来年の川西組合せ

少し早いですが、補強個体のお披露目を兼ねて来年の川西のブリード計画を発表します。組み合わせを悩むほどの個体がない、私でなくてもこれしかないという感じです。まず補強個体から。
画像

画像

サイズは87.5mm、shimaさんの89.2mm同腹です。部屋の温度が下がって活性が悪く、余り出来栄えの良い写真ではありません。大顎もそんなに長くありませんが、頭幅は30.6mmあり全体的にバランスが良く、幼虫体重からも期待してしまう種親です。川西でもshimaさんだけがここ最近サイズを伸ばしており、里子先でもでも89mmが出ているようです。うちでは86mmまででしたが、これを使って次は何とかしたいと思っています。

ということで来年は、少し血は近くなりますが、今年の羽化個体とこれを掛け合わせて、shima系75%にするラインがメインになります。よってこれには昨年の川西1-1と1-2の♀を都合5頭くらい掛けるつもりでいます。特に期待しているのは川西1-2で、自己ブリでは今いちでしたが、プロジェクトでは形状も良く、大きい個体が出ており、特に形状面で期待しています。

残りの組む合わせとしては川西1-2系で同じくプロジェクトで出た86.7mmと85.0mmを使うつもりでいます。もしかすると1-1の♂も使うかもしれません。いずれにしても、これらは血が近いので、異母兄弟同士では掛けません。次の♀を考えています。

補強で同じく89.2mm同腹の♀が2頭、あと奈良輪系の♀が3~4頭、奈良輪系は次の世代の血の入替用です。奈良輪系は事故の少ないラインを選びました。まだこれからチャンスがあれば、他からも♀を補強するかもしれません。2~3採れない♀がいたとして、8~9ラインで100頭を考えています。

再来年まではこの87.5mmを中心にラインを組むことになると思いますが、以降はまだ白紙です。今年も少しshima系以外のラインを組んでいますが、そこで良いのが取れるかどうか、数も少ないので正直厳しいです。当然他からの補強も考えますが、shimaさんだけに頼るわけにもいかないと思っています。

マツノさんの川西も、G系も血が濃くなっているので、サイズはともかく事故の少ないラインが欲しいけど、それが少ない。1発くらいインラインをやってみてもいいんですが、いずれにしても自己ブリだけでは無理なので、先々の補強をどうするかが悩みの種、少し裾野が広がってくれると選択肢も増えるんですが...

この記事へのコメント

RANBORU
2018年11月28日 19:35
こんばんは
川西いい補強出来ましたね
来年が楽しみですね
ぽわり
エビ
2018年12月01日 11:31
す~やんさん  こんにちは。

875に867、んでもって850ですか。
とうとう川西もそんな布陣に突入するんですね。
ウチではとてもそんなブリードは出来ないだけに羨ましいです。

どこかの部位が突発した個体を種親に選ぶと僕のように失敗続き(笑)
仰る通り、この875はキレイでバランスが良いですね~。
同じくウチに里子して頂いた849も。

楽しみです。
す~やん
2018年12月02日 22:32
RANBORUさん こんばんは

川西については今年ようやくそれなりの結果が出て、勢いも感じますので、来年はかなり気合が入っています。

能勢との兼ね合いがありますが、気持ち川西の数を取りたい、でも能勢を考え始めるとそうもいかないんですよね。
す~やん
2018年12月02日 22:35
エビちゃん こんばんは

怒られないように載せましたが、どうですかこの個体、川西っぽくはないですが、期待はできるでしょう。

あとは幼虫を採るだけ、でもこれがいつも不安なんですね。川西は♀もそう多くないので余り失敗できません。

この記事へのトラックバック