オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 不全の傾向

<<   作成日時 : 2013/06/12 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

酸素濃度はどういう条件で変化するのかまだ掴めていません。同じ機械、条件でも酸素濃度が変わります。1度上げてちょっと酸素濃度が低下したと思いきや、少し経つと安定する?微妙な隙間が影響しているのか?その辺がまだ何とも言えず、ちょっとまだ書ける段階ではないです。もう少し状況が整理出来てから改めて報告します。

さて、本命個体の羽化はもう少し先ですが、今年もいろいろ良くない蛹が出ています。全般的に少し不全が増えたかな?決して大きい個体からではなく、むしろ中型個体から出ています。
画像

これなどは蛹を見てビックリ!初めて見ましたが極端に腹部が小さかったです。どうなるのか気にして見てましたが、結局羽パカ?ん?というより内翅が納まらなかった感じです。まあ、正常じゃないからといってしまえばそれまでですが、良くわかりません。

ホワイトアイは昨年は一昨年の再セットで少ししか採れませんでしたが、結構幼虫体重が乗ったラインだったのにそんなに大きくならず、なのに不全が出る、この辺も良くわかりません。いろんなところで早期羽化♀から良い報告が出ていますが、若い卵子の活発な細胞が良いのかなあ?老化で変わってくるのか?個人的には少し気になるところではあります。

N/A系の新系統はやっぱり不全の確率が高いです。この辺は如何にアウトでも片親で遺伝的に無理をさせすぎるとこうなるのかと思う時はあります。ホワイトアイもそうなんですよね。全部が全部そういうわけではないので言い切ることは出来ませんが、うちでは確率的に良くないです。

能勢はまだ3シーズンが終わったところですが、川西のように当たり外れがはっきり出るラインもあれば、弱いなと思うラインでも大きいのが出たり、まだ傾向が掴めません。不全も少しバラつきます。まあ、うちは1ラインの数が少ないのでちょっと傾向を掴みづらいところはあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん、こんにちは
不全は、ラインによるものが多いですよね。
不全の多いラインの仔を使った事もありますが
次世代は、完品ばかりでした。判断が難しいです。
nabe
2013/06/13 10:14
経験の乏しい我が家ですが、血の越さの影響は多少感じるところはありますが、血の配合量や、次の次でどうか?
1/2では?1/3では?そもそもが個体差?

継続飼育でないと分からない
部分が沢山あるので、色々組み合わせを考えたブリードが必要ですね。(^-^)/
チョネ
2013/06/14 23:44
nabeさん こんばんは

次の相手次第でしょうね。私は確率的には少し影響を受ける感じがしていますが、まあ問題ないと思ったラインでも外れる時も増えてますからね。

でも強いラインはあると思うし、欲しいですよ。何掛けても当たるような奴(笑)。
す〜やん
2013/06/14 23:49
チョネさん こんばんは

N/Aは2世代目4分の1になりましたが、それでも傾向は良くないです。

ただN/Aだけの所為とも言えません。うちも元々G系持ってますし、マツノ系も川西はちょっと弱いところがあります。100ラインくらいやれば傾向は出るかもしれませんが、ちょっと個人レベルでは無理です。
す〜やん
2013/06/14 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
不全の傾向 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる