オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨シーズンの飼育方法を振り返り

<<   作成日時 : 2015/08/05 21:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

掘り出しも終わったので昨シーズンの飼育方法を少し振り返ってみます。まず菌糸瓶についてですが、一昨年と違ってハズレというのはなく、安定していたと思います。一昨年までは、大きくなったら2本目、最終瓶でオアシスに変えたりしていましたが、昨シーズンはある程度同じメーカーを通しで使いました。ただ、同じメーカーでも1本目より2本目以降は添加剤の少ないタイプは使っています。

菌糸瓶の問題より、うちのラインに問題があったとは思いますが、結果として暴れや不全も多く、菌糸瓶が合ってなかった感じはします。強い添加剤で大きくなったのを使い、慣らせばとは聞きますが、いくら太っても添加剤で外骨格が変わるわけではないでしょう。川西は幼虫で太っただけでは大きくならない、能勢のように外骨格が進化した血統なら言えることですが、分けて考えるべき問題だと思っています。

いずれにしても菌糸瓶は何世代か使わないと何とも言えません。今年は数が少なくてPITは使えませんでした。神長さんと三階松さんはまだ今シーズンで3年目、個人的には添加剤の強いのは余り好きではありませんが、もう少し見る必要があると思っています。

温度に関しては、昨シーズン大きく変えたのは最終瓶のみ、昨シーズンは♂の最終瓶の温度を投入直後から15度くらいに下げVIP系は冬期間を長めにとりました。少し能勢の蛹体重が乗っていない感じはしましたが、これが温度によるものか、遺伝によるものかは判断が難しいです。事故が多かったことを考えると温度だけとも言えない、期間や菌床の相性、いろいろ考えられるので、今年も最低温度は大きく変えず、温度の傾斜を変えて、更にデータを取って判断したいと思います。

湿度管理は、結露もかなり抑えられたので、そこは成果と考えていますが、オアシスには合っていたとしても、他の菌糸瓶に合っていたのかちょっと疑問があります。水分の多い、少ないで扱いを変える必要があったかも、特に最終瓶は最初から温度を押さえたことで前半は良かったんですが、温度を上げてから一気に状態が悪くなった感じがします。まだアイデアらしいアイデアはありませんが、オアシスのガラス瓶に自詰めすることも考えています。

今年は、1本目2本目の交換を極力遅らせ、最終瓶の期間を短くしたいと思っています。そのために2本目は暴れ対策として交換後2ケ月半〜3ケ月で思い切って20度くらいに温度を落とそうかと...当然キノコは覚悟していますが、それより怖いのは雑菌の繁殖、キノコ菌が弱いと相対的に雑菌が増える?この辺はまだよく分かっていませんが、いろいろ試したいと思っています。

一方でこれで最終瓶の期間を短くするなら、余り温度を下げないという選択股もあります。2本目をどれくらい引っ張れるかにもよりますが、うちは虫家なわけですから、全部一律ではなく、試すことも考えています。

こういうことを考えるのもブリードの1つの楽しみですが、真因を見極めるのは簡単ではなく、1シーズンの結果だけを見て判断するのは避けたいところです。大きくやり方を変え過ぎても見えなくなるので、どこにポイントを置くか、そこが重要だと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
うちは今年は幼虫が思ってたより
取れたので テストで常温飼育組を作りました
現在常温飼育中です どのくらい温度管理された個体と変わるのか
楽しみにしてます!!色々試さないと、つまらなくなると思って、やりましたよ


三四郎
2015/08/05 22:17
色々と工夫が必要なんですね
勉強になりました
初心者
2015/08/06 13:18
菌糸メーカーによって、水分量が異なるので、どの銘柄に合わせて管理するのかも悩みどころです。

個人的には培地の粒子の大きさにも影響されるのかと想像していますので、今シーズンは最終ボトルで検証する予定です(^^)

>大きくやり方を変え過ぎても見えなくなるので、どこにポイントを置くか、そこが重要だと思っています。

変化点が多くなると、何が効果的であったのかの評価ができなくなりますよね。
でも、試したい事が沢山あるんですよね^^;
桑名鷹
2015/08/06 19:40
すーやんさん
こんばんわ
うちも今年は山梨産が体質が弱くて、駄目なので、山梨産は打ち切りにしました 変わって佐賀産を飼育しましたよ
佐賀美形個体目指して頑張ります
三四郎
2015/08/08 19:48
オアシスの詰め替え・・・斬新かつ挑戦的ですねぇ〜〜〜

面倒でしょうけど、期待しちゃいます!!!

是非チャレンジを!!
レル
2015/08/09 10:12
三四郎さん こんばんは

いろいろ試してみて下さい。私の家だと夏は外より暑いので常温は無理です。床下とかあれば良いんですが...

最近川西のF1とかF2も種親にしていますが、既存の血統より弱い感じで結果が出ていません。飼育者が多くないと厳しいものがあります。
す〜やん
2015/08/10 21:50
初心者さん こんばんは

一般的な飼育方法で結果は出てくると思いますが、もっと良い方法がないかといろいろやってしまいます。

温度と期間は劣化との兼ね合いですね。湿度管理はそれぞれ環境もありますので工夫のしようはあると思います。
す〜やん
2015/08/10 21:53
こんばんは

菌糸瓶は既製品なので余り培地は選べませんが、オガが大きすぎるのも躊躇します。菌の強いのが好きですね。

私もやりたいことはいくつもありますが、菌糸瓶は長く使わないとわからないし、なかなか変えるところまでいってません。
す〜やん
2015/08/10 21:57
レルさん こんばんは

オアシスの詰め替えじゃないです。オアシスのガラス瓶に神長さんか三階松さんをブロックから詰めようかと思っています。

逆にちょっと水分足そうかしら。
す〜やん
2015/08/10 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨シーズンの飼育方法を振り返り オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる