オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 大きさを狙うには厳しい時代

<<   作成日時 : 2016/09/20 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

能勢は2つほど♀を補強しましたが、川西はまだ目途が立たず、まあまだ半年近くはあるので気長に探します。川西の場合別にサイズに拘るわけではないですが、出所、系統が明確であること、あと川西は形状ありきなので♂なら形状も見ます。本当は兄弟の実績が欲しいところ、イベント用以外は開示を義務付けていただきたいくらいです。

さて、話題の90mm完品の話はさておき、久留米も能勢も年々87、88mmの数が増え、大型化は進んでいますが、最近能勢も少しバラつきを感じます。87〜8mmクラスは必ずしも大きい個体から出ているわけではなく、そのクラスが出ている兄弟で84mmくらいあればチャンスはあるという感じでしょうか。

一方、種親が87〜8mmクラスだからといって大きくなるわけでもない、アタリハズレは世の常ですが、少しハズレの確率も上がっている感じがします。TOPブリーダーと呼ばれる方々の中で種親の交換・売買もかなり積極的に行われている中で、この状況は何を表しているか、少し考える今日この頃です。大きい兄弟がいる方が確率的には良いのでしょうが、結構ピンキリ、大きくなったラインは目立ちますが、過信は禁物、これから本格的にブリードされる方は、そのうち何割かだろう、そういう目で冷静に見るべきだと思います。

以前ある方が限界の顔という言い方をしていました。要するに幼虫体重は乗ったが、厚みがあってこれ以上だと羽パカ、そう見える個体はこれ以上大きくなるのは難しい、仮にそれが最大個体だとしたらそういうのは種親に使わず少し小さめでも伸びしろのありそうなすっきりした個体を使え、そういう意見がかなり強かった時期もありました。

この件は、私の中ではまだ結論は出ていませんが、最近は最大個体を使いすぎるのも良くないなと思っています。ただ、これをやるにはライン数がいる、私の場合、ある程度血が濃くならないように組み合わせる中で、10ライン程度だとせいぜい種親♂は4〜5頭、そうなるとセカンドクラスが使えない(数が少ないのでセカンドクラスが小さいというのもありますが)、1年目にハズレたと2年目に使う可能性はありますけどね。

来年は今年のように200もやるつもりはありません。せいぜい170〜180、川西もやめるつもりはないので3分の1やるとして能勢で120がいいとこ、補強の幼虫も少しは買わないといけない、そうするとやっぱり自己ブリは100くらいか?やっても10ライン、分散するにしても5♂というところでしょうか。私の規模では大きさを狙うには年々厳しくなってきた感じがします。まあ、それ以前に腕が悪いというのもありますけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
久留米の場合ですが、マツノインセクトでは親世代は血を離した方が
直近の結果は出ています。
ただ大きくなる系統は限定されて
いる。
ポイントは限定される系統で、2世代、3世代離してから掛け合わせた
場合がどうか。

この辺りは累代飼育の醍醐味といえますね。
チョネ
2016/09/21 07:43
おはようございます
そうですね当たりラインの腹違いの孫同士の交配または孫、曾孫交配などが良いと思いますが 犬猫やサラブレッドなどは、そのような交配してますね
川西産なら、東京オオクワさん、東北の虎さん、習クワさんの奈良輪系が良いと思いますね!
我が家では東京オオクワさんの川西4ペア購入しましたね ペアリングする前に手放しましたが(-o-;
RANBORU
2016/09/21 08:22
僕は1mmでも大きいの使いたいですね。

限界の顔は杞憂です。
到達してしまえば、余裕があったということですし
抜かれてしまえば、無駄がある虫といった具合に。

組み合わせに関しては補強個体でいきなり当てるのは難しいですね。
当たりこそしないものの外れない組み合わせで
後々、勝負できる組み合わせができるように戦力化していくのが
補強について考えてることです。


庚午 虫蔵
2016/09/22 00:41
チョネさん こんばんは

醍醐味ではあるんですが、試せるラインが少ないとなかなか難しいです。

大きくなる系統は限られているので、少し能勢も血が濃くなっているのはあるでしょうね。かといって別血統から新たな系統を作るのも難しいです。
す〜やん
2016/09/23 16:21
RANBORUさん こんばんは

川西はそうですよね。ただ習クワさんは行かないとダメでしょうし、東京オオクワさんは現時点では欲しい個体がなかったです。ゆっくり探します。

血の濃さ対策は私もそうしたいんですが、自ぶりだけでは無理です。補強するにしても皆さん似たような血統ですしねえ。
す〜やん
2016/09/23 16:28
虫蔵さん こんばんは

私も最大個体は使いますよ。ただ、今の能勢を見ていると最大個体からのヒット率が余り良くないように思います。そのライン自体がダメかもしれませんが、ダメな最大個体もいるので、それと心中というわけにはいかないと思っています。

ハズレない組合せは難しいです。今のところ事故がないラインくらいしか思いつきません。
す〜やん
2016/09/23 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
大きさを狙うには厳しい時代 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる