オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 補強はどっち?

<<   作成日時 : 2015/10/30 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

久々に丸々1週間お酒を抜きました。先週3回、それ以前も3日と抜くことなくきた結果、胃炎が悪化しました。私の場合、胃炎が皮膚に出ます。悪化すると発疹から更にジュクジュクした状態、お酒だけが原因ではありませんが、さすがにリセットの必要性を感じました。まだ少しブツブツが残っています。ここ1年1週間も抜いたことがない、来週も予定は入れていませんが、さあ、あと何日我慢できるか。

さて、ブリードで♂♀どちらが重要か?という話はたまに出ますが、私の意見としては♂の方が重要だが、大きくなるかどうかについては両方大事だと思っています。

ブリードでなぜ♂が重要か?というのは、大きくなった♂は複数の♀と掛け合わせるケースが多いから、例えは♂1に対して♀3の組合せをしていれば、3倍の影響があります。♀にはそれがないので♂が重要であることに異論がある人はいないでしょう。

問題はどちらが大きさに影響するか?遺伝子の観点で言えばフィフティフィフティ、基本は同じだと思います。理由はこれまで川西でやってきたアウト、こういうのは大型血統と80mmが出ていないような血統を掛け合せてみるとわかります。

まあ、過去いろんなケースがありました。全般的に大きくなったり、全くダメだったり、♀或いは♂だけ大きくなったり、これが必ずしも種親♂が大型とは限りません。むしろ私の中では小型♂に大型♀を掛けた方が全般的には結果が良かったですが、理由はよくわかりません。冷静に見てYG、久留米はそれなりに大きくなったラインの掛け合わせが多いのでどちがが寄与したか?本当のところはわからんでしょう。

ただ、基本的に♂の方が遺伝的影響があると不全等になりやすい、♀は多少弱くても普通に羽化してきますし、形状や大きさで良し悪しを判断しにくい、結果として、♀の方がハズレを引き易いということはあるように思います。ここからも♂重視の意見になりやすいと思います。

♀に優位性があると考える1つの根拠として、いわゆるバクテリアの移譲が考えられます。オオクワはバクテリアの存在無しに直接分解吸収が出来ないので一理有ります。ただ、遺伝的な素質があって始めて効果云々が言えるわけで、あっても補助的な役割と見るべきでしょう。それにこれは食痕などの活用で埋め合わせが可能です。

今、種親の選別の重要性を否定する方はいないでしょう。やっぱり大きくなって、遺伝的悪影響が少ない個体をどう選ぶかが重要になってきます。自己ブリ個体に超優秀ラインが複数あるなら、♀だけを補強する手はありますが、そうでない人は♂を補強の柱にする方が実績は上がりやすいような気がします。

だいぶ値段が下がったとはいえ、♂の大型はちょっとお高い、それにブリーダーの心情としては自ブリで大きくなった個体は柱にしたい、なので♀の補強ニーズが高いのが今の状況だと思います。問題は先ほど申し上げたように♀の方が素質や遺伝的影響を判断しづらいこと、私の中では当たりの確率は♂の半分くらいと見るべきではないかと思っています。

もう1つ、お金から考えると補強が86UP♂とするなら♀3頭の方が安いかな?お金からみると♀の確率が悪いとしてもチャラ以上にはなるか?84mm以下だと♂の方が割安か?といういう見方も有りだと思います。

もっと言ってしまうと、この辺はブリード数にもよってくると思います。同血統で200以上飼育できる方は、自ブリ個体の状況見てどちらか判断されれればいいと思いますが、100もやらない場合は組んでも8ラインまででしょう。そうなると♂が♀がとは言えないでしょう。

そこで私は幼虫という選択肢もやります。でも幼虫はもっと確率がよくないとのが実情、ただ血を濃くしない選択肢の1つとしてやっています。能勢はまだそれなりの個体は出ますが、他は余りお薦めしません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は補強は闇雲にサイズや♂♀だけでなく
組み合わせ相手の事を意識してます。

組み合わせはある程度まで固定した血に
別のところで固定してきた血を入れると
リセットされる傾向があるように思います。
このリセット作用が高いレベルでリセットされるか
一気に凡なレベルにリセットされるかですね。

健康な大型個体同士で血を濃くする分にはさほど弊害は出ないと思いますが
あまり濃くすると今度は来るべき血の入れ替えで苦戦すると思います。
庚午 虫蔵
2015/10/31 00:59
はじめまして。大変興味深く読ませていただきました!
我が家は来期のより本格ブリード、私自身が初心者のためとても参考になります。
こらからも拝読させていただきます。
MJ
2015/10/31 08:29
おはようございます
私は、どちかと言うと♀かなぁ 勿論♂も大事ですが!
良い♀は♂の遺伝を良く継ぐ子供を産んでくれますからただ♂の方がシーズン中、複数の♀と交配できるので多くの子供とれますが、販売目的の方には最善策ですね!♀によって当たりハズレが多くでますね 血の入れ替えには、良血の♀の補強が、一番いいと思ってます 値段も安いしお得感があります
サラブレッドも種牡馬より、今は母馬の資質が大事になって来てますから
三四郎
2015/10/31 08:53
すーやんさん
こんにちは
まだ補強とか、する事がないので 何とも言えませんが ♂♀どちらも大事だと思いますけど 手に入り易いのは♀の様な、気がしますね
金額的に安いですから
初心者
2015/10/31 09:40
他の生き物(ペット)は犬、猫は ♀の方が重要見たいですが 昆虫は実際どちらが大事かは はっきりとは分かりません?
ただ近親交配はどの生き物にも、良くは無いみたいですが! ヘラクレスオオカブトムシなどは近親交配すると顕著に障害が出てきますよ
初心者
2015/10/31 11:21
幼虫の補強は、すーやんさんの言うとおりで うちもいい結果が無いですね 小さい成虫にしかならないし、事故個体も出てきますよね
うちは幼虫補強は、お金の無駄と思って現在はしておりません まあ、家で飼育してる産地があまり居ないので仕方ないですがねャ 今朝、山梨産♂が☆になりました、WF7まで来たのに 新しい血の嫁を購入したので、来春楽しみしてたんですが
これで山梨産は累代終了しました 残念です
三四郎
2015/10/31 15:15
仕方ないで、この山梨産♀は最近飼ったYG♂に種付けして ブリードしますよ 間違って大きいの出るかなあ? まあ無理でしょうけどャ
三四郎
2015/10/31 20:08
補強というか、アウトブリードは強く出したい方を母系(♀)にするのがセオリーですね。オオコクワも♂♀を逆にすると全く違う結果になるのと同じく、ZEROS系統の肝は母系が肝川といことで、びっくりするくらいカッコいい♂個体が出現しています。
MOTO/SP
2015/10/31 21:33
発疹は、やっぱ体の拒否反応ってことですかね。
ストレスもあるのかなぁ〜〜〜
酒を抜いてストレス増加ぢゃぁ 困っちゃうしね。
痛し痒しってとこですかね(^_^;)。

7、80頭目安のウチの場合、
どーしても♂優先になっちゃいますわな(^_^;)。

レル
2015/11/01 10:06
虫蔵さん こんばんは

私もその先の組合せを考え、余りうちの血と近くない種親を補強します。でもそれが良くないのかな?大当たりというのはなかなかないですね。

血を離せばいいというのものではないとは思いますが、相性はやってみないとわからないですね。
す〜やん
2015/11/01 20:28
MJさん はじめまして

ブリードは10年やっていますが、なかなか思い通りにいきませんね。なのでいろいろ考え、試してみては、好き勝手に書かせていただいてます。

この話も答えがるわけではありません。話を参考にあとはご自身で確かめてみて下さい。
す〜やん
2015/11/01 20:40
三四郎さん こんばんは

♀の割安は大きいですよ。高い♂で外れるとショックですしね。それにうちの飼育数では♂を多く補強しても使い切れません。

別血統同士でもそれなりの個体は出ますよ。川西でも♀が血統ものでなくても82mmまでは出ています。案外大きくなるかもしれませんね。
す〜やん
2015/11/01 21:25
初心者さん こんばんは

良い♂がいれば♀で十分だと思います。ただ、♂も使ってみないとわかりません。ちょっとうちの♂だけではダメかなと最近感じ始めています。

近親交配はオオクワは昔はそんなに影響がないと言われていましたが、最近はそうでないことがわかってきました。まあ、無理はありますね。
す〜やん
2015/11/01 21:42
MOTO/SPさん こんばんは

個人的には♀が大型の方が大きくなるように感じていますが、過去いろんなパターンがありました。♂が強く出る時もありました。

♀はハズレも多いですね。そういうことでどちらが良いとは言えないと思っています。
す〜やん
2015/11/01 21:47
レルさん こんばんは

ストレス性もありますが、多分私は冷たいビールの飲み過ぎ、冷たいもの自体よくないようです。

今日で九日目、そろそろ辺が限界です。
す〜やん
2015/11/01 21:58
はじめまして。興味深い話題でしたので寄らせてもらいました。
この事に関しましては種類を問わず永遠のテーマであると思っています。

一つの事例としてですが、国産オオクワガタの2015年飼育ギネスの種親サイズを見ると、おぼろげながら見えてくるものがある様に感じます。

ブランドとして出来上がっている血統に関しては、資質という基礎が確立されていますので、種親となる♂と♀がそれほど大きくなくても、後は相性次第で素質のある個体が誕生し大きくなる、その良い例が今回の飼育ギネス個体であったと思っています。

♂♀共に大型化できる血統であるならば、後は掛け合わせの妙としか言いようが無いと考えていますが、日本一飼育者数が多く飼育方法がある程度確立された国産オオならではのことであるように感じられます。
おやG
2015/11/03 22:20
おやGさん はじめまして

ご意見有難うございます。私もそのように感じています。特にYGは高いレベルで血統が確立されれいるので、どこからでも出る可能性はあると思います。

ただ安定的に大型個体を出されている方を見ると、またハズレラインを見ると、その中でも優秀な種親の選択が必要だと感じています。なんとか出来ないかなと試行錯誤の毎日です。
す〜やん
2015/11/03 22:33
ご返信ありがとうございます。

種親の選択についてですが、私が長らく飼育している種類は国産オオクワガタのようにはあてにはならないのですが、幼虫時の最大体重や3齢時の頭幅も種親を選ぶ上での要素としています。

国産オオクワガタの飼育は今は行っておりませんが、幼虫時の最大体重や3齢時の頭幅があった♂は、たとえ思ったほど大きく羽化しなくとも、種親としては使えると判断しています。これは現在飼育している種類にも言えることです。

幼虫時の最大体重や3齢時の頭幅が無くても、大きく羽化する個体も居りましたが、種♂として使用した場合ハズレとなることが多かったです。

私は繁殖にその血統の最大の♀は使用しておりませんが、今現在の国産オオクワガタ飼育において、早期羽化♀から良い成績が得られていることとリンクしているように感じています。

往々にして最大の♀は幼虫期間が長くなりますのでそう感じていましたが、これからの飼育のヒントに多少なりともなるようでしたら幸いです。
おやG
2015/11/03 23:21
オヤGさん こんばんは

ご丁寧に有難うございます。幼虫時の頭幅の話はいろんな方から聞いたことがあります。私は自分では測りませんが、少なからず効果はあるように思います。

私が測らないのは、測定が苦手なのと、余り種親の選択肢がないから、頭幅以前に当たりと言えるラインが少ないのでまずは事故のない健康なラインを作ることが先決です。大当たりラインがあれば、その時はチャレンジしてみます。

♀は難しいですね。54mm以上の♀は余り気が進みませんが、うちはほとんど出ないので、何でも使います。
す〜やん
2015/11/06 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
補強はどっち? オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる