オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 酸素濃度のお話

<<   作成日時 : 2015/08/18 23:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 13

夏休みはバラバラであと1日、家族サービスはなしです。家内とはシルバーウィークの旅行で握手、もっとも家内と子供は1週間ほど実家に帰ってゆっくりしてましたけどね。私はもうすぐ試験があり、それが終われば9月中は比較的余裕有りですが、10月からはちょっと大きなプロジェクトになりそう、でもそれがために希望して異動しましたし、今から楽しみにしています。

さて、BE−KUWA座談会でも少し申し上げましたが、虫家と酸素濃度について改めて自分なりに整理してみました。酸素濃度は以前も申し上げた通り、下がることは事実なので虫家の欠点の1つと捉えています。

菌糸瓶1本目の比較的温度の高い時期、大気中の21%の酸素濃度が虫家密閉状態だと17〜8%に落ちます。原因は菌床の呼吸でしょう。なぜなら初令投入の時期と2本目で変わらない、また温度を15〜6度に下げると酸素濃度はそんなに落ちません。これは酸素濃度測定器で計測したので間違いありません。

恒温動物は消費エネルギーの約70〜90%を体温維持(≒基礎代謝)に利用していると言われています。容易に想像できることですが変温動物は必要な酸素量が低い、高温動物と変温動物を同体重で比較するとエネルギー効率が10倍違うという話もあります。

変温動物といっても活発に運動するもの、低温環境で生きるものはそれなりに体温を上げており、種によって異なりますが、いずれにしても最も効率の悪いであろう人類が酸素濃度16%から影響が出て、10%を切ると命に関わるのに対して、クワガタはより影響が小さいと考えられます。

不思議なもので庫内の酸素濃度は1〜2日で17〜8%に落ちてから余り変わりません。1つには何らかのすき間があるから、それより酸素濃度低下によって菌床の活性が落ち、バランスがとれるものと考えています。そこから低酸素の方が劣化を抑えるにはメリットがあるかとも思いましたが、考えてみるとデメリットの方が大きい、成長が多少遅れる懸念がありますし、きのこ菌の活性が下がるということは雑菌の繁殖にも繋がりかねない、菌床の水分調整にも影響する?よっては今は多少扉のすき間を作り、庫内の酸素濃度が落ちないようにしています。

逆に酸素濃度を上げればとも考えましたが、当然菌床の劣化が進む、今の菌床自体が高酸素濃度での利用を想定したものでないので下手にやっては逆効果、成長速度が速める効果は期待できますが、MAX体重が上がるわけでもないですしね。

3億年前は、巨大昆虫がいた時代でその当時酸素濃度が30%あったと言われており、高い酸素濃度が大型化の1つの要素ではないかとの説があります。一方で今よりも重力が低かったからとの説もあります。まあ、酸素濃度と重力を自由にコントロールできる環境があれば、チャレンジしてみたいところですが、私の生きている間は無理でしょうね。

ちなみに昔は交換後の暴れの原因として酸素濃度が言われていました。交換後瓶はひっくり返した方がいいとかね。でも違うでしょう。そうすると密閉状態の虫家内はかなり条件が悪くなるはずですが、これまで密閉だったから多かったわけではない、因果関係は認められません。

ざっくばらんに書きましたが、まとめると密閉状態でも虫家の酸素濃度は心配するレベルではないです。ただいろいろ総合して考えると大気中の酸素濃度に合わせた管理をする方がよいと思っています。そのためには少しすき間を作ります。ですが最終瓶ではきのこの原因になります。ただこの時期は温度も低めなので密閉状態でもそんなに下がらないし、もうそんなに食べるわけでもないので割り切ってもいいかなと、そう考えて使っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
すーやんさん
こんにちは
酸素濃度が低くなると、菌糸瓶の食痕の出方も、遅くなるのですかね?幼虫の菌糸の食いが鈍くなったりしないのですか
三四郎
2015/08/19 09:38
酸素濃度ですかあ 色々と考える事が、あるのですね 自分にはまだ、良く分からないですけど
自分なりに頑張ります
初心者
2015/08/19 13:13
お元気でしたか?いろいろ忙しくて訪問できずにごめんなさい><
忙しいのですが、マイギネス更新したらやる気が出てきました^^
秋取りでちょっとだけ今年も飼育します。す〜やんさんの研究記事読みますね。カラオケ…負けたままでは嫌だ^^
じろう
2015/08/21 10:58
すーやんさん
こんにちは
今だと、やはりギネス狙うには YGしかないですかね? 久留米では、やはりパンチ力が足らない感じがしますね!


初心者
2015/08/21 11:33
酸素濃度の高い環境でなくとも
既に国オオでは50g幼虫も出ている
ようですからね。
ただ酸素を活用し、大きくさせてか
ら低温でじっくりと。
やはり設備がないと無理ですが。^_^;
チョネ
2015/08/21 16:05
すーやんさん
こんにちは
お聞きしたいのですが 種♂は何年間位、使用出来るのですか?三年位は種付け出来ますか?
初心者
2015/08/22 11:13
す〜やんさん  こんにちは。

連休で無いと、なかなか腰が立たないですね。
その分、シルバーウィークは夫婦でゆっくりされて
下さい。

丁度その頃、楽しみな交換もスタートですか。
エビ
2015/08/24 15:08
三四郎さん こんばんは

食いは若干悪くなる可能性はありますが、うちの成長度合いから見て違いを感じるほどではないです。

理論的には劣化は遅れるはずですが、こちらも差は感じません。水分等の影響の方が大きいように思います。
す〜やん
2015/08/24 22:35
初心者さん こんばんは

チョネさんが今年久留米で87.5mmを出しているので久留米も十分可能性はあると思います。

ただ、大型の裾野はYGが広いのは事実で、85UPの90%以上を占めるのでは?そこの差は簡単には埋まらないと思います。
す〜やん
2015/08/24 22:38
じろんさん こんばんは

戻って来るのを待ってましたよ。自己ギネスですか?それは目出たい、早くブログ再開して下さいね。

挑戦いつでも待ってますよ。私も練習再開します。
す〜やん
2015/08/24 22:41
チョネさん こんばんは

高酸素でじっくりというのはありかもしれませんが、確かに今の飼育方法で毎年のように大きくなっていますからね。

それよりも重力を変えられれば...0.9ぐらいでどうなんでしょう。数世代かかるかもしれませんが、見てみたいですね。
す〜やん
2015/08/24 22:46
初心者さん もう1つあったんですね。追記します。

羽化から丸3年でも、元気なら種付けは可能です。私も2〜3回やったことはありますが、心無しか3年目は結果が悪くなるような気がしています。考え過ぎかもしれませんが、精子も老化で悪くなる可能性はあるように思います。
す〜やん
2015/08/24 22:49
エビちゃん こんばんは

うちは家族強制参加です。もう1〜2年でそれもなくなりますからね。夫婦で行くのは定年後でしょうか。パーっと海外に行きたいところですね。

交換は少しフライングでやっちゃうと思います。いずれにしても楽しみですね。
す〜やん
2015/08/24 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
酸素濃度のお話 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる