新成虫の管理

先日shimaさんと電話でお話をした時、新成虫の管理について聞いてみました。というのも今までshimaさんから買った♀で幼虫が採れなかったことがない、どうされてるいのかなとざっくばらんに聞いてみました。結果は私の予想と反対で、♀はエサを切らさないようにしているとのことでした。大量に飼育されているし、羽化時期もうちより遅いので、寝かせる前に少し食べさせるくらいかと想定していました。

驚いたのは羽化の翌々年にも産ませる時があり、それをするにはしっかり食べさせ続けないといけないとのことでした。う~ん...最近♀は羽化の翌年しか使ってませんでしたが、それは結果が伴わなかったからで、やり方を間違えてたか?と改めて考えさせられました。確か大昔2年続けて産ませたことがあって、その時はかなり食べさせてたように記憶しています。

食べさせても翌年産まなかった経験から、エサを減らしてみましたが、その前の食べさせ方が逆に中途半端だったかもしれません。羽化の翌々年に産ませていることから、私のように3月~4月に羽化させているケースでも使えるはず、来年は♀を分けて管理してみたいと思っています。

もう1つ気になる話がありました。冬場も余り寝かせていないそうで、1ケ月くらいと言われてました。うちだと♀は10月くらいから余り食べなくなります。部屋の温度を落としていることもありますが、9月でも食わなくなる♀がいたので温度だけではない、新成虫ははいまだによく食べますが、寝かさないというのは冬場もそれなりに温度の高い場所に置いているので、多少食べる時は食べるのか、この辺はまたの機会に聞いてみようかと思っています。

温度がそれなりだと活性が上がってしまうので、きっちり寝かした方が良いと思っていましたが、この辺も改めて考え直した方が良さそうです。余り大きく変えて結果が出ないと困るので、今年は少し緩やかに変えてみて、来年改めて見直ししたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック