オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛹の分析例

<<   作成日時 : 2017/05/21 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

来月は忙しいので今日は冬眠扱いの成虫を通常管理に移しました。マットの状態はまずまず、今年は粗めでしたが、何とか半年は持ちますね。カビもほとんどなく、管理は少しずつよくなっている感じはします。乾燥気味マットはそのまま、水分が多いのだけ交換、管理負荷の減らし方も上達している感じはします。

さて、ようやくVIP群も蛹になってきました。3月下旬から上げていますので、こんなもんでしょう。暴れも少ないですが、1つ、2つ変なのがいます。特に良くないのが上に上がってきたままの奴、こういうのは羽化も難しいと思います。

今はさすがに蛹化直後は掘りません。掘っても蛹化して2〜3週経ったやつ、ということでVIP群はまだ掘っていませんが、その前に温度を上げた分を1つ掘ってみました。

幼虫時MAX32g、これが24.9g蛹化時点はもうコンマ数gはあったでしょう、単純に還元率をみると24.9÷32=77.8%、これは良い方です。交換時暴れていた個体だと80%を超えるケースもありますが、5g程度体重を減らしているので参考になりません。

お腹の中に少なからず糞と水分が残っっています。これが前蛹の時に排出されますので100%はありえませんが、暴れもなく70%を切ってくるようだと、それはハリボテ、例えば40gあった幼虫が68%になると蛹体重は27.2g、YGでこれくらいあれば88mmの可能性もありますが、私の中ではこういう個体は正常ではなく、サイズになる可能性は低いと思っています。

一般的には幼虫体重が乗れば、蛹時点の還元率は低くなりがちです。30gの蛹だと21〜24g、35gの蛹では23〜28gですが、現実的に26gを超える蛹は少ないです。40gはうちにいないのでよくわかりませんが、還元率が7割を切る個体が多いと見ています。ただ、この辺も少しずつ進化というか改善されてきているとは思います。

蛹が小さくなってもサイズが大きくなればいいわけですが、これまでうちで良いなと思ったのは、幼虫時34g、蛹26gでサイズがほぼ87mmでした。これは蛹を見て大きくなるなと見てわかるレベルの良形個体でした。ギネスクラスがどうなっているかはわかりませんが、幼虫時に40gを超えた個体はないので蛹で良くても30gくらいではないか、下手をすればもう少し小さい、それだけ形状に恵まれた個体ではないかと見ています。

26gの蛹で87mmの個体が30gになると、体重は約1.154倍、体重を体積としてみると縦×横×高さなので3乗根で考えると、長さだけだと87mm×1.049=91.3mm、単純にはいかないと思いますが、うちの還元率以上に良い個体の可能性も高く、私の中では蛹で30gを超えなくても十分90オーバーの可能性はあると見ています。ただ、このレベルの個体は確率が低い、そうそうないでしょう。必然的に数はいりますね。

今年はまだわかりませんが、35gオーバーの蛹自体そう多くないので、蛹時点の還元率で80%近く、蛹体重で28gオーバーが欲しいところ、これまでも27〜8gの蛹は出ていますが、87mmまで、決して形状が良かったわけではないので、成虫時の還元率が余程良くないと、88mmでも難しいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すーやんさん
おはようございます
昨日仕事中にぎっくり腰になり
1週間お休みもらいました 今日から整形外科通いです(T-T)
ゴルフオ上田桃子さん優勝しましたね 良かったです クワ話では、自分の場合は目標が80ミリ越えれば良いと低い目標なので還元率とう考えもせず、とにかく80ミリ越えさえしてくれれば嬉しいですね♪
オオクワガタはどれも産卵木をガシガシ削りまくってますので順調だと思います
ただスマトラヒラタ、ホペイはボウズでしたね 残念です ジモティーで里親探して、あげてしまいましたよ
まあオオクワは200匹採れればよいので 頑張ります
RANBORU
2017/05/22 07:31
今回記事はす〜やんさんの真骨頂ですね。
蛹体重26gって以外と多くは出てきません。
昨年は掘り出してませんが、24g程度が大半
と思います。
同じく28g以上のキレイな状態。
拝んでみたくなりますね。^ ^
チョネ
2017/05/23 14:11
す〜やんさん  こんにちは。

昨春先交換34から27.5の80%なんてのがいましたが、81ミリで厚みに出たんじゃどうにもこうにも笑うしかありませんでした。
何頭か居れば、中から薄い異端児が出そうです。
10頭、いやせめて片手出れば期待も高いのでしょうけれど。

今シーズン目標、40グラムからの80%

あれ?? 能勢還元率の話でしたか?
失礼致しました(笑)



エビ
2017/05/24 16:21
RANBORUさん こんばんは

ぎっくり腰は癖になると良くないので、しっかり治して下さい。私もいつ出てもおかしくない歳ですが、ゴルフで多少運動にはなっているかも。

今年の採卵は良い方ですが、100%は無理ですねえ。それでもボウズは2割以内にしたいです。
す〜やん
2017/05/28 21:22
チョネさん こんばんは

うちで24gだと、いいとこ84mmが限界です。もっと還元率の良いのもいるような気はしますが、情報少ないです。もっと皆さんにも掘って貰いたいですね。

うちでも27gくらいの蛹は出ると思いますが、サイズになるかどうかは形状次第、これがまたハードルが高くて、来週辺り掘ってはみますが...

す〜やん
2017/05/28 21:32
エビちゃん こんばんは

川西は更に難しいですが、27.5gで81mmは辛いですね。もっとアウトをやりましょうよ。

40gの80%はまずないと思いますよ。いたとしても不全の可能性大、幼虫は年々大きくなっているとはいえ、この辺の進化にはもう少しかかるような気がします。
す〜やん
2017/05/28 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
蛹の分析例 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる