オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫家酸素濃度検証(第1回)

<<   作成日時 : 2013/06/05 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

まず検証にあたって条件を明確にしておきたいと思います。私が今回のテストで主に使うのは07版の虫家のある1台、これをAとします。私はこれまで温度センサーコードを扉に挟んだりしていましたので、よく見るといろんなところに隙間が出来ています。ワインセラーでしっかり密閉できている場合はもう少し厳しい見方が必要かもしれません。

また菌糸瓶によっても二酸化炭素排出量が変わる可能性があります。私が今年使う菌糸瓶は、1100CCのオアシス、あとは800CCのPIT、神長きのこ園(S3、S4)、三階松きのこ農城(G+T、A+EX)、オアシス以外は数が少ないので一種類づつの検証は出来ません。ここも菌糸瓶によって違う可能性があることは頭に置いておいて下さい。

そして温度、まだ投入前なので今回のデータは保管温度の23度台になっています。この温度を上げてどう変わるかについては、次回のテーマにさせていただきます。

本日は全て23度台での菌糸瓶の本数の違いによる酸素濃度ですが、大気中の酸素濃度は20.9%、ここからの比較になります。測定器の設置場所はは庫内の最下部、上部はもう少し濃度が高いと見ていいでしょう。

21本 最低値 19.4%(オアシスのみ)
32本 最低値 18.0%(オアシス12本、PIT15本、A+EX5本)

でもこれを目安にしないで下さいね。一応他の機械(同じ虫家07版、これをBとします)でも測定したところ。21本の同条件で20.4%でした。よって機械によってというより、隙間の加減でかなり変わってしまうようと思われます。

最低値を測定するのに数日〜1週間かかるかと思っていましたが、12時間、24時間のデータはほとんど変わりませんでした。念のため32本は48時間かけてみましたが、24時間から若干落ちた程度、本数が少なければ24時間で十分です。このことからも虫家の隙間からある程度新鮮な空気が補給されている、また酸素濃度が落ちることで菌床の活動も落ち二酸化炭素排出量が相対的に落ちる、これで一定時間経過後安定するのではないかと見ています。

ここから言えることは当たり前のことですが、詰めすぎると酸素濃度は落ちる、でもどこかを下限として安定する、そのためには多少新鮮な空気を補充される隙間が必要、それくらいでしょうか?私は通常旧型虫家には20本ちょっとしか入れませんが、だから影響が少ないかは現時点では何とも言えません。大きさを左右する要素がいろいろあり過ぎて多分つかめないでしょう。

TFもいずれ測定しますが、TFは結構扉の閉まりにくいのもあって機械によってだいぶ差が出そうな気がします。機械の隙間の差は定量的につかめないので、どのように隙間を定義するかこれから考えます。

次は温度を25〜6度にした時の酸素濃度を測定してみます。でも、もう32本はやらないですよ。もう本番環境なので...他の本数の変化量から推測して下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。菌糸瓶メーカーによっても変わるとは参考になります(^^)
検証結果がとても楽しみです(^^)v
みやぁ
2013/06/06 00:32
「ネオカルオキソ」の利用差は、測定されるのでしょうか?

す〜やんさんの事前の想定計算では大きなアドバンテージを得るのは
難しいかとは思われますが検証対象としていただけると
面白いかな?と思います。
レル
2013/06/06 07:48
す〜やんさん、こんにちは
当方も森の扉に温度計のコードと
サーモのコード挟んでるので問題なさそうですかね?
今の所、室温組とあまり成績は変わらない気がします。
nabe
2013/06/06 10:14
なるほど。
酸素濃度の観点から、菌床の活動が25〜26度ですとどのくらいで落ち着くのか?
ボトル投入の目安にはなりそうですね。
チョネ
2013/06/06 16:14
こんばんは。
同一スペースでも、設置する本数により濃度が変わるのですね。
ということは、菌糸自身もそれなりに酸素を消費しているのですね。
当たり前かも知れませんが、密閉空間で飼育する場合は、逐次換気が必要だとわかりました。
hamashin
2013/06/06 23:57
菌糸ビンメーカーでも変わる可能性はありますね。
それは自分の中では全然考えていませんでした。
自分も冷やし虫家に目一杯入れるのは好きではないので、結構間が開いていますね。
pax
2013/06/07 08:37
みやぁさん こんばんは

菌糸瓶毎の違いはまだ測定出来ていません。現時点では単なる仮説です。でもメーカーによる詰め方の差異、添加剤の多い少ないによる劣化の違い、これで酸素濃度を左右されることは十分に考えられ、頭において見ていただきたいということです。

これから測定していきますが、多分本数の影響が大きく、菌糸による差異は正確に測れるかどうかはわかりません。
す〜やん
2013/06/08 00:17
レルさん こんばんは

「ネオカルオキソ」の実験もやりますよ。でもまず標準でどうかを把握しないと比較にならないのでそれが優先です。

思ったより酸素濃度は悪くないので、多少の効果は期待しています。でも隙間があるし、どれだけ入れれば良いのか見当もつきません。
す〜やん
2013/06/08 00:19
nabeさん こんばんは

私も虫家で影響が出たという感じがないので、隙間が良かったのかなとは思っていますが、どれくらい空気が出入りしているかわからないので現時点ではなんとも?
す〜やん
2013/06/08 00:19
チョネさん こんばんは

まだ温度上げてません。今の条件でいろいろ測定したところがありまして来週ですね。高さの差も見たいし、菌糸の差、隙間も差も見たいです。

結構ハマっています。
す〜やん
2013/06/08 00:20
hamashinさん こんばんは

菌床は光合成しないので酸素がかなり必要です。それはわかっているんですが、それでどれくらい庫内に影響が出るかそこを掴みたいです。

最後は隙間の作り方がポイントになるような気はします。
す〜やん
2013/06/08 00:21
paxさん こんばんは

詰め過ぎは勇気がいりますね。でも今回結構濃度が安定することがわかってホッとしています。これで旅行も安心です。

隙間は良し悪しですね。冬場はきのこの原因になりますし、そこは悩みどころです。
す〜やん
2013/06/08 00:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫家酸素濃度検証(第1回) オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる