オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013−2014年シーズン総括

<<   作成日時 : 2014/08/18 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

うっかりしていましたが、TOPのアクセス数が節目である20万を超えました。改めて御礼申し上げます。何かプレ出来れば良かったんですけどねぇ。先月やりましたし、来年まで暫しお待ち下さい。来年はもう少し数出せるように頑張ります。

さて、昨シーズンの結果が出ましたので総括させていただきます。ひと言で言えば、昨シーズンは当たり外れがはっきりしていて、外れラインは、ここまで酷くなくても、といった状況でした。

川西で言えば80UPはたったの5頭、その内3頭は川西1番ラインで当たりと言えるのはこれだけでした。久々に84UP、平均を重視する私ですが、これはよく出てくれたと思います。一方新系統はほぼ全滅、ホワイトアイは、まあ毎回こんなもの、次に繋がる内容なのでそこは及第点を付けていますが、新系統は1回リセットですね。

能勢は逆に5頭以外80UPしましたが、これはYGで言えば当然のことで867系以外はスカ、体重乗ってませんからね。867系は1番と2番で86mmが出ました。種親超えは出ませんでしたが、元々867以外に頼りになるラインはありませんでしたし、867後継を確保出来たこと、867の素性良さが確認出来たことから及第点は付けられます。867系以外は83mmまででしたが、1つ残せそうなラインがあったし、裾野を広げるのは元々今年以降の課題だと思っていました。

飼育方法に関しては、全く問題がなかったわけではありませんが、反省と考える点はありません。オアシス1本目の影響がどれだけあったかはわかりませんが、これは不可抗力、他にも納得のいかない菌糸瓶がありましたが、これは今後のためのテストも兼ねていますので、問題とは考えていません。これからも外れロットは出ますから、それを前提に今の複数メーカーは続けざるを得ません。

温度管理は、大きく変えていませんが、特にミスもなく、今のやり方に問題があったとも思っていません。私は最終瓶で15〜6度に下げますが、35gあった86.5mmを18度にしていれば87mmあったとは思えないです。頭幅もサイズなりにあったし、蛹体重で28gあった、この個体だけで判断しているわけでなく、過去17〜8度の時代と蛹体重でそんなに還元率に差はないです。むしろ順調さを欠いた個体こそ、低めの温度でピークを後ろにもっていった方が良いと思っています。ま、もう少し検証が必要ですけどね。

昨シーズンは事故も多かったのは事実ですが、大きいから事故が多かったわけではありません。むしろ小さい川西で目につきました。結局ライン依存性、これは組合せの時点で決まっています。見る目がないと言ってしまえばそれまでですが、能勢だって優秀な種親が揃っていたわけではないので、腕の問題ではないと思っています。川西は遺伝的悪影響を感じましたが、自ブリでない個体との相性は難しいです。

工夫出来る余地があるとすれば2本目以降の結露、温度が低いと結露は出易くなりますが、問題は購入時の水分量にあります。元がダメだと限界はありますが、もう少しやりようはあるような気がしています。交換投入までが1つのポイントだと思っていて、今年はもうちょっと丁寧にやりたいと思っています。

幼虫管理表も更新しました。9月なったら今シーズンと入れ替える予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
結露、私も気になります。昨年から除湿器で除湿してます。がんがん水出ます。でも上級者のブリードルームみせてもらうと、除湿しなくても、湿度低いんですよね。

環境なのか、換気足りないのか?
一度エアコンで冷やした空気をヒーターで温度管理すると湿度下がるのか?今のところ、答えが出てません。
いまちゃん
2014/08/19 09:40
見る目が無いって・・・そんなことないでしょう。
これまでの検証結果と経験から最善策と思われる選択をしたと思いますよ。
それだか奥が深い・・・相手は生き物ですからねぇ〜〜って私の言い訳でした(^_^;)。
レル
2014/08/19 21:02
いまちゃん こんばんは

エアコン管理でしょうか?最近のエアコンは除湿機能があるので湿度はそれなりに抑えられます。

ただ、エアコンの方でも秋以降の結露はなかなか抑えられないようで、そこは湿度だけではないように思っています。ちなみにうちの虫家内はだいたい40%台です。それでも出るので、今年はある工夫をするつもりです。上手くいったらご紹介します。
す〜やん
2014/08/19 22:10
レルさん こんばんは

ちょっと言い訳がましくなりますが、遺伝子は見ただけではわからないですよ。自分の子供も読めませんからね(笑)。

まあ、ブリーダーとしては当たっても運と言えますが、外れたら運とは言えないので...
す〜やん
2014/08/19 22:13
15〜6度まで下げるんですかぁ。
どのくらいの時期にどのくらいの温度、という
温度管理のことすらよくわかっていない私です。

この先の連載記事を楽しみにしています。
noa
2014/08/19 22:27
こんにちは。
今年は羽化は遅れていますが、大きい個体は順調に羽化しています。
逆に小さい個体で今までに無かった羽バカが数頭出ています。
これが、何を意味しているのか疑問です。
pax
2014/08/20 11:40
こんばんは。

結露は定期的に拭き取っているのですが、振動などで幼虫に与えるストレスを考えるとやめたほうがいいのかもしれません・・・

今年の冬は新しいヒーターが買えるか微妙なので、エアコン管理になると思います。となると、15〜17℃ですかね。常温じゃなければいいやっ!て感じです(笑)
孫兵
2014/08/20 19:57
noaさん こんばんは

温度はずっと試行錯誤しています。久留米はわかりませんが、川西と能勢については、低いとダメと思ったことはないです。

管理しやすさを考えてそうしていますが、まだまだ検証には時間がかかると思います。
す〜やん
2014/08/20 21:40
paxさん こんばんは

不全は大きさではないと思っています。うちの能勢の大きいのはだいたい無事羽化していますよ。

極太系を見てて思いますが、体重を乗せる前提を揃える必要があると思っています。
す〜やん
2014/08/20 21:49
孫兵さん こんばんは

私も結構触っています。別に必要がなければ触りませんが、結露を放っておくわけにもいかないので仕方がないです。

虫ですから多少触ってもすぐに忘れると思いますよ。
す〜やん
2014/08/20 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013−2014年シーズン総括 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる