オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS ストレスとサイズ

<<   作成日時 : 2015/05/31 22:18   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

これまで毎年検証の意味で前蛹で掘ることをやっていましたが、今年は掘っていません。正確に言えば、♀でもう羽化しているだろうと間違って掘っちゃたのはありますが、♂はやっていません。

昨年まで年に何頭か掘って、体重の変化を確認していましたが、まあ、だいたい傾向は掴めました。前蛹中期以降は1〜2日置きに0.1〜0.2g減っていきますが、前蛹の最終段階と蛹を比べると減っても1g程度、脱皮のひと皮分が減るだけです。途中の減少は水分中心と考えられ、フニャフニャの状態から棒状になること、蛹室の下が茶色くなっていることを考えると、掘らなくても普通に減るものと考えています。

ただ、掘ることによる影響が全くないとは思っていません。特に前蛹前期で掘ると、減少幅が少し大きいケースが見受けられました。これがストレスによるものか、元々水膨れの個体だったかは、まだサンプル数が足りないので結論を出すには至っていませんが、まあVIPは止めておくことにしました。

それに気づいてから暴れによるサイズの減少はエネルギー消費によるのか、ストレスによって小さくなるのか、改めて考えるようになりました。仮に暴れなくても蛹室を作る作業は大変です。そんなに柔らかくない菌床をかなりの力で押し広げている、ここでも相当の消費、暴れで数日暴れたとしてどれだけカロリーを消費するのか?

蛹還元率が悪いのは暴れなくても出ます。蛹還元率で10%(80〜70%)の違いが出ますが、暴れで3gも減るとは思えません。人間のエネルギー消費の大半は基礎代謝、運動では簡単には減りません。変動動物の場合、余り関係ない気がしています。

とはいえ、こういうのが出ると気にはなりますね。この個体は川西の最大幼虫、交換を遅らせた影響もあってか37.7gから28.9gまで減らしてしまいました。
画像

うっかり蛹化直後で掘っちゃいましたが、予想に反して結構蛹体重は乗っていました。ほぼ糞は出し尽くしていたんでしょうね。かなり暴れた割には、歪みどころか、形状も良い、コンマ数gでも余分に欲しかった、こういう時に早めに交換すればとは思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん こんにちは。

川西今期最大37.7の経過が気になってました。
暴れてからの25UPなら、意外とサイズが伸びるなも。
形状も素晴らしいし、期待しちゃいますね。

後は805絡みの5番ですかぁ〜。
楽しみ楽しみ。
エビ
2015/06/02 12:10
エビちゃん こんばんは

805の大きいかったのはまだ掘っていません。後でほってみます。

でも♀がwild系なので難しいとは思いますよ。


す〜やん
2015/06/06 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ストレスとサイズ オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる