来年の準備

PC用のマウスを買いました。今のノートPCのタッチパッドは反応が良すぎたり、ものによっては微妙な調整がしづらく、好きではないです。今の赤外線タイプのマウスも余り好きではないです。具体的に言うと昔のパナソニックのマイクロトラックボールが好きでした。で、たまたまヨドバシで写真のタイプを見つけて衝動買いしました。たぶん大きい方が使いやすいと思いますが、持ち運びを考えて小さめのものにしました。まだ、慣れなくて真っ直ぐ下に下ろすとか、そういうのが出来ませんが、上手く使いこなしたいと思っています。IMG_1184.JPG
さて、来シーズンに向けての産卵木が届きました。年々良い産卵木が減っている感じで、確実に入手するには早めの予約が欠かせません。今回は昨年購入した業者と以前植菌材を買ったことのある業者から買いました。前者は見た目綺麗な材ですが、昨年と同様にちょっと堅め、オオクワにはちょうど良いと思いますが、割るにはちょっと面倒、後者は柔らかめですが、B材ではないけどという感じです。

都合45本ほど揃えたので、基本1本セットの私なら半分採卵に失敗してもおつりがくると思います。とはいえ、半分程度の使用で終わらせたいところです。今後ますます調達が難しくなってくると見ていますので、もう1社くらい使えそうな業者をあたっておきたいと思っています。

これで来シーズンに向けての準備、用意すべきグッズはだいたい揃いました。マットは直前買うとして、あと強いて挙げれば種♀でしょうか。一応自己ブリで数は確保できていますが、血の入れ替えで少し欲しいところです。別に兄弟で大物が出ていなくていいんですが、うちとは異なる系統で、事故の少ないラインが欲しいです。でも最近そういう情報が少ないんですよね。

不全をどこまで気にするかにもよりますが、許せる不全と許せない不全はあります。定量的に表せられない部分もあり、そういうところは里子だとわからないのである程度リスクは覚悟しないといけないですが、もうちょっと情報公開はして欲しいところです。

そろそろ越冬

昨日は1日診断士の仕事で、夜は息子の二十歳の誕生日で食事に行きました。それなりに飲んでケロっとしていましたので、お酒は多分強い方だと思います。専門学校なので学校は3月で終わり、これでようやく学費から解放されます。今日は朝ゴルフの練習をしてから、あとはクワガタの世話、今日から成虫の越冬準備を始めました。

とはいえエサ替えやケース洗いで少し時間をとられたので、まだ余り進んでいません。管理工数を減りしたいので年内にケリをつけたいと思っていますが、土日の半分は診断士のお仕事なので、ちょっときついです。散髪にも行こうと思っていたのに忘れちゃいました。年末までバタバタしそうです。

越冬については以前お話した通り、♀はコバシャミニ、♂は小で、使い古しのマットに、木目の細かい針葉樹マットを混ぜて、加水して、♀は転倒防止材にカットしないエサを入れて、常温でGW辺りまで放ったらかしです。使い古しのマットを混ぜるのは、カビ防止のためです。多分バクテリアのおかげだと思いますが、ほぼカビが出ません。食痕を使っても同じ効果が期待できます。

使い古しのマットで気になるのはダニですが、うちはダニが出るような管理はしていないので、特に問題ありません。まあ、仮に出ても気にする必要はないでしょう。

問題は新成虫、去年から少し常温期間は短くしています。部屋は20度を切っているので一部は冬眠状態になっているし、1~2月は15~7度くらいにするので、そうなるとほとんど食べませんが、ベタベタマットに入れるよりは、いいかなと思っています。

種親を起こすのは例年より少し遅らせるつもりです。十分成熟させたつもりなので、3月くらいから起こして、産卵をピークに持っていくような管理を目指したいと思っています。

中小企業診断士の話

オオクワの交換までまだ1ケ月ほどあり、余り書くこともないので今日は私の持っている資格、中小企業診断士について書きたいと思います。というのも今朝からとある居酒屋の経営診断を行うために外出、これから毎週土日の内1日が、それで潰れてしまいます。やらないといけない事情があり、その辺も含めてお話します。元々脱サラしようかと思って取った資格ですが、最近はとりあえず定年までこのままの予定、でも私の周りでは若い人から同年代まで独立した人も増つつあり、参考になれば良いかなと。興味のない方はスルーして下さい。

この資格、昔は何その資格?という感じでしたが、最近は人気の資格の1つです。世に経営コンサルを名乗る方はいくらでもいますが、実は国家資格と言えるのは中小企業診断士だけです。ただ、残念ながら経営コンサルは誰でも名乗れます。弁護士や税理と違って独占業務がほとんどありません。この辺が目立ちにくいところですが、AIが発達してくると今後淘汰される資格が出てくるでしょう。人間系の仕事なのでそういう面での強みはあります。

資格の難易度ですが、それなりに難しいです。合格率が1次試験で25~30%、2次試験では20%を少し切ります。よって合格率は10%に満たず、それなりに難しい資格です。仕事を持っていると2年で取るのは難しい、専門学校に行くなど、それなりに時間をかけることが必要です。ちなみに私は学校もいかずダラダラやってたので7年ほどかかりました。ちなみにお金と時間があれば、資格を直接取ることのできる学校もあります。

面倒なのは試験だけでなく登録には実務補修が3回必要なことです。要するに実戦経験ですね。4~5人で1回1社を6日かかて診断します。資格取得後も5年に1回更新があります。その時30日以上の診断実績と5回の理論政策研修を受講しておく必要があります。この資格を取っても企業で働き続ける人も多く、診断する機会のない方にはそういう機会を協会が提供しています。これを実務従事と言います。

皆様が興味のあるところで、どれくらい儲かるかですが、はっきり言ってピンキリです。いろんなやり方があります。セミナー講師中心の人もいれば、地道に顧問先を作っている人、副業を持ちながらやっている人、補助金等の大型案件をやっている人、役所の仕事をやっている人、まあ、人脈を作っていけば単価の安い仕事はそれなりにあります。ただ副業無しで1からだと、軌道に乗るまで早い人でも2~3年はかかるでしょう。数百万ならかなりの人が稼いでいると思いますが、1千万となると単価の高い仕事がいる、かなりハードルは高いと考えて下さい。

今回の仕事について詳しいことは言えませんが、やっぱり資格を取って何もしてないと忘れてしまうし、定年後のために経験を積む時期にもなってきたので、親しい先輩から話を貰って受けました。オオクワの繁忙期は辛いので、やるならこの時期ということです。独立時期は未定ですが、独立したらもう少し詳しく書きます。

品川オフ2019

品川オフ会行ってきました。今回は大人しく、2次会で皆さんもお開きになったようで、私も電車のある時間に帰ることができました。でも、山の手線で座ってしまって乗り過ごし、更にスマホを車内に忘れる失態をやってしまいました。幸い保護されていて、本日無事に回収しましたが、出てこないと今や財布よりショックがでかいです。

今回は45名ほどいて、まともにお話できたのは10名くらい、話をしようと思ってたのに出来なった人が何人もいました。人気の人は誰かとしゃべってますからね。2次会も席を動かなかったので、しゃべっていたのは2人だけ、もうちょっと動くべきでした。写真も撮らず、あれっ?余り書くことがないです。

ブリードを始めた頃はどういう管理をされているとか、まあいろいろこちらも、相手もそういうネタが多かったんですが、ブリード情報の共有化が進んだ所為か、どうでもいい会話が増えているような、まあ会社と違って気楽に飲めます。

種親選びとかは毎度話のネタにはなりますが、多少の選択基準の違いはあっても、見ているところは余り変わらない気がします。ただ数のバックボーンが大きい、TOPブリーダーは、不全や形状も見ますが、先の組み合わせを考える、私の場合ライン数が少ないので選択肢が限られる。それを何とかしようとすると確かに500は越えますね。

早期羽化も私は今年やっていませんが、30度以上でないとやはり無理、各ラインの♀が少ない私では、★を避けようとなかなか思い切ってやれない、こういうところにも差は感じます。

まあ今更数を増やすつもりはないので、今のまま極力長くオフ会も含めてやっていきたいと思っています。

ライン紹介と交換1回目(能勢)

次の週末は品川オフ会で、いつもチョネさんに全部仕切って貰ってます。メンバーもだいふ様変わりしているようで、初めてお会いするのは楽しみですが、会えなくなるのも寂しい、長年続いている人もいますが、限られますね。とはいえ私もあと何年続けられるか、定年になっても続ける気は満々ですが、それでもあと10年は難しかな、怖いのは病気、整理に最低1年はかかるので家族に迷惑をかけるのもほどほどにしませんとね。

さて、先週に続き、今年の能勢ですが、♂で4系統、一昨年羽化した88.4mmと、昨年羽化した2番の87mm、3-1番の87.7mm、3-2番の87.8mmを使っています。事故の少ないラインで大きくなったのを使うようにしていますが、これが必ずしも当たるとは限らない、そのラインの2番目というのも使ってみたいところですが、そんなにライン数は作れないし、各♂2♀以上はつけたいので、なかなかそういうわけにはいきません。

1番系は昨年も3ラインやって、結果は微妙、それなりに大きくなり、88mmも出ましたが、事故も少し出てます。ただこの辺は♀の問題もあるし、88mmはこれしかないので再チャレンジ、今回は他の種♂と同じラインを掛けました。1本目は今いちでしたが、それなりに体重が乗ってくれると見ています。オアシス♂も多いですからね。

2番系は、87.7mm同腹の♀と、余り目立たなかった一昨年1-1番の♀、これは他の♀でこけて追加したわけですが、この2-2番の方が良さげな感じがします。

3番系は、4ラインありますが、数が採れてません。比較的ましそうなのは87.0mm同腹♀を掛けた、3-2番でしょうか。まあ、この辺は2本目というより、羽化してみないとわかりません。

4番系も数が採れませんでしたが、shimaさんの89mm同腹を掛けた4-1ラインがどうでるかでしょうか。いずれにしてもちょっと数が足りない、来年はプロジェクトもないので180頭はやりたいと思っています。

ライン紹介と交換1回目(川西)

土日は、急にかみさんが旅行に行きたいと言い出し、水曜日に予約をとって、久々に奥多摩まで1泊旅行に行ってきました。まだ紅葉にはちょっと早いし、特にどこを散策するのでもなく、土曜日お昼は武蔵五日市でお蕎麦、そこからバスで宿屋に直行、ゆっくりしてました。まだ紅葉には早い所為か、今年の大雨の影響か、宿泊は少なかったです。登山者やツーリングのバイクは多かったですけどね。

交換は終了しています。2つほど見つからない個体がありましたが、とりあえず整理は終わりました。エビちゃんからライン紹介もないとお叱りを受けたので、2週に分けてライン紹介と1回目の交換のついての感想を書きます。

まずは川西ですが、♂は3頭使いました。1番系はshimaさんの89。2mm同腹の87.5mmです。たまには写真を載せておきます。
IMG_1182.JPG
IMG_1178.JPG
今年の補強個体で、これに2♀、この♀はBE-KUWAプロジェクトで川西最大個体の出たラインの♀と掛けています。どちらも35UPが出ていますが、1-2番が良い感じ、6頭しかとれなかったのは残念です。1-1番はちょっと弱いかな、でも2本目それなりに乗せてくると見ています。

2番系は、BE-KUWAプロジェクトで川西最大個体86,7mmのライン、で1♀が、89mm同腹の♀、あとは残念ながら数がとれませんでした。89mm系以外で採りたかったんですが、似たような組み合わせばかりなので来年度補強を考える必要があります。

3番ラインは、これも867同腹ですが、残念ながらこれはハズレライン、やっぱり美形はハズレが多いと思わせる結果でした。他にもいろいろ♀は掛けたんですけどね。採れなかったということです。

それぞれ35UPは出ているし、オアシスは相変わらず2本目見ての判断ですが、体重もそれなりに乗せてくるでしょう。交換の結果より補強の必要性を強く感じた川西でした。

★がちょっと多いかな

昨日で交換を終わらせるつもりでしたが、♂瓶が足りず(今日の夜届きます)、交換1回目の最終は来週になりますが、ご覧の通り今シーズンの幼虫管理表は更新しました。何とか火曜日の「即位礼正殿の儀」の日に、10時頃までTVを見て、あとはひたすら表の作成と、それまで交換した分をまとめました。自己ブリの数は少なめですが、これまで放っておいた分、時間を食いました。

昨日までの分はまとめましたが、記録漏れや場合によってはラインの記録違いも現時点はあると思います。来週には1回目の確定版を出しますので、もう暫くお待ち下さい。

まだ、ざっくり見ただけですが、まず1本目の★がちょっと多い、ラインに偏りがあり全体としては心配してはいませんが、個人的には出したくない事故です。やっぱり多いのは基本的に幼虫自体が弱いライン、事故の多いラインは使わないようにしていますが、それでも出てしまう、種親選択が良くないのかなあ。

川西3番は、確かもう1つ★があったはずで、良いのが出ても種親としては使えないです。美形なのでわざわざセットしたラインですが、やっぱり私の場合、美形♂を使うと結果は良くないです。弱いラインは、♂の問題、♀の問題、組み合わせの問題が考えられ、♂だけに問題があるとは限りませんが、♂自体が優秀であれば恐らく出ない、多少なりとも問題があると考えざるを得ません。

あとは♂が多い、このところ♂の比率が高い傾向が出ていますが、今年は55%くらいありそうです。プロジェクトの方も私の担当は50%強、ひと昔前はどこも♀の比率が高かった、この辺はインラインの影響があると思っていますが、最近は♂の比率の高いラインを種親に選んでいるとか、不全を避けることが主流になってきたためか、潮目が変わってきている感じがします。

体重やライン評価については来週まとめます。まあ、35UPの比率も、最大体重も大したことはないですし、今いち成長の良くないのもいますが、余り心配はしていません。

来週には終えたいところ

50~60本は交換したと思いますが、まだ終わりません。ゴルフの練習以外は交換に専念したんですが、片付けつつやると結構時間がかかる、食痕も残しますしね。まあ、あと50本はないので、明後日と週末で終えたいとは思っています。♂瓶足りるかちょっと微妙、予備も考えて少し調達しておきましょう。

自己ブリ1本目最大体重ですが、39UPが1頭出ました。次点は37g台、35UPは2割くらいかなあ。まあ、問題は2本目、菌糸瓶の状態さえ良ければ、それなりにプラスαが期待できるでしょう。37~40gあれば、まあ自己ギネスの可能性はありますから、それをどれくらい出せるかです。

プロジェクトの方は交換が終わりました。そんなに大きいのは出ていませんが、2本でもう少し伸びてくれそうな感じはします。小さいのもいましたが、私のところは♂がそれなりに採れたので多少優位かも、とはいえどこまで差が出るか、同じライン、同じ菌糸ですし、最大個体は運の要素大ですわ。まあ、こちらも2本目次第でしょう。詳細はBE-KUWA誌上でご覧いただければと思います。

少し思うのは30gを超えなかった♂連中、どうしようもない菌床はなかったものの、結構体重の乗りに差がでました。乗っていない個体の多くは狭い場所に挟まっているように見えます。そういう個体は糞、水分がお腹にないので必然的に損をします。1本目はもう少し緩くても良いのかな。ただ、逆に弱いからそういう状況をなっている可能性も否定できません。

2本目以降は堅詰めしないと持ちません。初令と違って巨大な糞で劣化がすぐ始まりますからねえ。1本目はどれくらい引っ張るかにもよりますが、方法の1つかと思っています。

オスは半分くらい掘りました

今回の台風は風より雨の被害が大きく、被災者の皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。今回の台風は大型で、これは等圧線が小型より広くなります。上陸直前にある程度勢力が落ち、上陸直前の各地の瞬間最大風速も30~40mだったので、風は何とかなるような気がしていました。50~60mとはかなり違います。

一方で雨は私の住んでいる東京東部はそれほどではなかったものの、関東の山沿いを中心に赤い表示がずっと続いていて、危険な状況が感じられました。私も荒川沿いなので、気にはなりましたが、決壊するとなると上流だと思っていました。寝る前にはある程度風雨も落ち着きホッとして寝ましたが、被害は朝起きて知りました。被害がこれ以上広がらないよう祈っています。

それでも交換は台風が吹き荒れる中粛々と進めました。特にびっくりするような個体はいません。まあ、今時36~7gは誰れでも普通に出ますからね。ということで写真は無しです。中心ラインは30g台前半で、どうでしょう。去年と比べて同じか少し悪いくらいだと思います。

KSPが今いち、オアシスは1100を使っており、4ケ月近く経って30gは越えてきたのもいますが、相変わらず25gくらいもいて、去年と変わらない感じです。

♂は30本以上になったので、半分以上は掘ったと思いますが、トータルはまだ3分の1も掘っていません。来週の飛び石連休である程度カタをつけたいと思っていますが、まあ、1本目ですし、そんな驚く結果は出ないでしょう。成熟した感じはないので、あとは2本目次第というところでしょう。今月いっぱいで交換は終えたいですね。

幼虫管理表は、真剣に作れば半日仕事ですが、もうちょっと待って下さい。

交換後の管理温度

プロジェクトの交換を優先して進めたので自己ブリについては、まだ10本しか掘っていません。プロジェクトの方はここでは詳細は言えませんが、半分強交換して取り立てて良いとは言えませんが、元々高い温度帯でも、高添加でもないので、まあ2本目に繋げられるとこまではもってこれそうな感じです。

プロジェクトは、3人で同ラインでのガチンコ勝負なんですが、虫家でもやれるところを見せるつもりですが、それより♂の比率でかなり有利不利が出ますね。ちょっと久留米は有利かなという感じなので、私らしく低温で狙っていきたいと思っています。

自己ブリは♂8頭で35UPが2頭、37g台は出ていますが、少々暴れっぽいのもいて、もうちょっと掘ってみないとわかりません。オアシスはそんなに体重が乗らないだろうし、こちらも2本目に繋がるレベルなら良しとします。

交換後の管理温度は虫家の設定温度で22度を予定、ここから1ケ月に1度ずつ下げる感じでいきます。虫家の場合、冷気の吹き出し口辺りは設定温度より1度ちょっと下がります(部屋の温度がこの時期25度くらいなので冷却モード)。劣化と共に少しずつキノコの芽が出ますが、交換直後はほとんど出ません。

この辺は、交換投入後幼虫が暴れて中の菌糸が切れるためだろうと推測されます。この辺の特徴を踏まえて、最終瓶も交換直後から冬温度にします。17度設定にすると流石に多少のキノコは出ますが、徐々に下げるよりは圧倒的にキノコが抑えられます。2本目は、ある程度食べさせないといけないので段階的に下げますが、まあ、最終瓶ではないので交換まで持てばよい、そういう感じで管理温度を決めています。

進んでいません

昨日はゴルフでしたが、アップダウンがかなりあって、斜面のラフで大叩き、出すことに専念しましたが、全然出ない、深いラフでボールが見つかってしまったのが逆に良くない、こんなことならアンプレアブルにすべきでした。まあ、相変わらずショットが安定してないのでスコアになるレベルではないんですけどね。

後半は少しコースがわかってきたので呑まれずにやれましたが、やっぱり体幹を鍛えないとこの先進歩はないですね。飛距離はこうすれば飛ぶというのはわかっているんですが、問題は力みとタメと右肩右肘、チェックポイントが多すぎて、安定しないんですよ。体幹が良くなれば総合的に改善され、安定感が増すようには思いますが、まだ真剣に鍛えるところまでいってません。

交換は進んでいません。今日も♂か♀かがわからなくて掘るのを躊躇してしまいました。少し暴れた♀にも見える、焦ってもしょうがない、明日から毎日チェックして♂が確認できたものから順次掘ります。

そういえばまだ幼虫管理表を作っていません。こっちもちょっとダレてますね。10月からはブリードモードに入ります。

血統って

交換はまだ1本だけです(31g)。余り状態が良くなさそうなのもありますが、♀瓶は10月に入ってからなのでうかつに交換できません。ある程度食い上げた個体も、カンタケについてはちょっと食痕が粗い?まあ、まだ最初に投入したのも3ケ月ちょっと、まだ焦るには早いかな。もうちょっと様子を見てからにします。

最近書くことがないので、今日は久々に血統について考えてみたいと思っています。私の血統の定義、特に〇×血統という言い方はどういう時に使えるか、私見ではありますが、「ある程度の年数飼育し、組み合わせが1有名血統で100%ではなく、独自性があり、継続して結果(サイズ、形状等)を出し、自ら血統に命名し、周りのブリーダーに認知されている」というふうに捉えています。

要するにYGだけでの組み合わせだと、周りはYGの1つと捉えるので血統として認知されにくい。血統無しまたは血統の1部を使ったとして、その組み合わせに独自性と結果が出ていると周りが認知しない限り、命名しても、血統とは言えないと思っています。

以前は独自の血統を作りたいなと思っていましたが、最近は諦めています。オオクワって特徴認知が形状かサイズくらいしかない、サイズだけだとアタリハズレがあり過ぎて余程大物を出し続けない限り認められにくい、形状を求めるにはインラインが必要で、それは私のブリードスタイルい合わない、インラインを避けて血統を作るには半端じゃない飼育数がいります。

うちの川西はある程度独自性のある組み合わせできましたが、shimaさん血統を入れたので大きさだけで結果が出ても、独自血統とは言えないし、形状もバラつきがあり、血統という感じがしません。自前で全部種親を確保出来れば、将来血統と言えるものを作れるかもしれませんが、今の飼育数ではそれも難しいように思います。

独自の同系統がたくさんあって、その中である程度血が濃くならないようにアウトラインを組める、それで結果も安定的に出す。やっぱり難しいですよ。

停電の酷さに驚きました

台風は進行方向の右側の方が被害が大きいと言われますが、今回の台風は正しくそれで千葉の停電がこんなに酷くなるとは思ってもいませんでした。上陸時は960hpaだったと思います。950未満だとまずいと思ってましたが、小型の所為か想像以上に風が強かったようです。

電気がないというのは今の生活に慣れている我々にとって影響が大きいということを改めて再認識させられました。こういうのを見るとオール電化は避けるべきでしょうね。ただ地震だと恐らく電気の復旧の方が早い、太陽電池、エコキュート、蓄電、選択肢を複数持てればいいんですが、今の古い家だと投資できないし、庶民には難しいです。

幸いうちは都内周辺の建物、浸水等の影響はありませんでした。朝の出勤は7時に電車が動き始めると聞いて、まだ風雨の強い中駅に向かいましたが、8時過ぎに動き出したものの、本数を減らして運転ってどういうこと?結構早めに並べたのに30分に1本くらいしか電車が来ない。結局そこから更に2時間近く待たされました。こんなことなら2つ先のターミナル駅まで歩くべきでした。次回は迷わず歩くことにします。

オオクワの方はまだ交換してません。ほほ食い上げたかなというのもまだ少ないので来週以降ボチボチ交換していくつもりです。

成虫の方はめっきりエサ食いが落ちてきました。♀は1週間で1ケ食い上げる個体は2割くらい?ほとんど食べないのも3割くらいいます。エサ替えは楽になりますが、こうなると乾燥が気になるので、加水しながらマットの状態を調整します。こうなるとほとんど動きませんね。2年目以降の♀は早めに寝かせようと思っていますが、流石にまだちょっと早い、交換が終わる10月末以降ですね。

関東台風直撃

台風直撃ですね。朝はJR動かないらしい、JRは通勤で使っていませんが、私鉄も8時くらいまで動かなそうな気がします。朝早く起きて状況を確認し、8時なら少し寝かせていただければと思ってますが、ピークは2時~4時くらいかな。どれだけの暴風雨になるかわかりませんが、大きな影響がないことを祈ってます。

スマホを買い換えました。私はだいぶ前いからとあるSIMフリーメーカー、大手の2年縛りもやめるみたいですが、大手は価格体系が詐欺といっていいくらい、学割?長年使ってきたユーザーを重視せいやと思います。

元のはとりあえずレベルのスペックで電池の持ちだけ考えて買いましたが、メモリ容量がない、勝手に使わないアプリの更新を走らせやがって、年々重くなる、今回は電池持ちは同様ですが、メモリ重視で中の上くらいものにしました。Ifoneは高い!会社携帯がIfoneですが、私はSNSやらないし、音楽も聴かない、限られた機能、アプリだけなので使い勝手が悪いです。

初期設定は、ほぼ終わりましたが、今まで使っていたショートメールアプリが見当たらない、もう少し調べてないようなら、適当なのを使います。メールも見当たらなかったのでとりあえず、別のにしました。ちなみにGmailは嫌いです。

クワ関係は特にやること無し、とりあえずエサ替えだけはやりました。幼虫の方はまあ今のところ大きな問題はないんですけど、オアシスの食い上げがどうも今ひとつ、まあ、これからだし、焦ってもしょうがないです。

菌糸瓶の状態

この時期は流石に書くことが余りありません。もう少し昨シーズンの結果とか小出しにできれば良かったんですが、余り結果が良くなくて、それが出来なかったという感じです。どこかで私の今の飼育方法に関して改めてまとめようとは思っていますが、採卵がネックですね。自信がないのでそこが書けません。昨シーズンは事故も増えて種親選択についてももう1回考える必要がありますね。

今週は新成虫の整理も終わったのでまったりしてました。最近はクワ関係とゴルフの練習以外は余り何もやってなくて、自分としても弛んでいる感じがするので、そろそろ次のターゲットを決めて少しは時間を有効に使わないといけないと思っています。ですが、その前にスマホの買換えかな、そろそろ電池が寿命、プラス元々安物を飼ったので特にメモリが足りなくて動作が不安的になってきています。

幼虫の方はだいぶ食痕が目立つようになりました。ただうちの場合、食い上げが目立つのはこれからです。2ケ月半を過ぎると♀と♂の差が少しずつ見えてくる感じ、ただ、オアシスはここ2年1本目が良くなくて、3ケ月半経っても♀だろうと勘違いしたケースも多く、この辺も今年はどうなるか注視しています。

昔は多少食い上げたように見えると焦って交換してましたが、最近はこの時期3ケ月半は待つようにしています。ハズレ菌糸瓶だと早めに交換した方が良いとは思いますが、この辺は掘ってみないとわからないし、2本目が確実に良いとは言えないんですよね。むしろ1本目よりも仕込みが真夏の2本目が心配です。特別に出来は良くなくていいので普通の状態のものが欲しいです。

交換してみないと何も言えませんが、1本目カンタケ系は変色が酷くて、例年より食いが早い感じ、オアシスとプロジェクトの方は、ほとんど劣化を感じませんが、食いはこれからとう感じ、これがどう出るかですね。

最近はオガが1番、添加剤は無理のないレベル、あとは詰め方、自分で詰めれば菌床の選択肢も広がるんですが、定年後時間ができてもやらんだろうなあ。ですが、今以上に状況が悪くなると真剣に考えないといけないかもしれません。

落ち着きました

商店街向けの余虫の出荷が完了し、だいぶ整理が進みました。現時点で162頭、冬眠までにあと10~20は天寿を全うすると思うので、これで今年も予定数まで落とせます。毎年50頭くらい残すと、こんな感じで落ち着きます。

今年は出せないB品が多くて、♂がだいぶ残ったイメージがあります。♀は補強無しでも可能なように現時点で30頭以上残してありますが、余り良いなあと思えるラインが少ないです。やっぱり少し補強しますかねえ。

まあ、成虫の数が減ってエサ替えもだいぶ楽になりました。それだけでなく、エサ食いも♀は少し落ちてきた感じ、この辺も不思議なんですが部屋の温度は変えてない、秋を感じているのか、起こしてからの活動期間が長いのか、越冬分のエサを十分摂ったのか、この辺はよくわかりませんが、昨年はエサの量を落として10~2週間に1回にするとやっぱり栄養が少し足りないのか、秋口もよく食べてたので、ある程度冬眠に必要なエサの量ははあるかもしれません。

エサ食いが落ちると多少乾燥を注意しないといけなくなります。冬眠には流石に早いのでエサ食いとマットの状態を見て、乾燥が目立つようなら霧吹きもやります。この辺はもう勘と適当ですね。でも、ほぼ符節取れも出ないので、それなりの対応はとれているとは思います。

次の交換までまだ1ケ月あるし、ゴルフの練習に精を出したいと思っています。そういえば幼虫管理表はそろそろ作らないといけませんね。

温度落とし始めてます

管理温度は少し落とし始めています。今は基本25度設定、来週あたりから投入が6月だったものは24度に下げます。虫家の場合、部屋の温度にもよりますが、基本的にベルチェユニット付近(冷気の吹き出し口辺り)は、設定温度より1度くらい低めになります。これはセンサーの場所によっても変わってきますが、私の場合、ベルチェから離れた場所で、高さは5~10cm辺り、必然的にベルチェより最も遠い場所で上段は設定温度より少し高めになる感じです。

もう1つ言っておくと、通気のため基本的に扉にティシュを噛まして少し開けてあり、ほぼ設定温度くらいでエアコン管理していますので、扉付近と奥側とはやはり±1度くらいの差が発生します。

ベルチェ付近と離れた場所、或いは扉付近と奥側で1本目の幼虫体重に差があるかというと余り差は感じません。感覚的には25~6度で育てるもの、23度付近で育てるのも余り差はないと思っていますが、ある程度季節感を出したいので、26度から段階的に落とすようにしています。

幼虫の成熟に関しては、温度より期間ではないかと思っています。高添加で早く大きくしたからといって半年で羽化するわけではない、逆に言えば高温で長く引っ張っても、そう変わらないことになりますが、どっちにリスクがあるかというと高温で長くだと思うので、高温で大きくならないと思っている私は必然的に早めの低め温度になります。

それよりカンタケの菌糸瓶の変色が気になります。1本目はそんなに影響はないと思いますが、最終瓶でこれで持つのか、今年はそのまま使いますが、状況が悪いようだと来年は見直しですね。

余虫はこれから

昨日ゴルフに行ってきましたが、全くダメ、集中力の欠片もありません。身体が思うように動かない、元々無理のあるフォームで打っているし、何も考えられない、年齢的にも真夏の暑さには耐えられないと痛感しました。他にも8月の予定を入れてましたが、一旦キャンセル、もう少し崩れにくいフォームにしないとダメですね。

1発だけですが、凄いショットがありました。なんと170ヤードオーバーをカップイン、ホールインワンでも、イーグルでもないですよ。OBプレ4からのパーというのは自分でも笑えます。グリーンに乗ったのは見えて、その後見えなくなったのでオーバーかと思いましたが、まさかのまさか、ズタボロだったので、素直に喜べませんが、もう生涯ないかもしれないので忘れることはないでしょう。

夏休みは飛び飛びでとっています。都合5日ありますが、2日目は火曜日、あと3日残っていて、8月にあと1回、残りは9月下旬のクワ作業とゴルフか小旅行にとっておきます。

それまでやることと言えば、新成虫の里子出し、例年同様、先月小学校に少々、あとは商店街に30ペアほど出します。そうすればほぼ余虫の整理が終わります。この時期MAX300頭くらいにいるので、場所もとるし、エサ替えも大変、早くすっきりしたいです。それでも多少は余るので時間がとれれば即売会で多少出したいと思っています。

最近はケース洗いが嫌なので、マット交換は早ければ2~3週に1回のペースでやっています。これくらいでやっておくとかなりケース洗いが減ります。汚れが気になるので、少し汚れたら濡れティッシュで拭いています。ケースを洗うよりはましですが、それでも300くらいいると半日以上かかりますね。最近日曜日はそれで終わっている感じです。

今年の美形

幼虫管理表を更新しましたが、パッとしませんね。まず完品羽化率が良くありません。明らかにこのラインはハズレというのはさておき、そこそこのラインでも、これは!という個体も少ないし、平均的に良いというわけでもない、種親の選択に迷いそうです。

85UPも多いとは言えません。まあ、蛹が大きくなって、そういうのは不全、B品も多かったですけど、還元率も今いち、川西は結局88以外に86が1頭だけ、平均的には去年より良くないです。個人的には88以上も欲しいんですが、85~6を安定的に出せるラインが欲しかった、そういうラインの♀を種親で使いたいんですけどね。

少し補強も考える必要がありますね。補強は事故の無いそこそこの個体が出ているのが良いです。ただ、皆さん大きい兄弟の話ばかりで、幼虫管理表を公開されている方も少ないので、判断に迷います。多少の冒険は必要ですけどね。

ざっと見た感じ、今年うちで一番の美形はこれですね。川西の84mmです。肌は艶々、お尻もそんなに大きくないのでバランスが良いです。大顎もまずまず、欲を言えば大顎がもうちょっと太くて、曲線美があれば美コンに出しますが、ちょっと特徴が弱いかな。IMG_1053.JPG
能勢より川西の形状が好きですが、川西は出来不出来の差が大きい、顎が短いと私にはバランスが悪く感じます。大顎は最近能勢の方がまだ綺麗に見えます。ですが、能勢はお尻が長く、全体のバランスでいくとなかなか良いのが出ません。サイズを稼ぐなら直線的な大顎ですが、そうなるとちょっと大顎が細くて、美形とは言えない、なかなか難しいです。