オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 私のオオクワ飼育方法(第11回 虫家等による管理)

<<   作成日時 : 2014/11/13 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

私は虫家による管理しかしていないので日常の管理方法はそれしか説明できません。ただ、虫家との付き合いも長いのでそれなりのテクニックはあると自負しています。虫家を扱う上で最も注意しないといけないのは次の2点です。

@湿度管理が重要なポイントです。
A酸素濃度は低めになります。

まず@ですが、夏場部屋の温度が高い中で冷却稼動させるとあっと言う間に庫内の湿度は100%になります。そうなると受け皿に水が溜まり、場合によっては溢れるので注意しましょう。

それより私が問題視しているのは、菌糸瓶の水分が飛ばなくなり、劣化を早めるだけでなく、雑菌が繁殖し易くなことで、幼虫の成長にとってかなりマイナスだと思っています。ただ、これはこれまでの私の経験から見た意見で、証明できる材料はありません。カビ、その他の雑菌、雑虫の繁殖は水分量に比例します。雑菌が増えると菌床や良性バクテリアの活動に影響が出易くなるとそのように考えています。

目安としては食痕が黒っぽくなっているのは黄信号です。この辺は菌糸瓶によってかなり違ってきます。うちの中で言えば神長さん、三階松さんと比べるとオアシスは黒っぽくなりやすいです。私が最終的な判断材料としているのは、交換時の糞の状態、ベチャっとなるような糞、これはかなり水分が多めで、悪い状態だと判断しています。

これを避ける方法は1つだけ、除湿剤を使うしかありません。この話は以前何度も書きましたが、私はずっと白元のドライ&ドライUPすきま用を使ってきました。1本で300mlくらい吸ってくれます。夏場は1週間〜10日、冬場は2週間持ちます。1週間だと少し吸水力が残りますので+2週間入れておく、使い古しを含めて3本入れておくと庫内の湿度は50%前後に落ち着きます。感覚的には湿度を40%未満にしたいんですが、1つ180円くらいするので、そこまでお金はかけられないという感じでした。

これは私がこれまで使ってきた中では吸水力が最も高い、噴出し口あたりにセットするのが最も効率的で、あっと言う間に水が溜まっていきます。ところがこれが生産中止になりました。ご存知の通り白元は民事再生し、アース傘下となりました。儲けの良くない商品は絞ったということでしょう。

代替品を探しましたが、同じようなものがなく、今は同じドライ&ドライUPの引き出し/衣装ケース用の徳用を使っています。でも小さいです。12ケ入りですが、除湿力は6分の1、単純に言えば毎週6ケ使う必要があります。余り安売りしていないので今までよりは若干割高になってしまいました。

それより持ちの悪さが困ります。まだうちには旧品も残ってますが、温存したいので今は両方使いながら様子を見ていますが、真夏は週に2回3ケづつ入れないと持たない気がします。儲かるような商品ではないのか競合他社も余り力が入ってるようには見えず、いつまで供給が続くのか少し心配です。

Aについては、過去に酸素濃度測定器を買っていろいろ測定しましたが、私の場合虫家1台につき800だと20数本、L瓶だと16〜7本です。それでも扉を締め切った状態だと半日もかからないうちに酸素濃度は17〜8%になります。ところがこれで1週間放っておいてもそれ以上酸素濃度は下がりません。初令でも、3令でもこれは同じですので要因は菌床の呼吸と考えられますが、酸素濃度が低くなることで菌床の活性が落ち、一定のレベルで安定するものと考えています。

17〜8%と言うと人間で言えば致死水準ですが、個人的にはそれくらいであれば大きな問題はないと見ています。最近私は数ミリ扉に隙間を作って酸素濃度が極端に落ちないようにしていますが、昔は1週間以上それで放ったらかしでした。それでも暴れたり極端に生育が悪かったということはありませんでした。恐らく変温動物である虫は、そこまで酸素を必要としないんだと考えています。

ただ、詰め込み過ぎは要注意です。以前は虫家は不利という見方が強かったのですが、かなり詰め込んている方も多かったです。詰め込んで酸素濃度を測ったことはありませんが、それもさることながら、空気の循環の悪さによる温度差も影響したと考えられます。

扉に大きめの隙間を作る場合は、夏場の冷却能力が落ちますし、冬場はきのこの原因にもなりますのでエアコンの併用が必要になります。そうなると余計にコストがかかり、虫家を使う意味がなくなりますが、うちの場合は断熱性の悪い一軒屋なので仕方がないと割り切っています。

私は酸素濃度の低さは必ずしもマイナスとは考えていません。理論的に見れば菌床の分解が遅れ、持ちが良くなる可能性もあります。ただ温度をかければより厳しい環境になる可能性がありますので、余り高めの温度にせず、じっくり伸ばした方がベターかなと考えています。

振動に関しては余り気にしていませんが、念のためタオルか緩衝材(所謂プチプチ)を置いています。個人的には厚手のタオル程度で十分かと思っています。

あと故障の問題ですが、残念ながら弱い、常に1台は空けるようにし、またTFはユニット交換が出来ますので、1台余分に持つようにしています。

要するに機械は人次第、欲を言えばキリがないし、特徴を掴んで自分なりに使いこなすしかないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
虫屋でもいろいろ問題点があるんですねぇ。
とりあえず今年は自作スタイロで夏を越しました。
今年は虫屋は成虫しか入れませんでしたが、
来年は絶対幼虫も入れることになると思いますので
参考にさせていただきます。
noa
2014/11/14 17:26
衣装ケース用の除湿剤は市販されているのですか?
dap
2014/11/14 22:06
noaさん こんばんは

虫部屋欲しいです。虫家は慣れましたけど、なんだかんだで高くつく、最近は毎週除湿剤だけで千円くらいかかります。

でも家の買い替えが前提なので無理ですね。このまま頑張ります。
す〜やん
2014/11/16 21:37
dapさん こんばんは

引き出し・衣装ケース用の徳用で探してみて下さい。12ケ入りで探せば400円くらいで売ってます。

衣装タンス用もありますけど、これが4つセットになっているだけで割高ですのでご注意下さい。
す〜やん
2014/11/16 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のオオクワ飼育方法(第11回 虫家等による管理) オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる