オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 暴れの傾向

<<   作成日時 : 2017/04/13 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ペアリングは粛々と進めています。今のところ怪しい交尾だなというのはなく、♂♀共に活発に動いているので3日は最低かけますが、こういう状況なら余り心配はないかと思っています。ただ、交尾が成立していても生むかどうかは別の話、この2年失敗続きだったので、ここにきてもう少し予備を準備しておくべきだったかとちょっと弱気モードです。

さて、羽化の方は♂はまだまだこれからです。早いものでも3月頭から温度を上げたので、それらはようやく温度を下げたところ、蛹もこれからですね。遅い方は3月下旬から温度を上げていますので、こちらは蛹になるのは早くてもGW明けくらいでしょう。

暴れについてはこのところの傾向として少ない印象です。実は1月から上げている♀はそれなりに暴れています。ただ昨年もそうですが、♂は♀に比べてかなり少なかったです。3月下旬から温度を上げた分は、まだこれからですけどね。

♀の暴れが多い原因の1つは、熟成期間の短さにあると思っています。その前に2ケ月温度は下げていますが、1月から上げているので四季にも合っていませんしね。スイッチが入りにくくて高温、2本返しで劣化も進みますから、暴れが出るのは致し方なしと思っています。

暴れの原因はいくつか考えられますが、最も困るのが遺伝的な問題、中には蛹室も満足に作れない個体もあると思っていて、種親選択時は極力暴れの個体は避けてきました(暴れの多いラインも)。そういうことの積み重ねが少し改善に繫がっている気はします。逆に今年♀で暴れても♂に問題がなければ、遺伝的な問題ではないと考えてもいいかなと思っています。

あと自身で改善した点としてはクイックルワイパー、かなり保湿の状態は良くなっていますので、そこもプラスにはなっていると思っています。ということは、これまで私の管理のまずさでかなり暴れさせていたかもしれません。

大きくなった幼虫の暴れは誰しも嫌なもんですが、多分不全になるような個体は暴れ以前の問題かと、暴れると小さくなる印象は私もありますが、暴れなくても小さい個体は出ます。そういうのは体重が乗っても水ぶくれもあり、小さくなった原因の全てが暴れではなく、栄養を吸収できない問題のある個体、こういうのは弱いので、弱い個体が暴れてしまった、それで小さくなったと考えてしまうことも多いのではないかと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
いよいよ今期のブリード季節ですね♪
我が家は、GW明け位にペアリング開始します 平年より少し遅らせていきます。スマトラオオヒラタだけ、既に産卵セット中ッリですね wildなんで持ち腹なんです♪ 楽しみな時期になって来ました((o(^∇^)o))
RANBORU
2017/04/16 21:03
RANBORUさん こんばんは

ペアリングはとりあえず事故なく終わってくれればいいです。問題はその後ですね。毎年全然かじらないのがいます。

6月になれば本命が羽化してくるので楽しみはそれからで、まだ不安半分です。
す〜やん
2017/04/19 18:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
暴れの傾向 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる