがインをややって、大きさに気を取られているうちに種親にXX、XY、YXのパターンが増え、被りやすくなるケースが増えると考えられます。

一方インにも良い面があります。元々マイナス遺伝子が♂に5、♀に5づつあって、種親同士で被る遺伝子が3つ、マイナス遺伝子が都合7種類あるラインがあったとします。種親がXY、YXまたはYYの状態だった場合、運の良い子供はそのマイナス遺伝子がなくなるYYの状態になります。

上手くいけば両親に7種類あったマイナス遺伝子が、3つ4つに減るかもしれない、そういう優良な種親を上手く選択していくと、極論を言えば何世代かでそれがほとんどない子供が生まれる可能性があります。それを使っていけば問題が少ない安定したラインが出来る可能性があります。でも、これと大型遺伝子の両立が難しい、川西の還元率の悪さは同系ブリードで発達するとは思えませんしね。

でも、そこでアウトをやった場合、せっかく減ったマイナス遺伝子を増やしてしまう可能性があります。うちの川西メインラインは、このパターンかな?他系統を入れると余計なものまで入ってきますからね。そういうことでアウトも良し悪しです。

能勢YGや久留米のアウトで外れのパターンは、これと似たようなものだと思っています。多くのブリーダーから様々な派生系統が出来て、それぞれマイナス要因を抱えながら、個体によって多い個体もいれば、少ない個体もいて、運が悪いとマイナス遺伝子が余計に被るし、片親だけでも優秀ならそこそこ当たりが出る、そんな感じではないでしょうか?

インやクロスで結果が出るラインは私は凄く優秀なラインだと思っています。持っているマイナス遺伝子が少ないから結果が出るという見方です。能勢YGで最たるものは847ラインではないでしょうか。その先の866系、871系で結果が出ていますしね。ただそれがいつまでも続くように思えないし、遺伝子が固定化されることで先の大きさを狙うには難しいとも考えられます。

この仮説なら皆様が経験されたいろんなケースを一応説明出来るのではないでしょうか。私はアウトで離れた血を入れて、健全さと大型化の両方を狙っていますが、下手をすると川西メインと同じ状況、1世代目は影響が出なくても、次の代で出てしまいます。ですから1♂5♀、そうすれば影響が少なさそうなラインを選べる、理想なんですけどね。それが出来ないので運頼みです。

さて、いよいよ次は交換ですが、次の記事の内容が別の話でしたら察してやって下さい(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん、こんにちは
やってみたいことは沢山ありますが飼育数の上限で出来ません。笑
そろそろ交換ですか?当方もそろそろですが、更新がなかったら
察してくださいね。
nabe
2012/12/08 10:15
こんにちは
皆さん飼育数が限られていますので
全ての検証は難しいですよね
交換が始まるようですね
報告楽しみにしています^^

当方は今日、明日と子供のボーイスカウトに参加のため
来週末に残り半分を交換する予定です
ニックT
2012/12/08 11:39
仮説をたて、進んでいくで楽しみが増えますね。アウトでは、外れた時に修正することが難しいです。その対応方法のひとつとして、お気のラインを一つインで残しておくことがあります。
ゲバゲバ90
2012/12/08 19:59
インラインの考え方は私も同様です。

将来のために優秀なラインの中から、更に優良と思われる個体を選定し、次の次で優良個体同士のアウト。

それとは別に優良個体同士のインラインF3。

それぞれとの比較。

どこまで出来るか分かりませんが(^-^)
チョネ
2012/12/09 17:56
nabeさん こんばんは

検証なんてとてもとても、このテーマは大きすぎてとてもとても...

それよりそろそろ記事UPして下さいよ。私も絡んでる記事なので少々恥ずかしいです。
す〜やん
2012/12/09 18:56
ニックTさん こんばんは

立派ですね。私はそういうサポートは億劫で、やってないです。まあ、うちの子供は私に似てインドア派ですけどね。

交換はいろいろネタができました。順番にいきますね。
す〜やん
2012/12/09 18:58
ゲバゲバ90さん こんばんは

元気そうな血でしたら私もインを考えますが、どうも微妙なのが多くて、当面やる予定はないです。

アウトは♀によるでしょうね。でも、見えない遺伝子の世界、わからんです。だから面白いとも言えますが...
す〜やん
2012/12/09 19:02
チョネさん こんばんは

良いのがいたら、いろいろやりたいんですけどね。

今はアウトのパターンやるだけで手一杯、余力がないです。
す〜やん
2012/12/09 19:13
アウトにすると、確かに有害劣性遺伝子の数は増えるかも知れません。
しかし、自然界では、各個体が持つ有害劣性遺伝子の数は、各世代で大よそ同数であるため、結果的には有害劣性遺伝子が増えたというよりは、自然の状態に近づいたというのが、現実的な解釈なのかと思っております。

また、有害劣性遺伝子が数が増えるのは好ましくないものの、それがホモ化すること自体が問題であり、アウトの場合には、数は多いがホモ化する確率は低く、インの場合には、数は少ないがホモ化する確率は高くなってしまっているのだと思います。
人間でみても、近親交配を繰り返した群(過去の欧州の貴族階級)で、一般よりも、有害遺伝子による疾患の症例が多いことから、有害劣性遺伝子の数よりも、ホモ化する確率が高くなる方が、個体としては重篤な問題ではないかと思っております。
アカモビ
2013/03/02 11:09
アカモビさん こんばんは

アウトでも、えぇっ!という悪いラインが出てホモ化したのかと思うケースがあります。

確率的にはインよりはましですが、同系アウトは出やすいように見ています。
す〜やん
2013/03/03 21:03
クロスなら、有害劣性遺伝子が発現しても、あり得そうな話ですね。
アカモビ
2013/03/05 21:03
アカモビさん こんばんは

累代を重ねた後のクロスはその印象が強いです。ですから最近はクロスはやっていません。

わからないのは久留米ですね。種親レベルに対してハズレが多い印象があります。
す〜やん
2013/03/05 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
バラバラの結果に対する仮説 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる