オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 大型遺伝子の遺伝を考える

<<   作成日時 : 2015/02/27 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今シーズンの羽化結果が気になるラインの1つが川西の5番です。種親♂はうちのメイン系統の1つ、80mmギリギリですが、形状的にはかなり気に入っている個体です。♀はどんぐりさんから購入した確かF2だったかと思います。半分大型血統ではないので、こういうのは当たり外れが出易いです。

これまでの経験だと♂大♀小のラインは♀が大きくなりやすい、♂小♀大だとその逆、全くの大外れもありますが、事故も多かったりするのでそういうのは遺伝的に悪い面がが出たように感じていますが、バラつきは遺伝を端的に表すので、いろいろ考えさせられます。

この川西5番はバラつきがありつつも全く♀は大きくならず、♂の一部だけが大きくなりました。体重だけ乗ってサイズにならないこともよくありますが、一部でも大きくなることは多いので、基本大型遺伝子は、優勢遺伝(片方の遺伝子で形質は発現する)なんだろうなと思っています。

こういう大型遺伝子半分のライン同士を次に掛け合わせると、単純に言えば、大型遺伝子だけの個体:半分大型の個体:大型遺伝子=1:2:1の比率になります。大型の遺伝子は1つとは限らないので、これが3つくらいあったとすると、様々なパターンに分かれますので、大型遺伝子だけを持つ個体の選択はかなり難しくなる、そう考えると今のやり方で上手くいくのか?考えちゃいますね。

でもこれと同じことは大型同士でも言えます。YGなど元々同じ遺伝子の中でも大きさの差は出ます。中には現ギネス系統など遺伝的ブレークとも言える派生系統もあって、これは大型遺伝子でも別の遺伝子とすれば、やはり同じように遺伝子を上手く引き継げる個体をどう選別するかが問題になってきます。

大物同士、或いは遺伝的に優良な個体同士なら確率的には良い結果が出易いですが、なかなかそういう血統ばかり揃えるのは難しいので、上手くいかないケースはそういう影響もあるように思っています。うちの川西の発現のバラつきからその辺のヒントが得られないかとそういう目で結果を注視しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
待ってました!!

仮説検証ッスね。

ウチだと結局大型傾向同士のチョイスになっちゃいます。

もうちょっとラインを増やせればとは思いますが、キャパとの兼ね合いで結局仮説を離床することは困難になっとります(^_^;)。

レル
2015/03/01 13:10
す〜やんさん
こんにちは。

その80o川西 。 画像見たかったなぁ。。
大きいのばかりじゃなく、形状の良いのもUPお願いします。

見たいなぁ。

本日より、ヤフーブログです。
エビのブログで宜しくお願い致します。
エビ
2015/03/03 14:12
レルさん こんばんは

川西はオリジナルで大きくしたいので、いろいろ掛けてます。そのおまけの仮説検証です。

バラツキがあるのはなるほどと思いますが、ここから残せる血統が少ないです。そろそろ何とかしたいんですけどね。
す〜やん
2015/03/03 22:11
エビちゃん こんばんは

形状は今いちですが、大顎が好きです。私の理想の大顎は滑らかな極性美、角張っているのはすきではないので、こういうのは大事に使います。

開設されましたか?後で伺います。
す〜やん
2015/03/03 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
大型遺伝子の遺伝を考える オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる