アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
オオクワおっさんの星
ブログ紹介
す〜やんと申します。このプログは主に私のオオクワガタの飼育日誌・飼育記録・それから独断と偏見の飼育論です。この世界入ったのは2005年、形状の好きな川西を中心にやってきました。以前は国産カブトムシやミヤマクワガタも少々やってましたが、08年からオオクワガタ一本、10年から能勢YGにも参入しました。そんなに飼育数は多くないので、この2産地が限界ですね。記事は主に幼虫飼育に関する内容になると思いますが、日頃飼育をしながら感じた点を素直に書いていきたいと思っています。独りよがりな内容が多く、お見苦しい点も多々あるかと思いますが、ご容赦下さい。
最近はネタ切れでマンネリ化しています。たまに子供に対する教育をテーマに書く時もあります。興味のない方は無視してやって下さい。

【18−19シーズン幼虫管理表(1月29現在)】
以下は幼虫管理表(幼虫飼育データ)です。♀にはピンクの網掛けを行い、40gオーバーの♂は青色の塗りつぶし、35gオーバーの♂は黄色の塗りつぶし、♂30gオーバー、♀13gオーバーで色字にします。JPGファイルで少し細かいので、クリックして最大限拡大して見て下さい。
1.川西
画像

画像

2.能勢
画像

画像

画像

画像

画像

注)過去の幼虫管理表はスペースの関係でブログに移しました。ご覧になられる場合はお手数ですが、画面右側のテーマ欄で、「旧幼虫管理表」をクリックして下さい。
zoom RSS

2月なので準備はじめてます

2019/02/17 21:26
交換も終わり比較的時間がとれるようになりました。状況としては♀の蛹化促進を始めました。今25度ですが、この1週間でもう少し上げて、3月中旬からは25度以下に落とすつもりでいます。今年はピーク27度くらいにします。とは言っても虫家なので吹き出し口あたりは30度くらいになります。まあこれでもそうそう★になることはありませんが、今年温度をかけるのは2週間程度にしようかと思っています。

1月くらいから温度を上げると反応の悪い個体が多い(セミ化も出る)ので今年は2月からにしました。3月後半から昇温すると無理に温度をかける必要はないし、♂がそうなんですが、大して温度をかけなくても順調にスイッチが入ります。無理はさせたくはないんですが、虫家を使っているとどうしても空けないと次の仕込みができません。

種親も起こし始めています。まだ、20度前後で、まだほとんどエサも食べていません。来週あたりから23〜4度に上げて、3月くらいからはある程度食べさせるつもりでいます。今年も早期羽化は失敗、余り無理させませんでしたが、うちでは30度かけてもダメですね。特に川西はダメ、早期羽化しにくい血統に育っている感じがします。

ことしは2♀エサ食いが良い新成虫がいたので、越冬させないこともやってみました。温度は16度でもエサを食べ続けてました。他は止まったので1月中は越冬させましたが、この辺でどう違いがでるかも楽しみにしています。種親予備はたくさんいます。何とかなると思いますが、今年は焦らず割り出しを終えたいですね。

マットの準備も十分です。食痕はコバシャ大2、中4確保しました。ふるいに掛けたり、乾燥で手間はかかりましたが、食痕を使うとカビが抑えられるし、大きくなった個体のバクテリアはプラスになると思ってやっています。腸内細菌って正直わからないところはあります。なくても大差ないかもしれませんが、少しでもプラスになると思うことをやるのがブリーダー、性分ですからマイナスが見えない限り続けます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


チョネさん送別会

2019/02/11 22:50
昨日はWA!!!に行って、ちょっと早いですが、チョネさんの送別会もしてきました。WA!!!の方は売上で杢目さんに負けました。YGより久留米の方が人気が高い、♀単もう少し売れるかと思いましたが、この時期YG派の人はもう種親揃っているんでしょう。どうでも良いサイズは商店街とか学校に出してしまっているので、♂は85前後、まあ子供にそれだけのお金を出す人もいませんしねえ。
画像

ただ1ペア子供に川西が売れました。最後だいぶ値下げしましたが、見比べてこれがいい!と、見る目ありますよ。将来川西ブリーダーの有力候補です。やっぱり高額が売れるとしたらKUWATA秋くらいですかねえ。WA!!!には来年も参加しようと思いますが、もう少しお手頃なのを準備する必要がありますね。

チョネさんの4月異動は確定、大阪本社だそうです。WA!!!でもいろんな人から「まさか、止めないですよね?」と、本人は、まだ決めていませんとなどと歯切れの悪い返事で終始してました。まあ、こういう事情だと私でも(止めることは)頭をよぎりますね。平成の終わりと共に...などと言ってましたが、まあ、首都圏久留米党党首は引退でしょう。川西、能勢のお膝元ですし、平成で久留米は引退、新元号で能勢、川西というのもありですね。

家族と行くか、単身か、まだそれも決まってないようで、普通に考えると単身の方がブリードは続けやすいでしょうね。BE−KUWAプロジェクトの経験からすれば東京でのブリードは可能ですが、定期的に戻るのは大変です。私なら手元にないと心配なんで異動先でやりますね。家族連れだと会社負担で大きな家は無理か?あっ、でも家あるわ、ブリードも可、意志が揺らぐような話はしておきましたが、家は奥様の好みもありますからね。あとは家族会議の結果を見守りましょう。

仮にブリードを続ける結果が出たとしても、こっちの活動は縮小ですね。今迄、準備や交渉事はおんぶに抱っこ、チョネさんの企画力、営業力あって成り立ってきたので、私と杢目さんでは荷が重いです。関西を盛り上げるには適任ですが、2ケ月に1回は戻ってきて貰うつもりでいます。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6


交換終了

2019/02/03 20:30
2月10日(日)は、WA!!!に行ってきます。今回は少しだけ自己ブリ新成虫を持っていきます。3連休の中日ですが、お暇な方は遊びに来て下さい。

交換は火曜日で終了しました。う〜ん、やっぱりオアシスの体重の乗りが今いち、でも、まあ、全体で5割くらい出れば良いかなと思っていて、それは確保したし、良しとしておきます。

個体によっては3g以上違う感じ、かなり食い上げていた個体も多いんですけどねえ。去年は2本目でほぼ他と遜色ない感じでしたが、今年は1本目から戻し切れなかった感じです。食い上げて動き回って、少し糞水分を出した感じの個体もいたので、3本目でもう少し伸びるかもしれません。

今年は1本目、2本目共出来が今ひとつだと思いますが、こういう年もある、菌糸は生き物ですし、オガの良し悪しは、どの菌糸瓶メーカーでもある、1年でどうこうは言えないので来年も使って判断します。

KSPは昨年と比べると平均体重は乗りましたが、1本目で35UPすると、ほとんど食べずに体重も増えない感じでした。今回三階松は1本目X10とGT555から二本目はGT866にして添加剤の量を減らしました。狙いは悪くはなかったと思います。1回目交換時に♂の数を読み違えて、最後GT866の数を増やし、1本目体重乗らなかった個体で使ったので、良い結果に見えますが、まあ、1本目25g以下だと基本的には2本目で伸びます。

カンタケは今回初めてフルで使いました。今のところ問題は感じませんが、オオヒラタケだと発菌しないというのが少々気になります。まあ、羽化してなんぼ、オガや添加剤にもよるので菌自体の評価は出来ませんが、蛹時点の体重がどうなっているか、ここがポイントなので、今年も蛹で掘って確認します。

私の種親もかなり充実してきたかな。良いなあと思ったのは川西1−4番と能勢3−1番ですが、他もオアシスを割り引けば、悪くはないです。これだけ体重が乗れば、どこからでも期待できるので楽しみです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7


体重が乗ればいいわけではないが

2019/01/27 23:38
会社の方は、何とか2名派遣社員を採用する目途が立ちました。年齢は私とほぼ同じ、不思議に思われるかもしれませんが、システム関係の仕事なので、若い人より経験のある人の方が即戦力になります。慢性人手不足の状態で若い人を雇ってもなかなか続かない、余裕のない職場では、ギスギス感を感じるようで、まずは仕事が回るような状況にして、その上で若い人を長い目で育てたいと思っています。まあ、その場しのぎは否めないですけどね。

交換の方は、順調です。35UPの比率は50%を確保しました、まだあと10数本残してますが、現時点で40本、今年♂は80本弱なので現時点で確保、逆に残りで8頭はまず取れない、8割方35UPしている人もいるかもしれませんが、今年のスタート段階でここまで取れると思っていなかったので、自分としては想定以上、時間はかかりましたが、ある程度種親が揃ってきたからでしょう。

総括は全部交換してから改めてまとめたいと思っていますが、40UPは+2頭、どちらも40g台、全体的に38〜9gが多く、私としては良い体重の乗り方だと思っています。不全の45UPが出ても意味がない、今までのギネスの記録を見ても40g台はほぼいない、やっぱり体重ではなく、還元率が重要だと思っていて、今回のように各ラインそれなりに35UPが出ていれば、その中で還元率の良いラインの可能性も高くなります。

オアシスは、神長、三階松と比べると若干体重の乗りは落ちます。でも、昨年の87UP3頭の内2頭はオアシス、体重だけではないですね。要するにアミノ酸を取ったから、サイズになるわけではない、人間で言えば筋肉質になるか、悪玉コレステロールが増える感じで、サイズが伸びるわけではない、それとこれとは違うと思います。

ただ、最近のオアシスは、変わらず食い良いけど体重にならない、添加剤が多ければ良いわけではありませんが、素質を引き出せていると思えるくらいは乗って欲しいです。一方、35gと38gを比べた時、体重だけでは決まらない、普通に食べて普通に大きくなる、何が普通かと言われると何とも言えませんが、何が適切かは探究したいと思っています。

幼虫管理表は、今日交換したオアシス8本をまだ反映していません。来週には全て反映しますのでもう少しお待ち下さい。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


今年もクイックル

2019/01/20 20:57
残りの菌糸瓶は来週届くので今週の交換は6本のみ、心配していたオアシスでですが35UPが4本出たのでとりあえずホッとしています。まあ、多少乗ってそうなのは選びましたけどね。1頭尻噛みでとりあえず潜りましたが、難しいでしょうね。他にも噛みそうな35がいて、それは何とか押さえましたが、一瞬のことなので難しいです。

最終瓶については昨年と同様に、こんな感じで潜った跡を丁寧に埋め戻し、更にクイックワイパーを蓋の間に入れます。これで交換後1週間くらい発菌も進んでいるでしょう。
画像

目的は乾燥の防止とカビ対策です。これでカビは出ないし、菌床上面の乾燥も防止できます。今シーズンの2本目は乾燥覚悟でクイックワイパーを使いませんでしたし、潜った跡の埋め戻しもやりませんでした。結構虫家の換気もやりましたので例年になく乾燥しました。

それよりも通気の確保を優先しました。2本目は大きくするための1本だし、3ケ月くらいで交換するので何とかなるかなと、今のところそんなに暴れも出ていませんが、菌糸瓶によってはギリギリという感じなので、来年は埋め戻しくらいはするかもしれません。

最終瓶は蛹室を作るまで乾燥は避けたい、そう食べるわけではないので、多少酸素濃度が落ちても影響は少ないと見ています。劣化の要因はいろいろありますが、私の中では乾燥が一番良くない(菌自体の弱さもありますが)、すき間ができれば余計乾燥が進みます。そうすると余計蛹室作りにはマイナス、保湿するとカビも出やすくなって困ってたところ、抗菌作用のあるクリックワイパーが菌床に影響を与えなければと思って試しました。

菌糸がワイパーの中まで伸びてくるくらいなので、菌床への影響はありません。あとは通気の問題と暴れた場合の巻き込みですね。少しでもリスクを下げるために、今年は昇温するタイミングで取り除こうかと思っています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


ちょっと心配

2019/01/14 21:40
やっと交換が始まりました。3連休でしたのでとりあえず30本ほど、今のところ最大体重はこんな感じで、体重が乗り過ぎたわけでなく、個人的には良い感じかなと思っています。
画像

画像

もう少し乗るかと思っていましたが、1本目35UPした個体も+1〜3gが多く、36〜9gが多いです。ここまではKSPが良いですね。暴れた個体以外はみんな体重を乗せてきました。

問題はオアシス、まだ6本しか掘っていませんが、ここまで35UPが出ていません。順調に食べているように見えましたが、それが体重になっていません。暴れはほとんどなく、食痕を見ても全然問題なさそうに見えました。昨年は1本目20g台でもしっかり体重を乗せてきたので、心配してなかったんですが、ちょっと旗色が悪そうです。

KSP、三階松は、1本目35UPするとその後の伸びが余りないですが、個人的には乗り過ぎるよりは良いかなと、5g以上伸ばしてくる個体はやっぱり食いが良いですが、問題はハリボテか、そうでないか、昨年も37UPしているからサイズになったわけでもない、要するに蛹時点の還元率と形状、とはいえ35UPが増えないとサイズも狙えない、何とか4割以上にしたいですが、オアシス次第という感じです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


謹賀新年

2019/01/06 22:26
新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

正月は例年同様大阪に帰りました。今年は31日に行って4日朝に帰ってきました。特に大きなイベントは無く、2日に初詣、いつも大吉が出るまでおみくじを引きますが、今年は2回目にGET、これで今年も安泰かな、仕事は年々やることが増えている気がしますが、まずは健康、健康なら何とかなります。

平成最後の正月と言われますが、私の中では平成と言えば仕事、昭和の時代に就職しましたが、昭和は学生、定年はもう少し先ですが、働き続けた平成でした。出来れば次の時代は仕事に追われず生きたいと思っています。働くのは嫌いじゃないし、年金もそんなに貰えないので働かないわけにはいきませんが、定年後は、次の英気を養うためにも長期のリフレッシュ期間が欲しいです。

さて、年初ですので今年の抱負などお話したいと思います。クワガタに関しては、自己ギネス更新としておきましょう。89、90、ギネスと言うのは簡単ですが、出るとしたら運、運は自分の力ではないので、抱負で言うにはおこがましい、それより85UPの比率をもっと増やしたいです。理想を言えば半分以上、それは難しいので40%くらいは出したいです。不全が多くて比率を達成しても意味がないので、不全は10%以下に抑えたいですね。

幼虫体重に関しては、乗せれば良いと思っていませんが、結果を求めるためにも35UPの比率は上げたいです。ですが、43g以上はいらないです。そう上手くはいかないと思いますけどね。

ゴルフは、スコアを安定させたい、平均で100を切りたいです。どうしても崩れるホールがあって100を超えてしまう、昨年は悩んでフォームを変え過ぎたので安定しなかったように思います。今年はフォームを余り弄らない、今イメージしているフォームを固め、あとはアプローチ、どうしようもないショットを1割以下にすれば、10打は違うと思うので、そこを探究したいと思います。

仕事の方は、定年まで今の部署にいて次期システムをやるつもりでしたが、昨年秋から異動の話がくすぶっていて、どうなるかわかりません。異動先の方が通勤も仕事も楽なんですが、私が異動しても代わりの人が来るわけではなさそうだし、複雑な心境です。会社の見方は甘いと思いますが、私としては状況に応じてやるだけ、今でも人手不足なので粛々と手は打っていきたいと思っています。

まあ、人生楽しく、なるようになるというのが私の基本スタンスなので、今年もいろいろありそうですが、今まで通りやっていきたい、皆様も健康に留意され、小さくても楽しさに目を向け、人生を謳歌していただければ幸いです。
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


良いお年を

2018/12/30 22:20
今年もあっという間の1年でした。これが最後の投稿になります。今年もこの拙いブログに多数お越しいただき有難うございます。来年も週1ペースは守りたいと思いますので宜しくお願い致します。

25日から家族が実家に帰り、短い独身生活を送っていました。せっかく人がいないので、二酸化炭素濃度をもう少し詳しく調べました。一人いると結構影響を受けますが、私が会社に行って人が家にいないと自然と濃度は落ちます。朝起きると700〜800ppmですが、12時間くらいいないと500ppmくらいに落ちます。やっぱり人一人で200〜300ppmは増えますね。

一方菌糸瓶はそれほどでもない、500ppmまで下がっていることを考えると、150本くらいで100ppm、人一人分は300〜400本くらいという感じでしょうか。虫家の扉を開けたからといってそんな大きくは増えないです。この辺は、菌糸瓶の温度や部屋の密閉度にもよりますが、人がいなければそんなに増えない、逆に人がいる場合は換気に気をつけた方が良さそうです。ちなみに虫部屋は寝室含めてで15畳ほど、これは部屋の広さによっても変わりますよ。6畳だとこの倍くらいで見る必要はありますね。

今年を振り返ると、夏まではBE−KUWAプロジェクトに引きずられましたが、おかげさまで何とかそれなりの結果を出せることが出来ました。欲を言えば88を出したいところでしたが、距離のある部屋で、多頭数飼育することの難しさを肌で感じ、飼育方法の見直し等それなりの収穫はありました。ご協力いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

自己ブリに関しても、87まででしたが、来年に向けて良い準備ができた1年だったとそれなりに評価しています。特に川西については、長年85の壁と継続性のなさに、心折れそうな時期もありましたが、shimaさん血統のおかげで、大きな壁を乗り越えることができました。自分でそういう血統を作れなかったわけですが、これにはやっぱりそれなりの数がいるのでこれは更に大きい個体を出すことで、応えたいと思っています。

あとは来年かな、反省と抱負は裏返しのところがあるので、今年はこれくらいで、年初めの抱負で改めてお会いしましょう。交換は2週目からですが、たぶん、食い上げ状態から見て去年より体重は乗ってくると思います。乗れば良いというわけでもないんですけどね。

では、良いお年を!
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


今年は急がず

2018/12/24 21:42
ここ数年虫家を空けるために♀は正月開けから加温し、4月中に2台を開けるようにしていましたが、今年は少し遅らせて1月下旬くらいからにしようかと思っています。理由は蛹化スイッチの入りが悪いこと、3月辺りから加温するとほとんどセミ化はしませんが、どうも早すぎるとうちでは良くない,、私の分析としては、その辺は体内時計が影響していると見ています。まあ、1月では早すぎるということですね。

今年は温度の下げ方も変えました。1本目の26度設定から交換時には21〜2度、交換後が20度、少しずつ下げ、今♀は18度設定で管理していますが、あと1度下げて+1ケ月、これで2月上旬には25度以上に持っていこうと思っています。以前は一気に下げてましたが、この辺も多少秋冬を感じさせるようにしました。♂と♀とでは虫家を分けていますが、♂も今は19〜20度、交換時には17度くらいにするつもりでいます。

今年は昨年より20頭ほど少ないのですが、虫家が実は既に1台おしゃか、もう1台もほとんど冷却能力ほとんどなし、エアコンでカバーしている状態で、仕方なく2台虫家を追加購入しました。ライトです。筐体を全部自分で作ることもできますが、それだと時間がかかる、さりとて少し大きめには作りたい、よって天板、底板のみ自分で76×44を2枚切り出し、ライトの天板、底板(70×44)を前板、後板として使用、本体のある左右板(44×44)もそのまま流用、これで6cm長い虫家が完成します。

作業的には都合2時間ちょっと、あとは補強用両面テープとアルミテープ、ライトそのままなら付いてますが、多少カスタマイズがあるので+2000円程度の出費、完成品はこんな感じです。たかが6cmですが、私にとっては大きいです。これで3本×台数分余分に入る、PPなら3段重ねも可能になります。
画像

撤退のうわさもあったので、久しぶりにシーラケースさんに在庫と今後の計画について聞いてみました。まだ在庫は200台以上あるようです。TFタイプはコスト面で折り合わず撤退していますが、次期モデルの計画はあるとのことです。ただちょっとお高くはなるようで、その前に本体は買っておく必要がありますね。何年もつかなあ、もう買ってから5年以上するのもあるのでエアコン並みの出費になりそうです。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


二酸化炭素は問題なし

2018/12/16 22:06
以前にも何回か書きましたが、虫家の欠点を挙げると、1つには夏場湿度が高めになること(逆に冬場は保湿しやすいですが)、もう1つは酸素濃度が低くめになること(=二酸化炭素の濃度が上がること)、これまで酸素濃度は何回か測ってきましたが、気になって安物の二酸化炭素濃度計を買って測ってみました。安物なので3000ppmまでしか測れませんが、まあ傾向だけ見れればいいかなと。

外気は約400ppm、部屋の中は500〜2000ppm、5000ppmを超えるとちょっと危険レベル、うちでいうと人口密度にもよりますが、今のところ1500はいかない、多分気密性が高くないので、自然換気である程度なんとかなっているようです。窓を開けないと感覚的には人一人で200ppmほど上がります。3人いると1000ppm超えますね。

一方、虫家を締め切った状態で簡単に3000ppmオーバー、酸素濃度は20.5%なので感覚的には5000ppmを超えます。今の時期庫内温度は20度くらいなので、この程度ですみますが、以前酸素の濃度を測った時に18%くらいというのも見たことがあるので、この時は理論的には30000ppmくらいになっていたんでしょう。人間には致命的ですが、前は良く知らずに使ってさほど影響があったようには見えななかったので、変温動物であるクワガタには影響はあっても、致命的ということはないんでしょう。

それでも成長への影響は避けられないので、だいぶ前から基本的に扉にすき間を作るようにしています。本体によっても、すき間の具合によっても多少差が出ますが、今回測ってみると周囲との差は500ppmもないようです。同時に酸素濃度を測るとほぼ20.9%なので、ほとんど外気と変わりません。ちょっと二酸化炭素が多めではありますが、1500ppmを超えなければ、神経質に考える必要はないでしょう。ただこれは今20度だから夏場はもう少し通気に気を使う必要があるかもしれません。

それより人間の方がやっぱり排出量が多いですね。今部屋に150本ほどありますが、扉を開けた状態で、人間一人分あるかどうか、菌糸瓶のための換気というより、やるとしたら人のための換気かなと思いました。朝起きて大人3人で1300ppmくらい、流石に気になって換気してしまいました。人がいなければ600ppmくらいには下がります。

除湿の方は冬場何もしませんが、夏場は除湿剤を使っています。以前使っていた白元ドライ&ドライUPすきま用が販売中止で、最近は同じくドライ&ドライUP引き出し用を3ケくらい使ってましたが、良いのが復活してました。やはり同じドライ&ドライUPスリム、秋口に試しで使いましたが、大容量で持ちがよく、来年の主力にする予定です。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


99点の衝撃

2018/12/09 21:45
BE−KUWAプロジェクトの打上げで山梨に行ってきました。メンバーは例のごとくチョネさん、杢目さん、yama_rayさん、そして私、なんだかんだで2年間いろいろありましたから、お互いご苦労さんということで、羽目を外してきました。残念だったのは予算の関係で、コンパニオンを呼べなかったこと、最近はスーパーコンパニオンとか、ピンクコンパニオンと言われるグレードがあるそうで、もうそういう歳でもないですが、御大臣の遊びもしてみたかったなあ。

チョネさんの車で上野から約3時間、温泉に入って、寿司屋とあとはカラオケ、結局3時回ってました。最近カラオケの練習をサボっていたので、まともに声が出ませんでした。まあ、その前に飲み過ぎ、私の場合まともに点数が出るのはビール2杯以内です。声域、音感は歌っていないとどんどん落ちていく年齢なので、どこかのタイミングでまた一人カラオケを復活させようかと思っています。ただ、目先の目標がないと続きません。ここまでの最高は精密採点で94点、以前結構練習して、やっとその点数、私には95UPは無理だと半分諦めで熱が冷めた経緯があります。

今回の旅行で最もびっくりしたのが、山梨の歌うま、寿司屋で今回行ったカラオケスナックに100点を出す人がいる、疑い半分、飲んだ勢いでママに呼んで貰おうかと、そんな話で盛り上がってましたが、スナックに行ったらいたではないですか。100点は流石に見ることが出来ませんでしたが、リアル99点を初めて見ました。こんなんTVの中だけと思ってましたが、上には上がいると改めて思い知らされました。

その方は無理なく、そつなく歌う、う〜ん...ゴルフと一緒で私は歌も全力、喉が枯れるまで歌います。それが良くないのはわかっているんですが、私の場合声量を出した方が音程が安定するし、声域も、いつのまにか大きい声になってしまいます。今回の歌うまさんを見て、やっぱり根本的に歌い方変えないとダメだと再認識しました。でもゴルフと一緒でこれを変えるのは性格的に難しそうです。

えっ、クワ談義、多少ありましたが、もう忘れちゃいました。まあ1つだけ、私は逃げようとしていますが、BE−KUWAの次の企画が水面下で進んでいます。協力はするつもりでしたが、問題は場所です。1年限定でかみさんに泣きつくか。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6


私の大掃除は越冬準備

2018/12/02 22:45
4月1日にバイクを買換えてようやく1000キロを超えました。ここまで8ケ月、最初の2ケ月はそれなりに乗りましたが、あとは1ケ月100キロのペース、平日はほとんど乗りませんからこれでも乗っている方です。これから寒くなるのでバッテリーのために小まめに乗らないと、夏なら週一でも大丈夫ですが、冬はよくバッテリーがダメになります。充電器は持っていますが、面倒な位置にあり、取り出すのが面倒です。

さて、私の年末大掃除のほとんどは越冬準備に伴うケース洗い、何とか3分の2まで終わりました。毎年のことですが、今年は新成虫が例年より多めに残っているので150頭ほどいます。結構ケース洗いに時間がかかる、洗面台で60度のシャワーを使って洗いますが、マットの入れ替えからエサ皿なども洗うと、1時間で10セットも難しいです。MAX2日で50セットくらいですね。

残り40くらいであと1週あれば終わりますが、次の土日はプロジェクトの打ち上げで山梨なので、その次の週くらいでしょうか。年末まで引きずりたくないですね。

そろそろ交換から2ケ月超えるものも出てきました。食い方にはだいぶ差はありますが、こんな感じ。
画像

画像

オアシスは1本目小さかったので2本目は食べてくれて当たり前ですが、まま順調そうに見えます。瓶を逆さまにしているのは二酸化炭素抜きの実験です。余り効果があるようには見えませんが、食いの悪そうなのはひっくり返しています。不思議なことに暴れない限り蓋まで落ちることはありません。ただ虫家だと2段目しか逆さまにできません。

昔は交換が待ち遠しくて、12月入るとうずうずしていましたが、最近はそれより体重、1月2週目から4週くらいかけて交換します。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


来年の川西組合せ

2018/11/25 21:49
少し早いですが、補強個体のお披露目を兼ねて来年の川西のブリード計画を発表します。組み合わせを悩むほどの個体がない、私でなくてもこれしかないという感じです。まず補強個体から。
画像

画像

サイズは87.5mm、shimaさんの89.2mm同腹です。部屋の温度が下がって活性が悪く、余り出来栄えの良い写真ではありません。大顎もそんなに長くありませんが、頭幅は30.6mmあり全体的にバランスが良く、幼虫体重からも期待してしまう種親です。川西でもshimaさんだけがここ最近サイズを伸ばしており、里子先でもでも89mmが出ているようです。うちでは86mmまででしたが、これを使って次は何とかしたいと思っています。

ということで来年は、少し血は近くなりますが、今年の羽化個体とこれを掛け合わせて、shima系75%にするラインがメインになります。よってこれには昨年の川西1−1と1−2の♀を都合5頭くらい掛けるつもりでいます。特に期待しているのは川西1−2で、自己ブリでは今いちでしたが、プロジェクトでは形状も良く、大きい個体が出ており、特に形状面で期待しています。

残りの組む合わせとしては川西1−2系で同じくプロジェクトで出た86.7mmと85.0mmを使うつもりでいます。もしかすると1−1の♂も使うかもしれません。いずれにしても、これらは血が近いので、異母兄弟同士では掛けません。次の♀を考えています。

補強で同じく89.2mm同腹の♀が2頭、あと奈良輪系の♀が3〜4頭、奈良輪系は次の世代の血の入替用です。奈良輪系は事故の少ないラインを選びました。まだこれからチャンスがあれば、他からも♀を補強するかもしれません。2〜3採れない♀がいたとして、8〜9ラインで100頭を考えています。

再来年まではこの87.5mmを中心にラインを組むことになると思いますが、以降はまだ白紙です。今年も少しshima系以外のラインを組んでいますが、そこで良いのが取れるかどうか、数も少ないので正直厳しいです。当然他からの補強も考えますが、shimaさんだけに頼るわけにもいかないと思っています。

マツノさんの川西も、G系も血が濃くなっているので、サイズはともかく事故の少ないラインが欲しいけど、それが少ない。1発くらいインラインをやってみてもいいんですが、いずれにしても自己ブリだけでは無理なので、先々の補強をどうするかが悩みの種、少し裾野が広がってくれると選択肢も増えるんですが...
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


今は20〜21度

2018/11/18 22:04
次の交換は正月明けてからを予定、年々交換時期が後ろ倒しになってきています。投入時期は6/10からなんですが、食い上げを待つようになって、菌糸瓶の持ちも良くなり、1回目の交換が9月下旬、もう今年は年明けからやろうかとなっていきました。

交換してから今年は毎日のようにチェックしています。理由は空気の入れ替え、扉を開ければ見ちゃいますね。私が見る限りここまでは順調そうに見えます。神長、三階松は2本目ほとんど食べないのも多いので、見ただけではよくわかりませんが、35UPだともうそんな増えなくてもいいでしょう。オアシスは1本目20g台が多かったこともありますが、8割方順調に食べているように見えます。まあ、あとは掘ってみないとわかりませんが、昨年よりは35UPの比率も上がるのではないかと期待しています。

今年は例年に比べて早く温度を落としています。具体的に言うと1本目25度台から始めて1ケ月半くらいから段階的に落とし、投入から3ケ月超えると22度くらいまで下げました。2本目は更に下げて、交換直後は21度くらい、20度に下げたのもあります。12月に入ったら更に1〜2度さげようかと思っています。

こうした理由は、1つには神長、三階松は比較的体重が乗りやすく、余り早く成熟させたくないこと、体重も増えれば良いとは思ってませんしね。もう1つはオアシス1本目の体重の乗りが悪いこと、2本目で伸ばしたいので、1本目で温度をかけることは避け、2本目も最後まで食べて貰えるような温度って20度前後かと思ってそうしました。

良いか悪いかは来年の結果だけではなく、もう2〜3年見てみないとわかりません。昨年蛹時点の体重還元率が悪いように見えました。温度を下げるとマイナス要因になる懸念もありますが、早く成熟させる悪影響もあると思うので、私の中では下げての勝負を選びました。これで成熟が遅いように見えたら、最終瓶で引っ張る選択肢もとれますので、リスクを減らすにもこっちかなと思っています。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


新成虫の管理

2018/11/11 22:28
先日shimaさんと電話でお話をした時、新成虫の管理について聞いてみました。というのも今までshimaさんから買った♀で幼虫が採れなかったことがない、どうされてるいのかなとざっくばらんに聞いてみました。結果は私の予想と反対で、♀はエサを切らさないようにしているとのことでした。大量に飼育されているし、羽化時期もうちより遅いので、寝かせる前に少し食べさせるくらいかと想定していました。

驚いたのは羽化の翌々年にも産ませる時があり、それをするにはしっかり食べさせ続けないといけないとのことでした。う〜ん...最近♀は羽化の翌年しか使ってませんでしたが、それは結果が伴わなかったからで、やり方を間違えてたか?と改めて考えさせられました。確か大昔2年続けて産ませたことがあって、その時はかなり食べさせてたように記憶しています。

食べさせても翌年産まなかった経験から、エサを減らしてみましたが、その前の食べさせ方が逆に中途半端だったかもしれません。羽化の翌々年に産ませていることから、私のように3月〜4月に羽化させているケースでも使えるはず、来年は♀を分けて管理してみたいと思っています。

もう1つ気になる話がありました。冬場も余り寝かせていないそうで、1ケ月くらいと言われてました。うちだと♀は10月くらいから余り食べなくなります。部屋の温度を落としていることもありますが、9月でも食わなくなる♀がいたので温度だけではない、新成虫ははいまだによく食べますが、寝かさないというのは冬場もそれなりに温度の高い場所に置いているので、多少食べる時は食べるのか、この辺はまたの機会に聞いてみようかと思っています。

温度がそれなりだと活性が上がってしまうので、きっちり寝かした方が良いと思っていましたが、この辺も改めて考え直した方が良さそうです。余り大きく変えて結果が出ないと困るので、今年は少し緩やかに変えてみて、来年改めて見直ししたいと思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


松野さんを偲ぶ会

2018/11/04 22:50
松野さんを偲ぶ会で名古屋まで行ってきました。私とマツノインセクトの出会いは、ブリードを本格的に始めた当時、メルリンさんのブログで知り、オアシスを2007年か2008年から使い始めたのが最初、ぶっきらぼうな電話に緊張したことを思い出します。圧倒的な持ちの良さ、最終瓶の安心感、今の時代、もう少し1本目で体重が欲しいところですが、去年も最後の結果は出てますんで、これからも使うつもりです。

当時は川西しかやってなくて、ゴールド系に限界を感じ、川西も買わせていただきました。結果84まではいきましたが、その後長く停滞期が続きました。久留米と違ってマツノインセクトでも川西はライン数が少なく、こちらも血が濃くなった感じで、幼虫買っても使わなかったこともありました。ただ同じことをやっているshimaさんが結果を出してますので、もう少しやり方があったかなあと思っています。

2代目にもお会いしましたが、余りお話はできませんでした。まだお若いので今後の活躍を期待しております。出来れば先代を超える菌糸瓶にもチャレンジしていただきたいですね。

当日唯一のイベントで3産地の♀の選定を全員でやりました。どうなるかと思いましたが、見ている点は似たようなものでした。正直なところ私は川西と能勢は全部頭に入っているので、形状よりラインで判断しました。久留米は興味の外でしたので純粋に形状で見ましたが、TOP3選んだので、まあ、そう間違ってないといい意味で自信がつきました。

イベントも、交換も終わったので、そろそろ越冬の準備もします。補強した川西も本日届きました。これがまたほれぼれする個体で、頭は来年の組み合わせに入りつつあります。近々報告させていただきます。
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 5


1回目交換終了

2018/10/28 21:50
来週名古屋に行くので、今週で交換終えました。比較的早く帰れる日があり、平日20本くらい交換できたので、土曜日で終えることが出来ました。今年も何だかんだで♂が増えて半々にはりました。去年♀が多いと読み違えて、最後♂瓶を補充することになったので、♂瓶多めにしたのに最後ギリギリでした。結局食っていない♂が多かったということですけどね。ちょっと不完全燃焼気味ですが、2本目に期待したいと思います。

半々とはいえ、ラインによりだいぶ差がでています。私は20頭採るラインが少ないので、偏りは結構後々響きます。特に♂が少ないラインだと良し悪しの判断が難しいです。昨年はプロジェクトで出した個体で判断できた面がありますが、今年は判断に迷いそうです。

川西1−1は♂が少なく、それらが全部オアシスでした。2本目伸ばしてくれないと切らざるを得なくなります。川西で以外だったのが2番、次のシーズン以降の組み合わせのバリエーションのためのラインで、正直サイズは余り期待していません。うちオリジナルのラインなので35UPしても85UPは難しいと見ています。逆に事故無く84UPが出れば大事に使いたいと思います。

能勢も2−1、2−2でそれぞれ♂1頭は痛いです。これもメインから外したラインで、バリエーションのためにやっていますが、仮にその♂が大きくなったら使いますが、ダメだったら悩みどころですね。88系ラインは全般的に今いちで、オアシス以外でも余り大きくなっていません。逆に3番系ラインは2本目でそれなりに体重は乗りそう。

あとラインにより★がちょっと出ています。1つなら気にしませんが、3ついると種親から外す可能性大です。この辺を見るとやはり♀が重要だなと思います。来年はもう少し♀を厳選したいですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


酒をつまみに酒を飲む

2018/10/21 21:36
交換の方は、ようやく6割、平日はほとんどやらないので週に交換できるのは50本くらいかな、来週には終えたいと思っていますが、穴は手彫り、記録に、食痕の保存までやっているとやっぱり時間がかかります。♂はあと10頭くらいはいそう、なのでそれなりの比率は確保出来そうです。

オアシスからも30UPが出ましたが、まあ投入から4ケ月経っていればそれくらいは出て貰わんと、体重のバラつきは相変わらずで、何が良いラインかはまだよくわかりませんが、まあ2本目の菌床の状態が悪くなければ、ある程度体重は乗ってくれそうな気はします。

それでも♂は70〜80頭、これでギネスを狙うとは言えませんね。それを言わないにしても、もうちょっと頭数が欲しいというのが本音ですが、まあ、求めるとキリがありませんからね。

さて、人間ドックに行ってきました。これまで再検査はないものの、胆嚢ポリープとか、経過観察が4つ、今回の結果はもう少し先ですが、最近は血液検査も含めて結果は早い、レントゲン等も含めて2時間後に速報で診断結果を聞けます。結果、来年もブリードができそうです。以前は悪性コレステロールも出ていましたが、アミノサプリメントをやめたらでなくなりました。少量でもそうですから、オオクワの添加剤の行き過ぎはやはり気になります。

それより良くないのは体重が2キロほど増えたこと、昨年60キロを超えましたが、それが定着してしまいました。食べる量を増やしたわけではありません。やっぱりお酒でしょうね。会社で酒を飲む機会はたいぶ減りましたが、その分家飲みが...基本毎日缶ビール1本、それに週2〜3回日本酒を飲んでます。

昨日はワインを魚に日本酒を飲んでました。これが安物の田舎臭いワインで、続けて日本酒を飲むと、これが旨い、田舎臭さを綺麗に流し、更に旨味が増します。夜は白飯を食べないようにしていますが、これでは太りますよね。酒は長く嗜みたいので、休肝日を増やします。それだけでは落ちないので、運動もしますか。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


1本目はそんなに乗らなくても

2018/10/14 22:12
最近、家で缶ビール1杯の後、日本酒を少々飲む機会が増えています。1つには先日の旅行で買った日本酒がお気に入り、これに大根スライス+柚子胡椒+醤油少々が癖になる美味しさで、これがまた日本酒によく合います。実はうちの息子は大学に行かずに、調理師の専門学校に行ってます。下期のテーマの1つが桂剥き、まだ稚拙なので、少し太めの剥き方がつまみによく合います。

本人の希望で行ったので当たり前と言えば当たり前のことですが、見る限り息子はよくやってる方だと思います。上期はよくキュウリと人参を切ってました。座学と言うか教科書もしっかりやっていて、上期の成績は、かつてない成績でした。中高もそれくらい勉強していれば何ら問題なかったんですけどね。まあ、ひいき目に見てもセンスがある方だとは思いませんが、それなりにやり切ればなんとかなるでしょう。

さて、交換の方は♂が少し増えましたが、35UPは減っています。オアシスは相変わらずですが、まあ見た感じ、1本目の事故はほとんどなく、どうしようもないラインはほとんどなさそう、あとは2本目次第ですが、2本目の菌糸瓶が普通の状態なら、それなりに体重は乗ると思います。ただ、♂がどれだけ採れるか、60頭は確保できると思いますが、昨年と比べると3分の2くらいか、そうなると大物のチャンスは減りますね。

以前も申し上げましたが、私は別に1本目で40UPが必要とは思っていません。まだ仮説の段階ですが、体重が45UPして、仮に90で無事羽化しても、その子供から大きな子供が出る確率は低いように思っています。一種の奇形のような気がするんです。もしそうだとすると次世代に繋がらない。

感覚的には正常で次世代を狙えるレベルはまだせいぜい40gか、なので目指したいのは30代後半からの89UP、2本目で40UPの数よりも、38g前後の還元率の良い個体が欲しいです。そうすると1本目は35gまでで十分、余裕残しで2本目に持っていければベストかな。

ただ、このところのオアシスは少し不安、流石に成長がここまで遅いと、2本目で取り返すにしてもちょっと遅いように思います。私は先行逃げ切り型を求めていうわけではありませんが、やっぱり30UPくらいは欲しいですね。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


即売会

2018/10/08 22:37
昨日即売会に出店しました。KUWATAとか有名な即売会ではないのでそんな売れないかと思ってましたが、思ったよりは売れました。チョネさんだけでなく、他のブースの方も発信されたようで、今の時代SNSは重要なマーケティング方法ですね。今回いろいろ勉強になりました。直取引やネット主流のYGより他の血統の方が売れるような気がしました。

安ければ良いというわけでもないですね。ある程度のサイズや形状の幅、いろんな人がいるので産地、血統は複数あった方が良い、サイズは81〜84、85UPは安くは出来ないので即売会には向きません。値段の幅もないと、ユーザーニーズには応えられません。あとは個体を見やすく、特に川西は形状目立ての方が多い、いろいろ工夫はいりますね。

売ったのは例のプロジェクトの個体、だいぶ出費しましたので回収もしないといけない。部屋代、電気代はなんと回収できそうですが、他にも細かい出費はいろいろ、実際自分のブリードだけだと、2〜3割回収できれば良い方でしょう。まあ、今回雑誌社のプロジェクトだったのに助けられたのも事実、自分1人ではなかなか難しいと思います。私には小まめにネット販売はできませんが、売るのは楽しいので来年は自己ブリ個体でまた参加しようかと思っています。

見知った方ともお会いしました。ちなみさんは相変わらず本業が忙しそうで、本格的に復活と言うわけにはいかないようですが、少しブリードはされているようで良かったです。もう少しゆっくり他のブースの方ともお話しできれば良かったです。品川オフと違って他の種類を飼育されている方も多い、話が新鮮で面白いです。

交換の方は、先週と一緒、普通に35UPも出ますが、オアシスは2本目を見ないと何とも言えません。やはり6月投入分は♂が少なさそう、7月投入分はもう少し♂が採れそうなので、ある程度挽回したいです。来週はもう少し掘れると思います。

ふるいも届いて、かなり食痕が綺麗になって気持ちいいです。理想としては1.5mm幅くらいの細かさでしょうか。2mmでもかなり綺麗になりますが、少し木片が気になる、1mmだと細かすぎて目詰まりします。これは1mmでふるいを掛けたオアシスの食痕、食痕には見えないでしょう。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8


続きを見る

トップへ

月別リンク

オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる