オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS カビを押さえる自然の仕組み

<<   作成日時 : 2015/04/26 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

5月中旬から少々忙しくなります。ざっくり言えば次期システムの検討が始まるということで、上期はコンサルとの鬩ぎ合いになります。思いおこせば私がブリードを始めた時期はちょうど現行システムの開発の真っ只中でした。ブリード数が今ほどではなかったですが、まあ、何とかなるでしょう。

さて、何だかんだで産卵セットまで2週間ないですね。昨日産卵用マットも届きました。いつも使っている川口商店のマットです。カビが出易い欠点はありますが、実績もあるので今年もこれでいきます。産卵に高添加マットはいりませんしね。

最近は目が悪いのでマットは少なめです。多いとマットに埋もれた幼虫を探すのが大変、ただ、カビが嫌なので、食痕多めに混ぜるし、産卵セット後にも追加で入れたりするので、最終的にはそれなりの量になってしまいます。

カビとバクテリアの関係は未だによくわかりません。一般的に2週間程度の産卵期間だとその内カビは減っていきます。ただ私は産卵期間が短いので、それに期待するわけにもいきません。

カビで卵がダメになるというのは私の中ではないです。不思議なもので無精卵だと周りにカビが出ますが、有精卵だとそれがない、バクテリアがカビを押さえることは事実ですが、それより生命を守るような自然の仕組みが機能しているように感じます。

そういうことでカビは気にしなくても良いと頭ではわかっていますが、割出時にカビの分解されたベチャとした感覚が嫌なので今年も抑えるだけのマットと食痕は入れます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大きなプロジェクトが始動ですか。
確かにす〜やんさんの場合、なんとかしてしまいそうです。^ ^
我が家は植菌材到着待ち。
我が家のバクテリアはチンして使用の予定です。
チョネ
2015/04/27 17:51
カビはいやですね。
ウッディで使われるVN材のバクテリア材・・・
去年ウッディに作って使いました。
加水し、菌糸の食いカスに約3週間漬け込み
バクテリア材のできあがり、でした。
確かに、カビ菌には、負けてませんでした。~~
(だからなにって。。。)

わざと国産オオクワにカビた材をセットしてみました。
結果は、バクテリア+きのこ菌の勝利でしたが、
材の状態が悪化。。。産んでいる卵の数が他の材より減ってました。

結論的にカビが先行しても産むが数はとれない。
時間と環境が確保できればバクテリア材にして
万全を期す。
。。。。まだ、書き足りませんがこの辺で

おっと、老眼、、、やっかいっす。
yama_ray
2015/04/28 21:56
食痕をいれるとカビ生えにくいというのを
今年は体感できました。
昨年はカビだらけだったので、嬉しい限りです。
あとは産んでくれるかどうか、です。
noa
2015/04/29 21:00
チョネさん こんばんは

2007年は正月前後2ケ月休み無しでした。もうそれはやれないですね。

植菌材高いでしょう。ウチも特ALなんで1万ちょっとかかっていますが...
す〜やん
2015/04/29 21:51
yama_rayさん こんばんは

VN材よく聞きますが、普通材+食痕でとりあす上手くいっているので今年もそれでいきます。カビは出ないにこしたことはないですよね。

私の場合セットから3日勝負なので、植菌材はちょっと読みにくくて使っていません。あと材の硬さがマチマチなのが嫌です。
す〜やん
2015/04/29 21:56
noaさん こんばんは

多少カビは出ますが、たっぷり使えばかなり抑えられますね。

産みの効果、バクテリアの効果は定かではありませんが、少なくともマイナスになることはないと思います。
す〜やん
2015/04/29 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
カビを押さえる自然の仕組み オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる