オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 交換時に温度を下げる効果

<<   作成日時 : 2015/12/13 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

毎年温度は試行錯誤しています。♀は特に大きくならなくてもいいので11月くらいから13度にして今年は1週間単位で1度ずつ上げて、17度くらいで安定させ、12月下旬から段階的に蛹化促進温度まで上げていきます。要するに寝ぼけた子(菌糸瓶)を起こさないようにする感覚です。

12〜3度まで一気に下げるとキノコはほとんど出ません。温度を下げるより上げる方が出にくいので管理は楽です。そりゃ多少は出ますよ。でも温度が低いと成長力もない、キノコ狩りの必要がないので管理が楽です。

問題は♂、昨年は交換後15度くらうで引っ張りました。幼虫体重なりのサイズにはなったので温度を下げたことでサイズに影響したとは思っていませんが、ここから先は1gの勝負、何回も温度を変えてみて、確信が得られるところまでやってみるつもりです。そういうことで今シーズンは昨シーズンより高めの温度で管理します(それでも世間様と比べると低めですが)。

とはいえキノコを出さずに温度を上げるのは簡単ではないです。具体的には菌糸瓶が届いたら13度くらいで保存、交換時に16〜7度、そうすれば温度を下げる必要がなくなるのでキノコの発生はかなり抑えられます。

ご存知かとは思いますが、交換直後はキノコが出ません。これは瓶の中に張り巡らせていた菌が切れて、まずその再生が必要だからと考えられます。暴れが収まる頃には温度は安定しますので、キノコだけを考えると最終瓶は交換直後に下げてしまうのが良いと思っています。

ただ、これはキノコだけを考えてやっているわけではないです。温度を下げることでプラスの効果を期待しています。1つには交換時の暴れが早めに収まる?温度が低ければ酸素濃度も下がらない、そうなると換気が少なく済みます。虫家を使っている人には重要かもしれません。

温度が低いと菌床の再生に影響が出ないか気になるところですが、逆に雑菌の繁殖力も落ちると考えられます。これまでも温度を低くしても菌床自体は多少時間がかかっても再生するのはわかっていますので、あとは雑菌との力関係、これまでもっと下げてやってきましたが、雑菌が勝ったというのはまだ見ていないので楽観視しています。

私の中では差し引きプラスの効果の方が高いのではないかと見ています。虫家の空きがないと出来ないやり方なのでやっている人はほとんどいないと思いますが、理論的には大きく外れてはいないと思うんですけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ
菌糸瓶の暴れは、良く観察していきます
虫屋があると、便利ですね うちはエアコンだけの、管理なので なかなか細やかな管理が出来ませんが 頑張ってみます
自分が見たホペイは極太系みたいですよ 大型にはならないようです クワ幅だけは太いですが
F10では?ちょっと無理ですね
そういえば、すーやんさんは昔ミヤマ飼育されてたんですね ミヤマも子供頃に好きでしたね ただ直ぐに☆になるんですよね 当時は暑さに弱いと知らなかったですので 可哀想な事しました
ヒロ♂
2015/12/13 23:28
おはようございます
温度調整は虫屋ある方は、色々と出来ると思いますね 私のところには、無いで もっぱらエアコン頼みですが 色々な検証して見て下さい
三四郎
2015/12/14 08:15
やはりテンションは下がりましたね、ほとんど部屋から居なくなりましたから 幼虫も更に10匹甥っ子の子供にあげて YG幼虫も8匹購入しましたが3匹友人にプレゼントしましたからね
残った幼虫は15匹ですから
まあ再出発するつもりで、頑張ります なんとしても、自らの手で83ミリは出したいですね とりあえず目標ですけど
三四郎
2015/12/14 14:05
交換で暴れた場合、冷蔵庫に入れちゃうっていう荒療治を実施している方もおられるようです。
自分は、設備が無いのでやっていませんがあんまり暴れが酷いようなら冷蔵庫の調達も検討しなきゃ...です(^_^;)。
レル
2015/12/14 20:13
す〜やんさん  こんばんは。

温度を細かく管理される方には一見ですね。
参考にさせて頂きます。
と言っても、里子先での管理で〜す。

3本目交換が一番ワクワクします。
少し早めですが、クリスマスW辺りからスタートですか?
エビ
2015/12/15 21:19
こんばんわ
今夜は、姪の子供にスマトラヒラタ、長崎、大分産オオクワガタをプレゼントしましたよ
これで成虫はYG2ペアとホペイ2ペア
最近購入しました、佐賀産レッドアイ1ペア計5ペアで累代していきますよ
すーやんさんが、ホワイトアイ飼育なさってるので 真似して、私はレッドアイを選びましたよ RR同士のCBF3ですね佐賀だけあって、割かし美形ですね
産卵木10本も購入しましたから なんとか年内に、来年のブリードの準備は出来ましたね
三四郎
2015/12/16 21:41
ヒロ♂さん こんばんは

暴れを抑えるだけならやりようはありますが、抑えれば良いわけでもないですしね。

ホペイは系統にもよりますが、国産にはない迫力のある個体がいますね。ただそれを維持するにはイン、私のスタイルには合いません。ミヤマは2年かかるのが難点です。オオクワと温度帯が合わないのも手の出せない理由です。
す〜やん
2015/12/19 00:37
三四郎さん こんばんは

数が飼育できないのが虫家の問題の1つですが、メリットはいろいろありますね。

文字通り再出発ですね。あと半年もたてば次のシーズンが始まりますのでもう暫く我慢してください。

レッドアイはホワイトアイの1発現系だと思っていますが、ホワイトアイより難しいでしょう。ピンクアイは出したことがありますが、アウトをやるとホワイトになりました。
す〜やん
2015/12/19 00:43
レルさん こんばんは

私は交換後15度以下というのは結構やりました。冷蔵庫は低すぎですが、低いとやっぱり暴れはすぐ収束しますよ。

ですが、エサは食べて欲しい。15度くらいというのは実は一番良い温度かもと思っています。問題は飼育期間です。
す〜やん
2015/12/19 00:48
エビちゃん こんばんは

私は余り酸欠を意識していませんでしたが、生き物ですから気を付けないといけないですね。

私が今試しているのは酸欠は大丈夫そうですが、カビがどうなるか結構楽しみにして検証しています。ただ、水分をどれだけ残せるか?こっちは難しそうです。
す〜やん
2015/12/19 01:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
交換時に温度を下げる効果 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる