蛹体重とサイズ

毎年蛹で掘っていますが、今年はある程度想定通りの結果が出たので報告します。今年の川西は今までと全く異なる系統でそれなりの結果にはなりましたが、まだまだ能勢との違いは感じますね。

とりあえず、蛹体重を量り、完品に近いレベルで羽化した個体を蛹体重順に並べた表が以下です。
画像

ご覧になっていただけるとわかる通り、川西は蛹体重が27gを超えないと85UPは出ていません。サンプルが少ないので私の想定ですが、うちのはサイズになりそうな形状ではなかった(顎が曲がって短い)、もう少し良い形状なら26g台の蛹でも85UPは出ると思います。ただ、28g台の蛹ででないと87UPは難しそうです。

一方能勢YGは25g台の蛹でも86UP、27g台の蛹でも88に近い個体が出ます。形状が更に良ければ88UPするでしょう。28g台の蛹で89UPする可能性があると思います。

こう見ると、85mm以下だと蛹体重が同じで2mmくらいの差に、逆に同じサイズだと蛹体重が2gくらいの差というところでしょうか。ただ、87mm以上になってくると、能勢もハズレの比率が増えるので、そう変わらないものも出ますが、川西で28g以上ないと87UPが難しいのは変わらない、これで能勢は89UPの可能性があるので、やはりその差は大きいですね。

ただ、うちの川西はshimaさん川西にG系を混ぜています。shimaさんは88UPしてるので、少し還元率が落ちている可能性があります。純粋なG系だともっと還元率が悪いかも、この辺は血統によって変わることはご承知おきください。私は血が濃くなり過ぎないようにこの組み合わせにしましたが、来年はこれをもう少し能勢に近づけられないかと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

RANBORU
2018年07月19日 10:51
こんにちは 暑いですね晴れふらふらあせあせ(飛び散る汗)
表にして頂くと良くわかりました ありがとうございます
私は今季は様々な事情で、幼虫飼育は友人に託しました 新成虫の管理だけにしました 来期は頑張って手(グー)わーい(嬉しい顔)手(グー)累代します♪
ぽわり
ワシオ
2018年07月21日 03:58
はじめまして、ワシオと申します。
質問なのですが、
①産卵セットにメスを入れてから、割り出しまでの期間はどれくらいですか?
②菌糸ビン一本目への投入時、幼虫は何齢くらいでしょうか?
お答え頂けると幸いです。
す~やん
2018年07月21日 08:19
RANBORUさん こんにちは

いろいろ大変みたいですね。無理は禁物なので、やれる時にやったほうが良いと思います。

暑いですね。お互い無理がきかなくなりつつありますのでお身体にもお気をつけ下さい。
す~やん
2018年07月21日 08:46
ワシオさん はじめまして

温度にもよりますが、孵化まで2週半〜3週かかります。ですから私の場合、♀を取り出してから3週くらい待ちます。孵化から2令まで3週以上かかるので、♀のセット期間が2週程度なら全て初令で取り出すことができます。

卵で取り出したり、2令も気にしない方もいますが、私は初令で全て投入したいので♀のセット期間も2週以上にはしません。これで答えになってますか。
ワシオ
2018年07月21日 23:32
す~やんさん 回答ありがとうございます

す~やんさんは初齢幼虫を割り出してそのまま菌糸ビンに投入してらっしゃるんですね。

初齢幼虫はストレスに弱いため2齢になるまで待ってから割出を行った方が良い、
菌糸ビンのオガは粗いため小さい初齢幼虫には食べずらく菌糸に巻かれて死んでしまう可能性があるので、初齢で割り出してしまった場合は、微粒子の菌糸カップで育成した方が良い、
等の情報を目にします。

初齢で菌糸ビンに投入した場合と、2齢で菌糸ビンに投入した場合の死亡率の差を、
す~やんさん自身体感したことはありますか?

す~やん
2018年07月22日 06:31
ワシオさん こんにちは

私は初令だから弱いと思っていません。遺伝的に弱い個体が落ちやすいのであって、そうでないなら孵化直後でも大丈夫、弱いラインは3令でも落ちますし、不全等も多い傾向があります。私も一時的にマット保管をしますが、それは傷つけた個体や極端に弱い個体がないか見るためで、それで十分だと思っています。

プリンカップは、使っていませんが、菌糸に巻かれることが理由なら微粒子も粗めも同じでしょう。粗めの方が隙間があると思いますが、プリンカップは詰めが緩いので差はないでしょう。微粒子は初令が食べ易いということで使われますが、私は持ちを重視するので積極的には使いません。

私はそういうスタンスなので、短期間のプリンカップは使いませんが、私もブリード当初はいろいろやってみました。試してご自身で判断されることをお勧めします。

この記事へのトラックバック