アクセスカウンタ

<<  2016年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


良いお年を

2016/12/31 00:37
最終週も何かとバタバタしておりました。結局月、火、木と飲み、木は納会でしたが、マニュアル作成が遅れ気味、休出を避けるべく一人せこせこ残業していました。プロジェクトルームの顔出しするつもりだったんですが、結局出来ずじまいでした。年賀状もUSBが見つからず、住所を入力し直しました。ホント今年はバタバタで始まり、バタバタで終わった1年でした。

明日大阪に帰って、翌正月は名古屋で墓参りと会食、で夜は大学の友人と大阪に戻って飲み会、翌朝帰ってくる予定です。これもハードなので、今日明日はお酒を抜きます。とはいえ今日は貴重な独身、ゴルフの練習納めにも行ってきました。飲み過ぎで身体が張っていた割には、まずまずでした。来年は2月、3月とコースに行く予定が入ったので頑張ります。

クワの方も今年はバタバタでした。毎度のことですが、採卵に苦労しましたねえ。羽化結果も今いちでしたが、一方品川オフやプロジェクトは励みになりました。やっぱりワイワイやれるのはいくつになってもいいもんです。年明けの交換は自分のより楽しみです。まあうちで40UPはそうそう出ないと思いますが、数はそれなりにいるので楽しめるでしょう。

ということで来年も楽しみはありますが、仕事の方は引き続きバタバタしそうです。まっ、忙しいうちが花、私も定年までそう長くないし、もうひと踏ん張り頑張ります。

では、皆さまお元気で、良い年をお迎えください。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


♀はそろそろ温度を上げます

2016/12/25 23:02
今年ももう少しですね。うちは年末の大掃除も結構適当なので、余り負担はありません。家には所狭しといろんなものが置いてあるので、家内も諦めています。それに明後日には家内と子供が実家に帰ってしまうので、あとは自分で身の回りを整理するくらい、掃除機くらいですね。

さて、クワの方も今年は交換が年明けなので特にやることがなく、今日も状況をチェックしたくらいです。今年は♀の暴れがほとんどない(♂は片手くらい暴れていますが)、良い感じに来ています。

で、そろそろ温度を上げようか、年明けにしようか少し迷っています。私は2〜3度上げては1度下げ、これを2〜3日周期でやるので、MAX温度までもっていくには少し時間をかけます。

なんでこんなことをやっているかというと、多少季節感を持たせた方がいいかなと思っているからです。一気に温度を上げると、もう上げようがないじゃないですか。春先は三寒四温、暖かくなったり、寒くなったりが自然界なので、本当はもっとゆっくりやりたいんですが、3〜4月羽化させて虫家を空けないといけないのでそうもいかないし、そもそも冬温度も高めですからね。

これが3月以降に温度を上げるなら、一気に温度を上げるのも方法ですが、1月だと、まだ投入から半年経っていないわけで毎年スイッチのかかりが悪い、投入から半年経っていないわけで、この辺が影響していると思っています。

MAX温度は例年27〜8度ですが、今年は30度というのも短期間ですが、やります。今年早期羽化をMAX31度でやってみて★が1つなので、やっぱりオオクワは強いなと思いました。短期であれば30度も大丈夫でしょう。そこから逆算すると、やっぱり今日からかな。

20度で3日、22度で3日、正月明けから21度→24度→23度→25度→24度→27度→26度→28度こんな感じで1月中旬にはMAX温度まで持っていく予定です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


早期羽化の状況

2016/12/18 23:37
忘年会シーズンとはいえ、先週も3回ほど飲んでしまい、余り体調が良くない中、土曜日もゴルフの練習に行ってきました。以前はそんな体調だと全然ダメだしたが、最近はそうでもないです。少し身体を柔らかく使えるようになった感じで、だいぶ力みを抑えられるようになりました。ただ、ダウンスイングの途中までで、まだインパクトからフィニッシュにかけて軸がぶれる、でももう少しかなと思っています。

この数か月でまたスイングが変わりました。もう1年前どんなスイングをしていたか覚えていません。昔は力任せ、確率は悪かったんですが、当たればそれなりに飛んでいた。今は思うと何で飛んでいたのかという感じ、まあ、それが見えてきたということは進歩はしているんでしょう。

さて、クワの交換はもう少し先ですが、早期羽化狙いの個体群をチェックしたところ、★が1、あと川西はダメですねえ。スイッチの入ってないのが少し暴れていました。今年は31度くらいの設定したんですが、やはり個体への負担が大きい、それでいて早期羽化しにくい川西はやっぱり難しい、時期的にも年内は羽化は難しく、ペアリングは少し遅らせる必要がありそうです。

早期羽化の有用性については今更議論の余地はありませんが、最大のメリットは卵子が新鮮なこと、その気にさえなってくれれば、卵もしっかり産んでくれます。ただ素質については兄弟♂の羽化を見てみないとわからないので、多少冒険はありますね。不全が多いとか、早期羽化に成功しても使わない時もあります。

♂の方は最近になって22度台にしました。本当はもう早く落としたいところでしたが、今年は投入も遅れたので、11月までは私にしては少し高めにしました。暴れは多少出ていますが、見た感じ2〜3本、例年より少ないか?大きくなるかは別にして今のところ管理面は問題なさそうです。

今年もあと2週間、もう2仕事くらいありますが、正月はゆっくり休みたいですね。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9


今年最後のクワ作業かな

2016/12/11 21:50
うちの加湿器は良い感じで動いていますが、このところの乾燥で水の減りが速いです。タンクは3.6Lですが、丸1日もたないですねえ。設定を落とせばもう少しもつとは思いますが、人にとっても40%台後半は欲しいところいない時は多少落として調整します。しかし、給水は面倒、3.6L持ち運びは続けるには少々辛いです。

さて、クワ作業が少し残っているのを思い出し、掃除も兼ねて片付けました。残っていたのは段ボール等の廃棄と虫家の組み立て、かれこれ6〜7年使ったのが壊れたので本体は買っておきましたが、組立てはまだでした。1月の交換時には必要なのでやるなら今かと。筐体を全部自分で作ると丸1日かかるので、今回はライトを購入+断熱材1枚これで76×44の天板と底板だけ作れば、容積が25%増えます。

あとは両面テープとアルミテープで接着、面倒なのは採寸と切断だけです。作業的には2〜3時間で終わりました。ライトとの値差は8400円、完全に自作する場合は、断熱材は+1枚、ライトはアルミテープも付いていますが、それも買わないといけない、作業工数が3〜4時間浮くなら安いもんです。

これだけでL瓶が25%多めに入ります。2段でもMAX21本、3段はやらないようにしていますが、PPなら可能です。結構この差は大きいです。販売中止になったTFは高さがない、よってこれは♀用に使っています。

170Lサイズを1回作ったことがあります。流石に温度の安定性に欠けますが、今年はこれに♀を45本入れています。これは私にとって大きいです。このように自作筐体だとある程度ご自宅の状況に合わせて横長にしたり、奥行をとったりできるので個人的にはお勧めです。機械が壊れても予め予備を準備しておくことも出来ます。

まあ最近ユニットは壊れにくくなっているし、交換用に1台は空けるようにしているので、最近は私も予備は買っていません。ただ、生産中止の時は予備機何台買わないといけないのか?それが少し心配です。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


湿度管理は難しい

2016/12/04 14:24
オオクワの越冬準備を終え、少し楽が出来るかと思いきや、昨日は休出、明日から名古屋出張です。正月明けリリースの新システム立ち上げを控えているのにあれやこれやと依頼がくる、状況を整理しようとせず、大変なので何とかしてくれ、考えていないので提案しても結論が出せない、堂々巡りで先に話が進みません。

出張の内容は営業アシスタントの教育、うちの業務は取引先に合わせないといけなのでそれなりに難しいです。その所為か支店によっては人の入れ替わりが激しく現場が混乱します。業務が難しくなるのに考えずに客の要求を受けてしまう、その後の対策も考えない営業がいるところでそういう問題が起こっているように見えます。言うと怒るだろうな。でも飲んだ席でちょろっと言ってみますかねえ。

さて、我が家でも空気清浄機を導入しました。最近は加湿機能付きが主流、簡易気化式なので補助的かと思いましたが、湿度46%の状態で加湿を強にすると10%くらい上がりました(ただ標準加湿だと湿度は変わりません).中型のモデルなので何とか使える感じ、プロジェクトルームの湿度が上がらないのはパワー不足かもしれません。

問題の埃、PM2.5は、床の埃を跳ね上げるようなことをすると、赤ランプがつきますが、すぐにグリーンに、部屋に埃が溜まっていても静かにしていればグリーンなんで、やっぱり小まめに掃除するのが基本なんでしょう。

もう1つ予想外に良かったのはサキュレータ機能、結構な風量です。先日買った扇風機使用中止にするかも?機種はダイキンのMCK70S水タンクが大きめの3.6Lタイプを選びました。標準加湿なら1日以上持ちますね。
画像

画像

不思議なのは標準加湿で1日3L使って、何で湿度が余り上がらないんでしょう。考えるに外気の流入が大きいんだと思います。プロジェクトルームの湿度も雨の日と乾燥した日の違いは明らかです。それでいて室温を上げた影響は大きい。湿度管理はなかなか難しいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


<<  2016年12月のブログ記事  >> 

トップへ

オオクワおっさんの星 2016年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる