オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 交換時期

<<   作成日時 : 2015/02/13 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

最近、交換時期を考えます。1本目小さめの菌糸瓶に入れて早めの交換、私はやりませんが、見ていると否定的な意見が多いですね。一方で1本目を長めに引っ張るケースは、それなりに良い結果が出ている記事が多いように思います。2本目を引っ張るかどうかは暴れリスクとの兼ね合いですね。

私は1本目は2本返しの♀を見極めたいので交換前半は引っ張りますが、1本目も投入が遅い分は3ケ月交換、これまでのところ差は感じません。引っ張っても伸びないのは伸びないし、3ケ月でも35UPはする、一方1本目3ケ月で30UPしても2本目伸びないのもいる、交換ショックの拒食もあるかもしれませんが、基本素質だなと思います。

3令直後の交換も考えたことはありますが、雌雄の見極めが面倒で♀の2本返しが出来ない、♂は4本返しも視野に入れないといけない、それ以前に事故が増える、本当に大きくなるなら別ですが、それが良いという意見は理論上でしか聞いたことがありません。過去やった人もいると思いますが、良い結果が出たという記事を私は見たことがなく、自分の経験の中でも交換時期による差は感じたことがないので、今のところやるつもりはないです。

最近はオアシスも1本目それなりに早く大きくなっている?大して大きくなっていないうちの川西でもその傾向は感じられ、2本目伸びないケースも多い、全般的に少し早熟化が進んでいる感じはします。その中でどういう交換時期が良いのか?

まあ、順調に大きくなっている時期にチャチャを入れるのは好ましくないと思いますが、食い上げて真茶色の状態ってどうなんでしょうね。今の高添加やオアシスのMLを使っていると4ケ月くらい引っ張らないとそこまでいく個体は少ないです。

何事も試してみないとわからないので来シーズンはオアシスのMガラスも使ってみようかと思っています。これだと3ケ月である程度食い上げるでしょう。あとは私がどこまで我慢できるかですね。いずれにしても気持ち昨シーズンより1本目で引っ張ってみます。

2本目を長めに引っ張るメリットとしては最終瓶を極力良い状態にもっていくことくらいしか思いつきません。ただ私にとっては2本目の管理が最も難しい、中途半端な温度で、劣化が進むし、結露なども出易い、で暴れると後悔してしてしまいます。

どうせ♂は交換するわけですから、暴れを押さえるためきのこ・結露覚悟で後半思い切って温度を下げることも考えています。そうなると余計に見た目が悪くなるので交換したくなりますが、先日申し上げたように13ケ月羽化(VIPのみ)を考えるともう少し2本目引っ張れないかと思っています。

まあ今年の低温管理の結果次第ですが、チャレンジということで何割かやってみましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
交換時期のタイミングにそれに合わせたボトルサイズは私の悩みでもあります。
2本目の管理が難しいと聞いて、私も今季2本目で失敗しているので納得しました(汗)

どのタイミングで交換するのが適切か、やはり経験を積むしかありませんね(;^_^A
mustar
2015/02/14 08:30
こんばんは。

僕は1本目4ヶ月超え、2本目3ヶ月以内が来シーズンの目標です。
やはり2本目が問題ゆえですね。
2本目を引っ張るやり方でなく、2本目を最善の状態で切り抜ける為の
飼育サイクルです。
2本目短め設定ですが、それでも最低2ヶ月半以上は欲しいです。

産地関係なく、単純に体重を増やすだけなら
1本目で体重を乗せるか否かの様な気がします。
というよりも体重を一つの指標にして、幼虫の成長段階を見定めて交換するのが
2本目でも体重を増やすコツではないかと感じます。

3齢の早い段階の交換は、2本目がより難しくなりますね。
オアシスで1本目が見た目が食い上げたから予定より早め交換しても
思ったより若いのが出てきて、2本目も同じペースで食って困らせるうえ
あまり大きくならないのもいますし。

3齢直後の交換は理論上は理想かもしれませんが
現実は「交換」のロスがありますので……
新しい餌に馴染むまでの間にも幼虫自体の成長メカニズムが
進んでいると考えたら取り返しのつかないロスになってると思います。

庚午 虫蔵
2015/02/14 19:46
3ヶ月で交換、というのはどういうことで
一般化されたのかすら私はわかっていません。
何ヶ月で何本使って羽化させるのか、ということから
何本目をどのくらい引っ張れるようにする、
という考え方は有効かもしれませんね。
noa
2015/02/15 13:22
我が家も2本目が改善点ではあります。
交換サイクルとは別に餌の部分でも
改良する余地があるように考えています。
添加をもう少し落としてみるなどですね。
来期検討中です。
チョネ
2015/02/15 14:24
うぅーーー一本目チビボトルだとやっぱだめっすか...

どーしても1本目で★になっちゃうリスクと容量の少ないボトルの方が沢山用意できるコスト
・・・そーいうパターンになっちゃってます。

やっぱ貧乏性はダメダメですな(^_^;)。

レル
2015/02/15 18:49
おはようございます。

神長さんや三階松さんの記事でも1本目で1400ccに入れて4〜5ヶ月まで引っ張るという方法を見たことがあります。
今年は♂っぽいボトルを選別して、90日交換組と105日交換組に分けてみるつもりです。

今年度は二本目の管理と冬場のキノコ対策が課題です。
孫兵
2015/02/16 04:14
mustarさん こんにちは

2本目を無難に乗り切りたいです。暴れを避けるなら早めの交換が良いと思いますが、あとは全体のスケジュールも影響します。

来年はもう少し1本目、2本目を引っ張って3本目をいい状態でと考えてますが、結構怖いです。
す〜やん
2015/02/16 12:54
庚午 虫蔵さん こんばんは

3令直後の交換が難しいのはご指摘の通りだと思います。

虫蔵のオアシスはMガラスですよね。よく4ケ月我慢出来ますね。確かにオアシスは食い散らかすところがあるので、食痕だけでは判断できない面はありますが、あとはどれだけ私が我慢できるか?余り自信がないです。
す〜やん
2015/02/16 12:59
noaさん こんにちは

確かにそうですね。3ケ月交換て何で定着したんでしょう。これは私の勝手な解釈ですが、3本返しの飼育サイクルに合っていること、高添加で長持ちの菌糸瓶が増えたこと(以前は1本目2ケ月半交換も多かった)、あとは周りに流された?

ただ最近は少し長めに引っ張る方も増えました。あとは自身の年間スケジュールで考えてみて下さい。
す〜やん
2015/02/16 13:04
チョネさん こんばんは

成熟をどうコントロールするかも考えないといけない気がします。

大きくなる1本目、如何に無事羽化させるなの3本目と違って2本目は迷いますね。
す〜やん
2015/02/16 13:07
レルさん こんばんは

私が見ている範疇でそう感じただけで、まだ検証しきれているわけではないです。レルさんには是非違った感性でやっていただければと思っています。

私も貧乏症ですよ。♀2本にするためにやっているところもあります。
す〜やん
2015/02/16 13:09
孫兵さん こんばんは

雌雄の同定ができれば1本目1400も方法かと思いますが、投入の自分なりに同定したのがかなり外れています。

冬場のきのこは温度を下げる以上0はないですが、ある程度抑えられれば私は0Kです。劣化は3令の個体が大量にバクテリアを持ち込むので難しいですね。
す〜やん
2015/02/16 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
交換時期 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる