中小企業診断士の話

オオクワの交換までまだ1ケ月ほどあり、余り書くこともないので今日は私の持っている資格、中小企業診断士について書きたいと思います。というのも今朝からとある居酒屋の経営診断を行うために外出、これから毎週土日の内1日が、それで潰れてしまいます。やらないといけない事情があり、その辺も含めてお話します。元々脱サラしようかと思って取った資格ですが、最近はとりあえず定年までこのままの予定、でも私の周りでは若い人から同年代まで独立した人も増つつあり、参考になれば良いかなと。興味のない方はスルーして下さい。

この資格、昔は何その資格?という感じでしたが、最近は人気の資格の1つです。世に経営コンサルを名乗る方はいくらでもいますが、実は国家資格と言えるのは中小企業診断士だけです。ただ、残念ながら経営コンサルは誰でも名乗れます。弁護士や税理と違って独占業務がほとんどありません。この辺が目立ちにくいところですが、AIが発達してくると今後淘汰される資格が出てくるでしょう。人間系の仕事なのでそういう面での強みはあります。

資格の難易度ですが、それなりに難しいです。合格率が1次試験で25~30%、2次試験では20%を少し切ります。よって合格率は10%に満たず、それなりに難しい資格です。仕事を持っていると2年で取るのは難しい、専門学校に行くなど、それなりに時間をかけることが必要です。ちなみに私は学校もいかずダラダラやってたので7年ほどかかりました。ちなみにお金と時間があれば、資格を直接取ることのできる学校もあります。

面倒なのは試験だけでなく登録には実務補修が3回必要なことです。要するに実戦経験ですね。4~5人で1回1社を6日かかて診断します。資格取得後も5年に1回更新があります。その時30日以上の診断実績と5回の理論政策研修を受講しておく必要があります。この資格を取っても企業で働き続ける人も多く、診断する機会のない方にはそういう機会を協会が提供しています。これを実務従事と言います。

皆様が興味のあるところで、どれくらい儲かるかですが、はっきり言ってピンキリです。いろんなやり方があります。セミナー講師中心の人もいれば、地道に顧問先を作っている人、副業を持ちながらやっている人、補助金等の大型案件をやっている人、役所の仕事をやっている人、まあ、人脈を作っていけば単価の安い仕事はそれなりにあります。ただ副業無しで1からだと、軌道に乗るまで早い人でも2~3年はかかるでしょう。数百万ならかなりの人が稼いでいると思いますが、1千万となると単価の高い仕事がいる、かなりハードルは高いと考えて下さい。

今回の仕事について詳しいことは言えませんが、やっぱり資格を取って何もしてないと忘れてしまうし、定年後のために経験を積む時期にもなってきたので、親しい先輩から話を貰って受けました。オオクワの繁忙期は辛いので、やるならこの時期ということです。独立時期は未定ですが、独立したらもう少し詳しく書きます。

品川オフ2019

品川オフ会行ってきました。今回は大人しく、2次会で皆さんもお開きになったようで、私も電車のある時間に帰ることができました。でも、山の手線で座ってしまって乗り過ごし、更にスマホを車内に忘れる失態をやってしまいました。幸い保護されていて、本日無事に回収しましたが、出てこないと今や財布よりショックがでかいです。

今回は45名ほどいて、まともにお話できたのは10名くらい、話をしようと思ってたのに出来なった人が何人もいました。人気の人は誰かとしゃべってますからね。2次会も席を動かなかったので、しゃべっていたのは2人だけ、もうちょっと動くべきでした。写真も撮らず、あれっ?余り書くことがないです。

ブリードを始めた頃はどういう管理をされているとか、まあいろいろこちらも、相手もそういうネタが多かったんですが、ブリード情報の共有化が進んだ所為か、どうでもいい会話が増えているような、まあ会社と違って気楽に飲めます。

種親選びとかは毎度話のネタにはなりますが、多少の選択基準の違いはあっても、見ているところは余り変わらない気がします。ただ数のバックボーンが大きい、TOPブリーダーは、不全や形状も見ますが、先の組み合わせを考える、私の場合ライン数が少ないので選択肢が限られる。それを何とかしようとすると確かに500は越えますね。

早期羽化も私は今年やっていませんが、30度以上でないとやはり無理、各ラインの♀が少ない私では、★を避けようとなかなか思い切ってやれない、こういうところにも差は感じます。

まあ今更数を増やすつもりはないので、今のまま極力長くオフ会も含めてやっていきたいと思っています。

ライン紹介と交換1回目(能勢)

次の週末は品川オフ会で、いつもチョネさんに全部仕切って貰ってます。メンバーもだいふ様変わりしているようで、初めてお会いするのは楽しみですが、会えなくなるのも寂しい、長年続いている人もいますが、限られますね。とはいえ私もあと何年続けられるか、定年になっても続ける気は満々ですが、それでもあと10年は難しかな、怖いのは病気、整理に最低1年はかかるので家族に迷惑をかけるのもほどほどにしませんとね。

さて、先週に続き、今年の能勢ですが、♂で4系統、一昨年羽化した88.4mmと、昨年羽化した2番の87mm、3-1番の87.7mm、3-2番の87.8mmを使っています。事故の少ないラインで大きくなったのを使うようにしていますが、これが必ずしも当たるとは限らない、そのラインの2番目というのも使ってみたいところですが、そんなにライン数は作れないし、各♂2♀以上はつけたいので、なかなかそういうわけにはいきません。

1番系は昨年も3ラインやって、結果は微妙、それなりに大きくなり、88mmも出ましたが、事故も少し出てます。ただこの辺は♀の問題もあるし、88mmはこれしかないので再チャレンジ、今回は他の種♂と同じラインを掛けました。1本目は今いちでしたが、それなりに体重が乗ってくれると見ています。オアシス♂も多いですからね。

2番系は、87.7mm同腹の♀と、余り目立たなかった一昨年1-1番の♀、これは他の♀でこけて追加したわけですが、この2-2番の方が良さげな感じがします。

3番系は、4ラインありますが、数が採れてません。比較的ましそうなのは87.0mm同腹♀を掛けた、3-2番でしょうか。まあ、この辺は2本目というより、羽化してみないとわかりません。

4番系も数が採れませんでしたが、shimaさんの89mm同腹を掛けた4-1ラインがどうでるかでしょうか。いずれにしてもちょっと数が足りない、来年はプロジェクトもないので180頭はやりたいと思っています。

ライン紹介と交換1回目(川西)

土日は、急にかみさんが旅行に行きたいと言い出し、水曜日に予約をとって、久々に奥多摩まで1泊旅行に行ってきました。まだ紅葉にはちょっと早いし、特にどこを散策するのでもなく、土曜日お昼は武蔵五日市でお蕎麦、そこからバスで宿屋に直行、ゆっくりしてました。まだ紅葉には早い所為か、今年の大雨の影響か、宿泊は少なかったです。登山者やツーリングのバイクは多かったですけどね。

交換は終了しています。2つほど見つからない個体がありましたが、とりあえず整理は終わりました。エビちゃんからライン紹介もないとお叱りを受けたので、2週に分けてライン紹介と1回目の交換のついての感想を書きます。

まずは川西ですが、♂は3頭使いました。1番系はshimaさんの89。2mm同腹の87.5mmです。たまには写真を載せておきます。
IMG_1182.JPG
IMG_1178.JPG
今年の補強個体で、これに2♀、この♀はBE-KUWAプロジェクトで川西最大個体の出たラインの♀と掛けています。どちらも35UPが出ていますが、1-2番が良い感じ、6頭しかとれなかったのは残念です。1-1番はちょっと弱いかな、でも2本目それなりに乗せてくると見ています。

2番系は、BE-KUWAプロジェクトで川西最大個体86,7mmのライン、で1♀が、89mm同腹の♀、あとは残念ながら数がとれませんでした。89mm系以外で採りたかったんですが、似たような組み合わせばかりなので来年度補強を考える必要があります。

3番ラインは、これも867同腹ですが、残念ながらこれはハズレライン、やっぱり美形はハズレが多いと思わせる結果でした。他にもいろいろ♀は掛けたんですけどね。採れなかったということです。

それぞれ35UPは出ているし、オアシスは相変わらず2本目見ての判断ですが、体重もそれなりに乗せてくるでしょう。交換の結果より補強の必要性を強く感じた川西でした。