オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS BE−KUWA58号

<<   作成日時 : 2016/01/28 12:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

BE−KUWA58号はざっと読みました。今回は南米のカブトムシ特集、余り見るところはないのかなと思いましたが、ヘラの座談会はそれなりに楽しめました。

総論から言えば、マットと菌糸瓶の違いはあっても、ブリーダーの考えることは余り変わらないなというのが私の感想です。血統の重要性しかり、組合せの考え方しかり、温度管理も似たようなところがありますね。

参考になったのは、1♀2♂の検証結果、レッドアイで試したら、後♂交尾後は全て後♂の幼虫だったそうです。これがオオクワでも証明できればリカバリーに使えます。私もホワイトアイをやっているので検証は可能ですが、仮に証明出来たとしても、1♂で採れたとして、2♂目の♂の交尾が成功したかはなかなか証明できない、自分のラインではちょっとやれないかな。

それにしてもヘラであれだけの数をやるのは驚きました。2年かかるとして単純にその倍の数が常時いる計算になります。グループ、業者さんでもスペースを考えるとそうそう出来ることではありません。マットの量が半端ないですね。オオクワのTOPブリーダーの数が突出していると思っていましたが、ヘラブリーダーの思い入れの強さを感じました。

南米カブト特集はヘラ系、ネプチューン、サタン、ゾウの一部はわかりますが。あとはわかりません。膨大な数がいるそうですが、今の紙面では難しいということがよくわかりました。ヘラ血統の紹介記事も歴史を感じて面白かったです。

あとは余り印象に残った記事はないです。自分飼育種と違っても、楽しめる記事はありますが、私の中では実体験に基づく失敗談や重みのある経験談、初心者の皆さんは一般的な飼育方法の記事も求められるかと思いますが、そいう話でも、自分なりの工夫や拘りそういう記事が好きですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
カブトムシはやってましたが ヘラクレスは手を出さなかったですね 場所を取るのが、難点ですね
羽化ズレもあるしまあ一番の理由は、格好いいと思わないですが コーカサス、アトラスは大好きですけど!!
ヒロ♂
2016/01/28 22:13
今晩は
ヘラクレスブリーダーは、昔から熱いですよね 最近は胸角の極太系が人気見たいですけど 私はヘラクレスは、場所がなく、飼育できませんが ヘラクレスもなかなか良い系統探すのは難しく感じますね
インラインは無理見たいですしね ペアリングに悩みそうですね
三四郎
2016/01/28 22:21
こんにちは
とうとう、幼虫の菌糸瓶まで、物置小屋に移動命令が、妻や子供から、出され 移動しました これで完全に大型狙いは無理になりました 残念 凹みました(T-T)
ヒロ♂
2016/01/31 11:20
ヒロ♂さん こんにちは

大型カブトは場所が最大の問題ですね。それとマット、コバエや線虫など管理も大変だと思います。

物置って温度管理ができないということですよね。子供を味方につけることも無理ですか?諦めずに交渉してみて下さい。
す〜やん
2016/01/31 15:15
三四郎さん こんにちは

ヘラブリーダーはちょっと違うとは思いましたが、やる人は飼育数が半端ない、場所も含めてオオクワの3倍は大変かと思います。

数がないと次ブリードに繋がらないは同じですが、覚悟が違うように思いました。
す〜やん
2016/01/31 15:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
BE−KUWA58号 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる