オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 早期羽化結果

<<   作成日時 : 2016/02/07 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

早期羽化狙いの個体を1月末に掘り出しました。能勢は1つ失敗、ホワイトアイは白眼確率が50%のラインでしたが、4頭中2つ羽化もどちらも黒眼でした。残りは前蛹が1つ、反応無しが1つ、ホワイトアイは失敗ですが、WBではあるのでWB×WBも考えます。

能勢だと28度くらいでも何とかなりますが、今回は川西ホワイトアイも一緒でしたので1週間以上30度以上の温度をかけましたが、それでも半分、川西は難しいですね。交換時期が少し違うので交換直後は28度くらい、その後ダメ押しの意味での30度以上でしたが、温度ショックとしては弱かったかもしれません。

一方、☆はなかったのでオオクワは丈夫だなと改めて感じました。私としては30度以上というのは結構勇気がいります。来年は交換直後29〜30度くらいで引っ張っるか、多少上げ下げを繰り返しながら30度以上にするかといったところです。

これとは別に2つほど♂で早期羽化が出そうです。1つは既に羽化済みで1本目36gあった個体ですが、82mmで終わってしまいました。もう1つは前蛹っぽく見えたので交換していません。通常飼育♀でもしかするといるかもしれませんが、こちらは2本返しなのでまだわかりません。

早期羽化の原因は1つに遺伝的要素、もう1つ菌糸瓶などの環境要素が考えられます。能勢は川西と比べると早期羽化し易いのは、はっきり傾向として出ており、遺伝的な要素はあるでしょう。菌糸瓶もバカにならない、オアシスと他では早期羽化の確率が違うので添加剤も影響しているものと考えられます。ですから早期羽化を目指すにあたって2本目で強めの菌糸瓶を使う方法はあります。

強い添加剤に慣れさせることで大型化を目指す意見はありますが、私は限度があるだろうと思っています。早期羽化するような菌糸瓶はやはり無理があるように思います。それに最大幼虫が大きくなるわけではない、結局外骨格が大きくなければサイズにはならいない、それは栄養価が高ければ大きくなるものではないと思っています。

今年♀の2本目は全部オアシスでした。来年早期羽化分は添加剤キツメでいくのはありかもしれません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
す〜やんさん  こんにちは。

来期、能勢もほんの僅かながらやりますが、特に川西の早期狙いはウチの環境下考えが甘かったように感じます。
温度帯非常に参考になります。
川西をやられる方での早期温度は30℃どころか、それプラス2℃〜3℃いや5℃?
   そんな感じすら。
ホント丈夫です。
添加剤によるところも然り。少し時があるので考えを改めてみます。

しかしその早期にはしった36gは数が少ないだけにラインの良し悪しが判らないのが残念ですね。
82ミリかぁ・・・  ウチだとマイギネス・・・(苦笑)
エビ
2016/02/08 16:33
こんばんわ
血統でやはり、反応が違うんですね 能勢は反応が良すぎる血統なんだと思いますね
チョロスケ
2016/02/08 19:25
約九年、大分、長崎産を累代して来ましたが 色んな工夫しましたが 80ミリ超える個体は現れず
終了しましたね 血統って、やはりあるんですよね
血は目には見えないですけれど
痛感しましたよ
チョロスケ
2016/02/09 13:33
エビちゃん こんばんは

最近は早期でも能勢は大きいのが出てますね。益々早熟化している感じがします。

川西の早期は30度は必要そうですが、余り長い時間はやりたくないですね。成功確率5割とみて多めにやった方が良いと思います。
す〜やん
2016/02/10 23:00
チョロスケさん こんばんは

血統によって反応は違うのはしょうがないです。ただ久留米も上手くやっている方がいますので、やりようはあります。

自己採集個体で80UPは簡単ではないです。いろいろ混ぜれば可能性はありますが、希少産地ではそれが難しいと思います。
す〜やん
2016/02/10 23:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
早期羽化結果 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる