オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS インラインについての見方

<<   作成日時 : 2015/12/21 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

インラインについて改めて考えてみました。私は自身が持っている系統はインラインに向かないと思っていますので基本やりませんが、アウトを重ねる中でこれはと思ったラインで1回くらいやるかも、今のうちの個体では良い結果にならないと思っているからやっていないのであって、インライン自体は1つの選択肢だとは思っています。

一般的には近親交配を続けると良くない影響が出ると言われています。これは生存に対してマイナスの要素を持つ遺伝子は一般的に劣性遺伝(遺伝子がXX、XY、YX、YYで良くない遺伝子がYとした場合にYYのケースのみ発現)で、近親交配ではそれが出やすくなるからです。これが優勢遺伝だと生き残らない個体が多く、長い歴史の中で淘汰される、劣勢遺伝なので残っていくことになります。

オオクワの場合にそういう良くない遺伝子がいくつあるかわかりませんが、1つ2つというのは考えにくく、数十のレベルで存在すると考えており、飼育個体が全て持っていないとしても10や20はあると考えれば、累代が進めば悪影響が出やすくなると見てもおかしくないでしょう。

インラインの良い面は、形質を顕在化して固定する効果があり、オオクワでも以前は累代を重ねることによって大きくなると信じられてきました。それ自体は間違っていないと思います。

私の場合は、ブリを始めた2005年当時、インラインがまだ多かったと記憶しています。同時にその悪影響がかなり出始めた時代でした。一方でマツノ久留米やYGなどアウトラインで大きくなった個体が出始め、結果の出なかった川西G系やホワイトアイに対して私自身はアウトラインに走り、結果それなりにサイズが出るようになり、今に到っています。

ただ、アウトラインが必ずしも良いとは思っていません。問題は良くない遺伝子まで新たに取り込んでしまう懸念があるからです。CBF1で大きくなった後、インラインや同系のアウトラインもやってみましたが、逆に結果が悪くなったケースも多々ありました。

劣勢遺伝のためCB1世代目で出なかった問題が、2世代目に出てくる、いささか強引ですが、種親がそれぞれ良くない遺伝子を20ずつ持っていたとします。双方に被る遺伝子が10あったとして、被らない遺伝子がそれぞれ10ずつ、それによって運の悪い個体は30もの良くない遺伝子を持つ、そういうことがあるように感じました。ただ遺伝子を調べたわけではないのであくまで推測の範囲です。

先の鳥羽の忘年会では、インラインの弊害は無いという意見もありました。それはずっと累代を続けて事故も少なく、少しずつ大きくなっているということが背景にあります。これについては私は次のように考えています。それはレア産地の個体でした。レア産地の場合、元々近親交配になり易く、その中で生き残ってきた血統なので、先程から申し上げている良くない遺伝子が少ない可能性があるのではないかと思っています。ただ、大型化の観点では遺伝子が限定されるので、大きなブレイクは難しいと思っています。

逆に川西、能勢、山梨などメジャー産地は、大量に個体が存在したことでアウトラインが進み易く、多少悪い遺伝子があっても、致命的な影響が出ないまま、多くの良くない遺伝子を抱え易い、そういうマイナス面はあるものの、大型化の観点では、結果の出たものを優先的に使えるので、大きくなり易い、そう見るのが妥当かな思っています。

そこからメジャー産地では元々そういう良くない遺伝子が多いので、アウトラインがベターではないかと考えています。中には奇跡的に良くない遺伝子が少ない個体がいるかもしれませんが、これまで淘汰されてきた多くの血統を考えると、奇跡に近いことかなと...

もしかするとYG847ラインはそういうラインではないかと思っていますが、そうでなくてもF10くらいの個体もあります。ここまで残るような個体は良くない遺伝子が少ない、或いは致命的な遺伝子がない可能性があり、そういう血統を楽しむのも1つかと思います。

ちなみに実験用の小動物は、個体差取り除くため、基本的にはインラインになりますが、生存出来ないような良くない遺伝子は取り除かれています。そういう遺伝子解析をやれば、オオクワの飼育も楽になるんですが、そうすると大きくなる遺伝子も除外される懸念があります。それに結果を見る前にわかってしまう、それでは面白くないので、やっぱり私はアウトラインかなと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
今回のテーマは、一番考えさせられる事ですね
近親交配に強い血統はありますね そういう血統なら大丈夫だと思います 基本的にはアウトが一番良いかもしれませんが 自分の血統を作るとなるとイン交配は避けては、通れないかと思いますね
以前、私は鳩レースをやってましたが ベルギーにヤンセンさんと言う方がいまして 親子二代に渡ってヤンセン系と言われる鳩を作りました120年間異血を入れず近親交配で作り上げた 世界一の銘系です
その鳩は美しく、速く近親交配の成せる技かと思いますよ! 人気も高い鳩ですね 最低でも50万 一番凄い鳩で一億円で日本人が買いましたよ

ヒロ♂
2015/12/22 10:49
アウトもインも 交互にやるのが 良いかと思いますよ ただ形状を、揃えるならインが有効かとは思いますが 近親累代に強い個体は居ると思いますし ダメなのは累代が浅くても障害がでると思いますしね 累代がF10であっても丈夫な個体もいますし
クワガタの個体差かも 知れませんね しっかり選別すれば、回避出来るものと思いますね
三四郎
2015/12/22 12:40
ウチのメイン種は、今となっては出回っておりませんのでアウトにするのは難しいです。
血統が絶えないよう累代を続けて行きますわ(^_^;)。

レル
2015/12/23 12:17
友人から頂いたホペイが悩みところです F12ですよ( ̄0 ̄;)
個体じたいは デェンプルもなく足の麻痺等もない、元気なホペイですけどね
累代するに問題は無さそうなんで 兄弟も事故や羽化不全等は無いとの事ですので とりあえず累代して見ますよ 幼虫取れれば、もうけものですが?
三四郎
2015/12/23 22:23
す〜やんさん  こんにちは。

私も基本その様に思います。
大きさに魅力ある能勢はアウトに、しかしどうしても。
川西の形状固定はたとえ不全続出しても、その魅力に傾いてしまいます。
違った遺伝子の入り込む余地の無い軸はどうしても残したい。

気に入る他系統とのアウトは並行して必須ですが、ライン数が悩み所であり来期の壁にもなっています。
頭が良く無いので、す〜やんさんの様にはなかなか纏められないのが情けない。

私ならば、今期川西1番で良いのが出たら必ず1つ2つインで組んでしまいますよ。

エビ
2015/12/24 16:42
ヒロ♂さん こんばんは

1億ですか?日本人は払い過ぎでしょうが、その中でも出来の良いのはあるんでしょうね。

確かにインに強い血統はあると思いますが、うちの今の血統ではダメですね。ワイルド系もいくつか買いましたが、それっぽいのに出会ったことがないです。
す〜やん
2015/12/24 22:55
三四郎さん こんばんは

相当厳しく選別してもなかなかインに強い血統を作るのは難しいです。書いたように1世代目で良くても、2世代目を見ないとわかりません。そのためにもライン数はいりますね。

F12で問題なければ、かなり良い血統のように思います。頑張って下さい。
す〜やん
2015/12/24 23:00
レルさん こんばんは

他からでも手に入るのはYG、久留米、ゴールドくらいでしょう。逆に大事にしたいですね。

私の野望は自分なりのホワイトアイ血統を作ること、いろいろ混ぜてますけどね。
す〜やん
2015/12/24 23:05
エビちゃん こんばんは

インラインは苦い思い出が多くて、余程これはというラインでないとやれる気がしません。飼育数も少ないので、2ライン残すのも結構ハードルが高いです。

今年は川西が全然とれてなかったのでやってもホワイトアイだけですね。
す〜やん
2015/12/24 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
インラインについての見方 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる