オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 体内時計

<<   作成日時 : 2015/05/12 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

やっぱり例年に無く蛹化が早いですね。4月から運度を上げ始めたVIP郡が蛹化ラッシュ、もう半分位いってます。早いのは1ケ月ほどで蛹化しました。能勢の最大体重の1つも無事蛹化しました。流石にすぐは掘りませんが、とりあえず見える範囲では問題なさそうです。

うちは全般的に温度は低め、最高27度ですが、1〜2日毎に温度を変えるので平均すれば蛹化促進温度は25〜6度でしょう。高い温度だから早いわけではありません。いつもだったら30〜40日は高めに温度にしますが、全般的に1ケ月かからずに蛹室ができたので、今年は早めに温度を下げているくらいです。今は24度台ですね。

私の冬温度が15度と低いから早いというわけでもありません。その前に蛹化促進した♀や1ケ月以上早かった2軍以下の♂はやはり例年と同じように時間がかかります。♀は1月頭から上げているので多少成熟が足りないかもしれませんが、もう5ケ月目でまだ蛹しているのもいます。

♂も2月下旬から上げたのは、小さめの個体ですので成熟が足りないとも思えません。まあ、遺伝的に問題のある子供達も多いので、素直に蛹化出来ずに暴れまくったというのはありますけどね。

VIP群にも暴れはありますが、暴れ始めるのも早いし、暴れた後落ち着くのも早い、この違いは何か?現時点では体内時計による差としか説明のしようがありません。

自然界でスイッチが入るのは場所によりますが早くて4月、能勢も川西も山なので普通は5月に入ってからでしょう。長い歴史の中で遺伝的にそう反応するように体内時計が出来ている、それに近い飼育スケジュールを組めば素直に反応し易い、そのように思えます。来年はこれを定量的に証明したいと思います。

種親を起こす時も体内時計は感じます。やっぱり5月に起こすと反応が自然です。早く起こすと勢い良く食べていた個体が急に大人しくなるケースも多い、やっぱり無理はあると思うんですね。クワのスケジュールに全部合わせることは出来ませんが、影響がある以上そこは無視出来ない、合わせられるところは考えたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん こんばんは。

VIPは別格でしょうが、他の個体がヅレ込むと虫家を空けるのに一難有りそうですね。
14年度蛹体重、自己ギネス更新楽しみにしてますよ〜。
ウチの子は低レベルな蛹自己ギネス出ましたが、少し顎ズレしてて心配ッス...。
エビ
2015/05/15 21:12
エビちゃん こんばんは

多少の顎ズレなら大丈夫と思いますよ。蛹体重の自己ギネスは28gだったかと思います、でもサイズは26g橋が最も大きくなりました。

恐らく26g台でも87mmなら出る可能性はあると思いますが、なかなかそういうバランスの良い個体は出ないですよ。
す〜やん
2015/05/18 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
体内時計 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる