ようやく落ち着きました

特に出かける予定はなかったんですが、ずるずるやっているわけにもいかないので連休初日に新成虫の整理を終え、連休2日目に今シーズンの投入を終えました。残りで片付けとエサやりです。

割出投入については、予想していた中では多い方、最後の3セットで50近くになり、結局200頭を超えてしまいました。YGが里子をいれると9ライン105頭、川西は8ライン98頭、YGは採りたかった早期羽化♀から採れたのでこれは楽しみですが、川西はちょっと余計でした。880と875から採れなかったので今年のような大きいのは出ないと思います。この数は来年採りたかったですね。

まあ、今年は川西の種無しが計算外でしたが、あとは順調産まない♀もほとんどなくて、種無しは予測できないところもあるので、管理面では上出来だったと思います。スケジュール的には、少し遅い方ですが、来年も同じような感じでいきたいと思います。だいたい第一陣を6月中旬、第二陣を7月中旬~下旬ですね。例年そうですが、やはり虫家を空けるには6月中旬では難しいです。第一陣で100、第二陣で残りという形が合ってます。

新成虫の整理もつきましたので幼虫管理表もアップしました(上手く更新されない方は何度か更新ボタンを押してみて下さい)。こう見るとやっぱり偏ってますね。川西は1-1、1-2に尽きます。YGは普通に見れば2-2ラインが良い、あとましなのは1-1、1-2ラインでしょうか。逆に言えばそれ以外に余り使えそうなラインがありません。

川西の1-1と1-2は♀も姉妹なので試しに1~2ライン組むかという感じで、補強必須です。とりあえずShimaさんにはお願いしてありますが、あとはどうするかなあ。YGは1と2の組み合わせは可能ですが、それだけだとその次やっぱり補強が必要になるので、こちらも少しあたってみます。

来週でひと通り完了

今会社の方は、時差出勤していて在宅勤務は無し、5時半前には家に帰っているのでクワ作業の時間も少しとれます。ただ出張には行けません。3月から出張自粛で、ようやく5月に感染者が減って、7月から予定を立てていましたが、東京の感染者が200名を超えたのでまた中止、政府は緊急事態宣言を出したくないようですが、感染者が減るような対策もないので、良くても今の患者数は続くと見ざるを得ませんね。

旅行も行けないし、ゴルフもコースは越県になるので控えています。まあ、夏コースに行ける体力はありませんけどね。少し外食はしますが、家族か少人数です。いつも夏休みは予定らしい予定もないですが、行けないとなると逆に行きたくなる。感染が落ち着いたらですが、どうも今のままだと夏休みで更に感染が広がる?9月はとんでもないことになるかもしれません。

帰りが早いので割り出しも掘り出しも平日ある程度時間が取れます。自ブリの掘り出しと計測もほぼ完了。結局90UP以外は88で2頭(川西)、87だと完品レベルで5頭(川西1頭、能勢4頭)ですね。幼虫管理表はまだチェックが終わってないので次回アップします。

割り出しの方は予想通り順調でトータル飼育数は200近くになるかも、早期羽化のYGが採れても1♀と思って、川西を余分に仕込み過ぎました。170~80を考えてましたので1~2ライン止めておけばという感じです。川西も100近くになりそうですが、875も880も採れなかったので陣容としては弱い、来年は数があっても88は難しいだろうと見ています。

まだ最後の割り出し3ラインとプロジェクトの方の掘り出しが残っていますが、4連休で片付けるつもりでいます。これでブリードの方は落ち着きますが、あとは置き場所ですね。今年はイベント中止で、いつもの引き取り先がありません。少し売りますか。でも種親クラスを除くとそんなに良いのはないんですよね。

祝川西90UP&ブリード15周年(ブログ開設13周年)

まずは90UPのお披露目からです。3年ぶりの自己ギネス更新、2mmUPしたのは嬉しいですが、ちょっと時間がかかり過ぎです。ちなみに他は88mmまでです。川西はブリード数も少ないし、まあ、種親に恵まれたのと運につきますね。

川西1-1ライン№3
06/15 投入(GT555)
10/13 35.0g(866+T)
01/11 45.7g(866+T)
蛹体重   32.1g(露天掘り)
06/16 羽化 体長90.4mm 頭幅31.3mm
川西904.JPG
ロングジョウのデジタルノギスが欲しかったのですが、ちょっとお高いので保留、クワノギスでないと測りづらいのでそれで計測しましたが、一応狂ってないかは確認しています。
IMG_1291.JPG
大きさが伝わりにくいと思いますが、ぱっと見でも全然違います。85mmと並べてみるとこんな感じです。
IMG_1299.JPG
川西にしては、大顎が長めに出てくれました。同腹で短いのも出ており、そういう個体は1mm以上違ってきます。無事羽化だけでなく、川西の場合こういう運も必要です。

よく見ればわかりますが、残念ながら上翅に水膨れのような箇所があります。たまに遺伝的にそういうのが表れるケースがあり、これが87mm以下だと使いませんが、これを使わないわけにはいかない、幸い次点の88.7mmは、幼虫体重37.5gで形も良い、両方使って良い方を残していければと思っています。

shimaさんの川西血統は幼虫体重の割にサイズが乗る方ですが、うちは幼虫体重が乗って、蛹も大きくないとサイズにならない感じ、この個体shimさん血統75%なんですけどねえ。このラインは平均的に体重が乗り、不全もそれなりに出ていますが、大きい蛹でもある程度の確率で完品羽化が見込めるように見えました。ギネスを狙うとなると幼虫45g以上で、蛹体重33~4gという感じでしょうか。

ついでで恐縮ですが、一応ブログ13周年です。よくよく考えてみるとブリードの世界に入って今年で15年、こちらの方がキリがいいですね。ブログ開設の1年後に初めて川西産で80UP、そこから12年で90UP、その間は能勢と久留米の時代で、私も84mmまでは川西で、それ以降はYGで自己ギネスでした。87~8mmが壁でそこが長かったです。今年もYGは今いちでしたが、次はYGでも90UPしたいですね。

産卵セット解除

東京のコロナは第二は波といっていいのでは?過去のピークは206名、たぶん今週はその辺までいきそうな気がします。来週出張を考えてましたが、おかげでまた中止です。ネットじゃできないこともあるんですけど、それでやるしかありません。

先週の個体はほぼ固まったと思いますが、まだ羽化から3週経っていないのでやっぱり発表は来週にさせていただきます。種親でお世話になったshimaさんにも報告しましたが、川西の90UPはまだ他からも聞いていないということで、もしかすると川西初かもしれません。情報があれば教えていただけると有難いです。川西ブリーダーは少ないので情報交換させていただければと思っています。

採卵の方は、上手く行き過ぎたようです。先週どうかと思っていたYGの早期羽化♀もあれからすぐに生み出して、セットを解除、連休には全て投入が終わると思います。どうも川西も含めて想定より採れ過ぎたようで、予定数オーバーの可能性大です。

今年は種無しと打ち止めがあって、結局この時期までかかってしまいましたが、それを除けばまずまず順調でした。いつもだと産む気のない♀がいくつか見られますが、それがほとんどなかった、今年は♀を起こすのを少し遅らせて、低温化やエサ切れがないようにかなり気を使いました。その辺が良かったように思います。まあ、基本といえば基本なんですが、なかなか徹底は難しいです。

ただ、川西は875からの幼虫が採れなかったのが痛いです。今年は種親の質が高いとは言えないので、サイズは難しいかもしれません。ですが、今年羽化のメインはshimaさん血統75%、次の掛け合わせをどうしようと思っていたので、ここでいくつか選択肢ができるのは良かったかもしれません。

YGは、今年の羽化も今いち、血統的に少し他の方より弱い感じがします。今回採れたワイドカウさんの早期羽化♀に期待してしていますが、これでダメだったら川西一本に絞りますかねえ。でも一度撤退すると再参入のハードルが凄く高くなります。少し能勢は減らして川西をとは思っていますが、それでも100ちょいがやっとなので、勝負と言える数ではないですね。