羽パカでした

残念ながら29.9gの蛹は、羽パカでした。内翅も伸びたまま納まりません。そんな感じには見えなかったんですけどねえ。サイズも88mmあるかないかで、大きくありません。あとは蛹堀りしてないのもあるので他の個体に期待ですが、どうでしょう。今年も89mm以上は難しそうです。

一方27gくらいの蛹で88mm届くかどうかという個体がいます。ですから29g台の蛹でであれば90mmも目指せるとは思います。問題はサイズになる形状の個体が出るかということ、27g台の蛹でも結構バラつきはあるので、29gとなると確率的にも悪くなる、まだうちでは安定して88mm以上が出る土台がないということでしょう。

それより、全般的に完品羽化が少ない感じ、無事羽化しても、少し翅がゆがんだり、ピンホールがあったり、余り良い感じがしません。毎年ラインによって酷いのもいますが、今年はどれも何等か事故がある感じです。それなりにラインは選んだつもりでしたが、なかなか当たりの種親を探すのは難しいです。

第2陣の割り出しは、良くない意味で想定通り、4ラインで30頭ちょっと、爆産も困るんですが、15頭くらい産むラインがもう少しないとなかなか頭数が揃いません。追加で組んだラインも産む気無しばかりで、黄色信号といったところ、まあ今でも計画より20頭くらい少ない感じなので、致命傷ではありませんが、なかなかすんなりはいきません。

最後保険でもう少しラインを組みますかねえ。

この記事へのコメント

RANBORU
2019年06月25日 16:40
すーやんさん
こんにちは
羽パカでしたか 残念ですね 他の蛹に期待しましょう
私の方はホペイ7月に割り出しします 何匹採れるかわかりませんが 楽しみながらやります
RANBORU
2019年06月25日 23:18
こんばんは
ホペイ割り出しました 5ペア中3ペアからしか採れませんでした なんとか20匹採れました、このまま20匹育てようと思います
友人から川西オオクワガタ1ペア頂きました
累代するかはわかりませんが
大切に飼育します
ぽわり
す~やん
2019年06月30日 21:45
RANBORUさん こんばんは

蛹見た時点では大丈夫だと思ったんですけどねえ。やっぱりそう甘くはないです。

幼虫とりあえす確保出来たようでよかったです。私はもう少し取りたいのでもうちょっと頑張ってみます。

この記事へのトラックバック