オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 早期羽化その後

<<   作成日時 : 2014/11/30 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

例年早期羽化は1回目の交換後直ぐに28〜9度くらいにしてましたが、ある程度ラインの善し悪しも見たかったので今年は全部交換が終わった10月中旬くらいからやってみました。元々高温に交換のショックを加えることで反応を良くしようという意見を聞いてのことでしたが、能勢に関しては余り関係ないように感じましたので、交換後落ち着いてからでもいけると判断しました。

結果はまだこれから、蛹が2つ、他もほぼスイッチは入っているようですが、まだ前蛹が多いです。羽化まではだいたい温度をかけてから3ケ月が1つの目安、スタートが遅かったことを考えると、まあこんなもんだろうと思います。

最近は能勢でなくても早期羽化をやるケースは多いのですが、皆さんの場橋を見る限り、温度をかければそれなりに可能なようです。交換のショックも多少プラスに働く可能性はありますが、こと能勢に関しては余り変わらないかな、それよりも高添加の方が早期羽化させ易いように思います。温度が低くても出ますからね。

うちは♀の2本目はオアシスなので、そこは余り期待できませんが、それでもまあ時間をかければ9割以上はかかります。投入から少し時間を置いても確率はほとんど落ちてないし、それより29度以上とか温度かける方が大きいように思います。

来春使うにはもう少し早い方が良いとは思いますが、まあ、焦っても仕方がない、羽化後も取り立てて高い温度で管理するつもりはないです。無理をして温度を掛けたからといって必ずしも良いとは思っていません。羽化後2週間で掘り出したら20度を切るくらいにしてあとは新成虫と一緒に起こします。

季節が来ればだいたい起きてくる、元々早期羽化には無理があるし、5月末までにペアリングに入れば私の短い産卵期間なら7月頭には幼虫が採れるので4月中に後食が始まればいいかなと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
早期羽化、なかなか難しいですね…。
我が家は1本目4月投入という訳のわからない奴らがいて
オスまで羽化し始めちゃってます。(笑)
来期はきちんとしたブリード計画たてなくては…。
noa
2014/11/30 23:04
ウチの飼育サイクルの場合、早期だとどーしてもちっちゃめに羽化しちゃいますので里子候補になってしまい種親対象になりません。
って、1年1化でも大きくなりませんけどね(^_^;)。
レル
2014/12/01 21:30
こんばんは。

早期羽化用に冷やし虫家が欲しいのですが、スペースが無いのでハーフしか置けそうに無いです・・・
DXからTFになった時はかなりガッカリしましたが、「とりあえずハーフにして余裕ができたら拡張ユニットで標準サイズに」なんてことができるのでこれはこれで良いですね。
孫兵
2014/12/02 22:34
noaさん こんばんは

能勢は投入が早いと早期羽化しやすいようです。私はそれで5月投入をやめました。

温度、添加剤の影響もあると思いますが、条件は私もまだよくわかりません。
す〜やん
2014/12/03 21:26
レルさん こんばんは

うちも早期羽化♀は小さいですよ。53UPとか出している人もいるんですが、いいとこ50mmですね。

川西は75mmも結構いますよ。
す〜やん
2014/12/03 21:29
孫兵さん こんばんは

そうですね。1台あると便利です。私もTFは嫌いですが、自分で筐体を作ると大きく作れますし、安く上がります。
す〜やん
2014/12/03 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
早期羽化その後 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる