オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS ここまでくれば

<<   作成日時 : 2014/03/24 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ダイエットはこの4週近く踊り場状態にありましたが、ようやくその壁を越えた感じ、500gが遠かったですよ。無理をすればあと1週で目標をクリア出来そうなところまで来ましたが、身体も慣れさせないといけないので少し期間を伸ばします。水分を控え、量を減らせば一時的に体重は減りますが、私は目標を普通に夕食を食べた状態の体重に置いています。それで59kgまでにしておけば、常時58kg台を維持できる、これは30歳くらいの体重ですが、それをキープすることを将来に向けて自分に課します。それで60kgを越えたらまたダイエット発動です(笑)。そうしなくて済むようにコントロールしたいと思っています。

さて、♂も本格的に温度を上げました。前半は温度の下げ方が中途半端だった所為か表面的には、う〜ん...と思うものが多いです。一方後半の菌糸瓶は交換直後10度に下げ、2日後には15度くらいで管理していましたので状態は素晴らしく良いです。これで交換から2ケ月以上、別に良いのだけを出したわけではないですよ(笑)。
画像

菌種がオオヒラタケならほぼどれにも使える方法だと思います。キノコ対策は皆様いろいろ工夫をされていますが、温度管理が必要にしても、±0.5度くらいで管理するのは虫家でも難しいです。エアコンでもどうしても場所により温度差は出てしまうでしょう。そこまで管理しきれないうちでも、ここまで来ましたので、このやり方は汎用性は高いと思います。

幼虫を入れたまま10度にするのは勇気がいりますが、交換前に菌糸瓶を10度以下の状態で保存しておいて、交換直後から15度くらいで管理すれば、同じ状態が作れます。断熱性の高い家だと12月でも10度以下にするのは難しそうですが、私の家はスカスカなので余程の暖冬でなければ12月中旬以降やれそうな気がします。来年はこれを基本にしようと思っています。

私はもう3年以上15度くらいでやってますので問題ないと思っていますが、18度管理の方でも同じやり方は可能かと思います。温度を下げてから上げて行く方がキノコのリスクが少ないのは事実ですし、15度から18度より、10度から18度の方がやり易いと思います。交換時の10度が気になるなら、交換の数時間前に少し温度の高い場所にもってくれば、リスクはほぼ無いと思いますがどうでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん、こんにちは
綺麗な菌糸ビンですね〜。
当方の菌糸ビンは、きちゃにゃいです。笑
同じ管理でも、差がありますね。
nabe
2014/03/25 09:40
良い状態ですね。

毎年す〜やんさんに習えで冬季温度管理
を実践していました。
ワインセラーは安定しますので。

しかし今期は迷いましたが20度以上で
管理しています。

キノコは出ませんしボトル状況も
そこそこ悪くないんですがどうでしょう?

す〜やんさん管理の全体ボトルに対する
暴れ率が気になります。
チョネ
2014/03/25 14:11
nabeさん こんばんは

大きい幼虫が少なかったので思い切って温度を下げてみました。

あとはこれが響かないかどうか?まあ元々大きくないので影響は感じないと思いますけどね。
す〜やん
2014/03/27 20:28
チョネさん こんばんは

久留米は九州なので冬温度が高くても影響は少ない気がします。

暴れは下げても出ますよ。♀を見る限りひどい状況にはならないとは思いますが...
す〜やん
2014/03/27 20:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここまでくれば オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる