オオクワおっさんの星

アクセスカウンタ

zoom RSS 幼虫管理表更新

<<   作成日時 : 2017/07/17 22:36   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

まだ数頭羽化していないのがいますが、ひと通り計測も終えましたので幼虫管理表を更新しました。あれから大きいのは出ていません。というよりあとは全然ダメですね。他に85mmが3頭、たまたまの88mmに救われていますが、ブリードとしては失敗の印象が強いです。幼虫時35UPしている個体が予想以上に小さいですね。種が悪かったといえばそれまでですが、ちょっと血の入れ替えを考えないといけなさそうです。

また、今年は不全や幼虫・蛹で★になった個体が多めです。まだ羽化していないのもほとんどダメだと思うので、2割を超えるでしょう。必ずしも大きい幼虫で事故が多かったわけではなく、小さい個体でもかなり出ている。この辺は遺伝的に良くなかったんでしょう。

今年は最後の温度も例年より高めにしました。結構27度設定の期間は長かったです。最後も26度設定だったのですが、私の中では温度による事故はほとんどなかったと見ています。早期羽化でもっとひどいことやってもそうそう★はない、やっぱりオオクワは本質的にかなり丈夫だと思うんですね。これくらいで事故が起こるのは、そもそも弱いから、事故ラインの偏りからもそれは言えると思います。

ただ、事故が無かったラインが良いラインかというと、小さければ意味がないし、劣性遺伝だとたまたま症状が出なかっただけで、次世代でそれが表面化する可能性はあります。この辺はブリードの難しいところです。

元々前蛹、蛹期は温度を低めにしていました。特に前蛹期低めの方が形状、サイズにプラスになるという説を鵜呑みにしてやっていましたが、10年やっても効果は感じられません。26〜7度でもほとんど違いはなく、むしろ低過ぎる方が良くない結果が出ています。蛹期の温度は更に関係ないですね。蛹で掘るとほぼ不全はわかりますので、産地にもよりますが、関東以西なら27度までなら問題はないと見ています。

今回の特徴としてもう1つ考えないといけないのは♀の大型化、55mmですらほとんど出したことがないのに、今年は57〜8mmが7頭もいる。♀の体重が乗り過ぎたので、♂と間違えたのも結構いました。♀最大体重は25.7gこれは結局不全でしたが、ここまで行くと病気だと思います。

幼虫体重が乗らなくてサイズが出るのはウェルカムですが、今の時代でも20gまででしょう。それ以上にならないように組み合わせを考える必要があると思っています。川西は選択肢が限られるので、そうもいきませんけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
メスの大型化は確かにすごいものがありますね。

うちでは何故か、メスはまわりに比べて小さかったのですが、昨年菌糸の問題で2本返しをしたにもかかわらず、大型連発となりました。

単純に血の濃さが影響しているとしたら、その組み合わせでもメスだけでなく・・・オスもデカくなってくれないかなぁ?って思っちゃいます(^^;

メスの大型化・・・悪いことではなく、良い傾向だと願いたいものです。。

今年も大きいのが多いですね。


sendo
2017/07/19 10:45
こんにちは
暑いですね
ずいぶん大きな♀が誕生したのですね ♀レコードにはならないかなあ?
では暑いさに負けず頑張って下さい!
RANBORU
2017/07/20 12:20
sendoさん こんばんは

私も2本返しが多いにもかかわらず、大きくなってしまいました。早期羽化で55mmとか流石に大丈夫かと思ってしまいます。

♂が大きいラインならいいんですけど、川西なんて82〜3で57〜8とかでますから、逆だったらいいんですけどね。
す〜やん
2017/07/23 21:23
RANBORUさん こんばんは

うちなんか可愛いもんです。ギネスはある意味♂より進んでいます。

年々身体にカタがきている感じですが、外は会社の行き帰りと、週1程度の外出くらいなので何とか今年も乗り切れそうです。
す〜やん
2017/07/23 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
幼虫管理表更新 オオクワおっさんの星/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる