オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 酸欠の定義

<<   作成日時 : 2013/11/15 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

酸素供給剤のテストをやっていますが、数値が微妙にしか変化しないのでなかなか信頼に足るデータになりません。最初酸素供給剤300gを3つのタッパーに入れて置くと、コンマ3くらい酸素濃度上がったように見えましたが、その内元に戻ったので、そこから水を加えてみましたが、逆に落ちてしまう?仕方がないので剤を新しいのに入れ替え、今度は水分を吸着する除湿剤と混ぜてみます。

こんなことをしていますが、私は別に酸素濃度の違いで大きくなるとも、小さくなるとも思っていません。もっと言ってしまえば暴れですらほとんど関係ないと思っています。その仮説を証明するためにこんなことをやっています。

昆虫は変温動物ですから酸素の消費量はごくわずかです。成長スピードは多少変わるとは思います。でも上げ過ぎると菌床の劣化も進むトレードオフの関係が有り、逆にゆっくり引っ張るには良い面もあります。虫家に余り詰め込み過ぎると酸素濃度が18%くらいに落ちてしまうので、そこまでは下げない方が良いと思いますけどね。

もう1つ気になるのは酸欠による暴れ、よく暴れたら引っくり返せば良い、或いは蓋を外してタイペストなどで通気をよくすれば良いとは聞きます。でも本当にそうなんでしょうか。

いったい瓶内の酸素濃度がいくつだったら暴れが出るんでしょう。定量的に測定していない中で酸欠と言うには疑問が残ります。酸欠が要因であれば少なくとも虫家組の人は庫内の酸素濃度が1〜3%低いので暴れの確率が高くなるはずですが、うちは多いとは思っていません。明らかに暴れにはライン依存性があります。酸欠による暴れを否定する根拠はありませんが、確率的にはかなり低いと思っています。

それを証明するには酸素濃度をある程度コントロール出来ないといけない、まだその準備段階ですが、逆に虫家でも18%未満にはなかなか下がりません。濃度が下がると菌床の活性が落ちることも大きいんでしょう。上げるのも下げるのも難しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

僕も、同じような考えですね。。
ただ、私の場合はその考えを明確にしようとまでは思わないです。。(^_^;)
その段階で、差が開いちゃってますね。。

さて、いよいよ今日ですね!

楽しみです。
sendo
2013/11/16 07:13
sendoさん こんにちは

2週続けてお会い出来て楽しかったです。またお会いしましょう。

これは趣味でやっているだけです。酸素供給剤そのものにも興味があります。
す〜やん
2013/11/17 13:56
こんにちは。
酸素濃度は幼虫の成長には関係が無いですが、菌糸の状態に関係があると思っています。
実際CONEX連結ボトルは連結部分から空気が漏れるので菌糸の劣化が早いとも聞いています。
ただ、蛹に関してはわからないことが沢山あるのでもう少し、確認作業が必要です。
pax
2013/11/18 11:42
paxさん こんばんは

おっしゃる通り菌糸の状態は影響すると思いますが、元々菌床メーカーはエアコン管理くらいで評価するでしょうから21%が良い状態をキープしやすいのかなと思います。

CONEX連結ボトルは使ったことがありませんが、瓶の形状は影響するでしょうね。形状の方が影響が大きい可能性はあると思います。
す〜やん
2013/11/20 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
酸欠の定義 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる